スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLB2012最終戦まで大混戦_地区優勝と三冠王と首位打者 

 2012年10月2日。MLB。

 MLBのアリーグ(アメリカン・リーグ)は、最終戦162試合目まで、チームタイトル、個人タイトルがもつれる展開となっている。

 チームでは、東地区の地区優勝争い、ニューヨーク・ヤンキースとボルチモア・オリオールズは、1ゲーム差。最終戦でヤンキースが勝つか、オリオールズが敗れれば、ヤンキースの地区優勝が決定。ヤンキースが敗れて、オリオールズが勝てば、同率で並ぶ。この場合は、どうなるのか。レギュラーシーズン対戦成績も9勝9敗なので、1試合のプレイオフで地区優勝を決めるのか。この辺は、わからない。

 西地区も、テキサス・レンジャーズとオークランド・アスレチックスが同率で並んでいる。最終戦で直接対決なので、勝った方が地区優勝となる。

 そして、個人タイトル。デトロイト・タイガースのミゲル・カブレラの三冠王に注目があつまる。打率.331、44本塁打、139打点。すべて首位でリードしているが、気になるのは本塁打。1本差にジョシュ・ハミルトン、2本差にエドウィン・エンカーナシオン。打率と打点は、差がある。

 三冠王達成ならば、1967年のカール・ヤストレムスキー以来となる。ボストンの英雄、パパ・カールの愛称。何度も挑戦して選手が達成できなかった記録が誕生する。1966年も、フランク・ロビンソンが達成している。その後は、タイトルの難しさもあるのか、球団が増えていることもあるのか、それ以降は達成者がいない。

 ナリーグ(ナショナル・リーグ)の首位打者は、どうなるのか。サンフランシスコ・ジャイアンツのメルキー・カブレラは、最終的には規定打席に届かないが、特別規定で、規定打席不足分をアウトと計算されて、打率1位になる可能性が高い。しかし、本人は、辞退するらしい。この点は、はっきりしていない。
 2位の同僚バスター・ポージーが、メルキー・カブレラの規定打席不足分をアウトと計算された打率を超えないと1位になれないが、現在.009差では、逆転は難しいのでは。(不足分をアウトに計算されるので、もっと差は少ない)。
 ただし、記録上は、メルキー・カブレラが打率1位で、辞退するとなると、打率2位のバスター・ポージーが首位打者という、珍しい現象となる。

スポンサーサイト

ハミルトン40号_チームでは歴代5人目 

 2012年9月8日。MLB。

 ジョシュ・ハミルトン(テキサス・レンジャーズ)が、40号本塁打を放ち、本塁打王争いのトップを維持している。打点も119打点と、数字的には、かなりの成績と言えそう。

 チームでは、過去に、シーズン40本塁打以上は、ホワン・ゴンザレス、ラファエル・パルメイロ、アレックス・ロドリゲス、マーク・テシェーラ。

 1990年から近年までは、本塁打の数の量産で、シーズン40本塁打は、そう、珍しくもない。それ以前では、個人的には、なにか、40本塁打というと、強打者・ホームランアーティストのステータスラインに思えたようなこともあった。

 昨日時点では、ハミルトンは39本塁打、アダム・ダン(シカゴ・ホワイトソックス)は38本塁打、エドウィン・エンカーナシオン(トロント・ブルージェイズ)も38本塁打。
 打点では、(昨日時点)、ハミルトンは116打点、ミゲル・カブレラも116打点。

 ハミルトンは、中盤に、かなりのスランプに陥ったが、かなりの数字を残しそうな気がする。
 

 ハミルトンが本塁打と打点でハイペース

Fフェルナンデスが23人目の完全試合_シーズン3回は新記録 

 2012年8月15日。MLB。

 フェリックス・フェルナンデス(シアトル・マリナーズ)が、史上23人目の完全試合を達成。今季3人目で、シーズン3度は、MLB史上初となった。

 近代野球以前の1884年、近代野球では2010年に、シーズン2度達成されていたが、その記録を塗り替えた。

 チームでは、史上初、今季は、継投でもノーヒットゲームも達成しており、今季チームでは、2度のノーヒッターとなる。

 投球内容は、113球(ストライクが77球)、12奪三振の快投。タイパベイ・レイズ打線を抑えた。ロンゴリア、ゾフリストなど、強打者がいるチーム相手に達成。

 速球は96マイルを超える豪腕投手。今季11勝目、通算で96勝となった。イチロー外野手の移籍したチームでは、もちろん、実力は、NO1といえる投手。リーグでも、屈指の投手。まだ。26才と若いので、200勝投手、それ以上の記録を期待したい。

 ノーヒッターは、今季、MLBでは6度目、2010年以来の快挙。近代野球のシーズン7度に並べるだろうか。

アメリカ女子バスケット_豪州に勝利決勝へ_ロンドン五輪 

 2012年8月9日。オリンピック。WNBA。

 アメリカ女子バスケットボールチームは、決勝トーナメントの準決勝で、最大のライバルと思われる、豪州(オーストリア)に勝利して、金メダルに近づいた。

 試合は、86対73で勝利。前半は、オーストラリアがリードしていたが、後半に逆転。

 アメリカ女子バスケットボールチームは、男子同様に、WNBAのオールスターメンバー。ダイアナ・トーラジ、シュー・バード、タミカ・キャッチングズなど、女子プロバスケットのスター選手たち。

 オーストラリアにも、WNBAで活躍するスター、ローレン・ジャクソンを擁しての戦いだったが。

 試合は、アメリカのステールの多さ、オーストラリアのターンオーバーが多さが、勝敗を決めた感じがする。

 アメリカ女子チームの国際大会成績。

 2010 世界選手権 金メダル
 2008 五輪 金メダル
 2006 世界選手権 銅メダル
 2004 五輪 金メダル

 今回は、金メダルを取るだろうか。

ロンドン五輪_アメリカ陸上_女子短距離選手 

ロンドン五輪_アメリカ陸上_女子短距離選手

 2012年7月31日。オリンピック。

 アメリカ陸上の女子短距離選手、個人種目、リレーなどで、活躍してくれそうですね。とても、期待してまう。

 …(Favorite Sports In USA)より

 アメリカ女子、陸上短距離のメンバーは、以下のようです。()は、主な成績。

 100M
 Allyson Felix
 Carmelita Jeter(2011世界陸上 金)(2009世界陸上 銅)
 Tianna Madison


 ジャマイカの選手では、女子100M、200Mのジャマイカ選手権を制した、シェリーアン・フレーザープライスが注目されるだろう。ベロニカ・キャンベル・ブラウンは、ジャマイカ選手権、100Mで2位、200Mは、シェローン・シンプソンに次いで3位となったが、ロンドン五輪では、期待される。

イチロー電撃移籍でヤンキースへ 

 2012年7月24日。MLB2012。

 シアトル・マリナーズのイチロー外野手が、ニューヨーク・ヤンキースへ、電撃移籍が決った。交換要員は、若手選手のD・J・ミッチェルと、マイナー選手1名。
 ヤンキースは、ブレット・ガードナーの故障、ニック・スウィッシャーの故障と、外野手獲得に乗り出していた。
 このトレードは、ヤンキースが得をした感じがすると、言われている。

 イチロー外野手なら、調子が悪いと言われている今季、2割6分台、今でも、普通なら、3割は打てそうな気がする。それに、ヤンキースのメンバーの中に入って、なにか、発奮するのではないかと期待する。

 イチロー外野手のデビューの頃は、マリナーズは、チームは、打撃もよく、イチローも負担が少なかった気がする。エドガー・マリチネス、ブレット・ブーン、ジョン・オルルド、マイク・キャメロンなど、3割、20本塁打以上の打者が多かった。
 最近は、チームの打撃、クリーンアップの主軸が、他球団と比べて、劣る感じがしたので、チームも思うように勝ち星が上がらない。主軸の選手が必要だったのではないかと思われる。

 ヤンキースでのデビューは、奇しくも、マリナーズ戦、8番で、4打数1安打。

 ヤンキースとしては、イチローを、いろんな場面で使えそう。いろんな期待にこたえてくれるのではないかと、思っている。あの、豪華メンバーでも、いずれは、1、2番あたりに定着するのではないかと。
 ワールドシリーズ出場や、ワールドシリーズ制覇の目標もあるだろうし、MLB3000安打の目標もあるだろう。

 今後の活躍に期待したいところ。


 関連記事
 イチロー_前人未到の10年連続200安打

NBAのドリームチームは、ロンドン五輪で見納めかも 

 2012年7月20日。NBA2012。

 ロンドン五輪に、アメリカ、バスケットボールは、NBAのスーパースター選手を集めて構成される。いわゆる、ドリームチームである。
 ほぼ、現在では、最高のメンバーと言えそうである。故障選手がいて、出場を辞退した選手もいるが。

 コービー・ブライアント、レブロン・ジェームスなど、NBAのオールスターチームである。コービーとレブロン、どっちが中心といわれると、難しい感じが。

 このような素晴らしいチームならば、必ず金メダルかというと、過去は、意外とそうでもない。苦戦することもある。今回は、前回で金メダルを獲っているメンバーが多いから、大丈夫そうに見えるが、どうだろうか。

 それと、気になるのが、五輪でのドリームチームは、今回で最後かもしれないということで、アメリカチームは、ドリームチームでの最後を、華々しく締めくくりたい、と思っているのでは、ないかと。そこからも、是非、金メダルを獲りたいという思いもあるだろう。

 このドリームチームは、初めて結成された当時は、五輪で、圧巻のプレイで他チームを圧倒。世界選手権でも圧倒した。その後、初めて負けたことから、少しずつ、他の国のチームに負けるようになった。しかし、アメリカも、コービー・ブライアント、レブロン・ジェームスを中心としたチーム構成のドリームチームでは、金メダルを獲得してきている。今回も、本命であることには、間違いはないと思う。

 さて、本題の最後かもしれないというのは、NBAがサッカーのように年齢制限を付けることになるかもしれないと、噂されている。そうなると、必ずしも、最強のドリームチームを作れないことになってしまう。

 この年齢制限は、どうなるがわからないが、今回の五輪が、ドリームチームの最後となるなら、威信にかけても、金メダルを獲得したいところ。


 
 関連記事
 米国バスケットボール_ロンドン五輪メンバー候補

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。