スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLB2012最終戦まで大混戦_地区優勝と三冠王と首位打者 

 2012年10月2日。MLB。

 MLBのアリーグ(アメリカン・リーグ)は、最終戦162試合目まで、チームタイトル、個人タイトルがもつれる展開となっている。

 チームでは、東地区の地区優勝争い、ニューヨーク・ヤンキースとボルチモア・オリオールズは、1ゲーム差。最終戦でヤンキースが勝つか、オリオールズが敗れれば、ヤンキースの地区優勝が決定。ヤンキースが敗れて、オリオールズが勝てば、同率で並ぶ。この場合は、どうなるのか。レギュラーシーズン対戦成績も9勝9敗なので、1試合のプレイオフで地区優勝を決めるのか。この辺は、わからない。

 西地区も、テキサス・レンジャーズとオークランド・アスレチックスが同率で並んでいる。最終戦で直接対決なので、勝った方が地区優勝となる。

 そして、個人タイトル。デトロイト・タイガースのミゲル・カブレラの三冠王に注目があつまる。打率.331、44本塁打、139打点。すべて首位でリードしているが、気になるのは本塁打。1本差にジョシュ・ハミルトン、2本差にエドウィン・エンカーナシオン。打率と打点は、差がある。

 三冠王達成ならば、1967年のカール・ヤストレムスキー以来となる。ボストンの英雄、パパ・カールの愛称。何度も挑戦して選手が達成できなかった記録が誕生する。1966年も、フランク・ロビンソンが達成している。その後は、タイトルの難しさもあるのか、球団が増えていることもあるのか、それ以降は達成者がいない。

 ナリーグ(ナショナル・リーグ)の首位打者は、どうなるのか。サンフランシスコ・ジャイアンツのメルキー・カブレラは、最終的には規定打席に届かないが、特別規定で、規定打席不足分をアウトと計算されて、打率1位になる可能性が高い。しかし、本人は、辞退するらしい。この点は、はっきりしていない。
 2位の同僚バスター・ポージーが、メルキー・カブレラの規定打席不足分をアウトと計算された打率を超えないと1位になれないが、現在.009差では、逆転は難しいのでは。(不足分をアウトに計算されるので、もっと差は少ない)。
 ただし、記録上は、メルキー・カブレラが打率1位で、辞退するとなると、打率2位のバスター・ポージーが首位打者という、珍しい現象となる。

スポンサーサイト

松井秀喜_キャリア2位の15試合連続安打 

 2011年8月7日。(MLB)
 
 オークランド・アスレチックスの松井秀喜選手が、11号本塁打を放ち、15試合連続安打を記録。試合は延長で、ジョシュ・ウイリンハムの17本塁打で、決勝点をあげ勝利。松井選手の11号2打点本塁打も貴重な本塁打となった。

 松井選手は、今季、97試合、打率.268、11本塁打、56打点。オールスター前に、打率.209から考えると、想像もできない高打率となっている。

 チーム内では、打率は2位。1位は、ココ・クリスプの打率.275。
 本塁打は2位。1位は、ジョシュ・ウイリンハムの17本塁打。
 打点は2位。1位は、ジョシュ・ウイリンハムの63打点。

 松井選手他、打撃のチーム上位の選手は、今年移籍してきたか、または、昨年移籍してきた選手である。しかし、チームの打撃の破壊力は、あまり上がっていない感じがする。投手有利の球場なので、仕方のない面もあるが。

 松井選手の15試合連続安打は、キャリアでは2位の記録。最多記録は、17試合連続安打。その記録を更新しそうな気がする。

 松井選手は、このままの調子で打てば、おそらく、チーム内では、三部門でトップになるだろう。しかし、地区優勝は難しい。投手力は良いから、あと2人くらい打率の稼げる選手がほしいところか。

 松井がアスレチックスと1年契約_チームの展望は

松井1試合5打点_後半戦絶好調 

 2011年7月27日。(MLB)
 
 オークランド・アスレチックスの松井秀喜選手が、この日1試合5打点の大活躍。先週は、週間MVPを獲得するなど絶好調である。

 松井選手の1試合5打点は、2009年のMVPを獲得したワールドシリーズ最終戦、6戦目の1試合6打点以来の記録。
 レギュラーシーズンでは、2009年の9月に1試合5打点を達成して以来となる。

 オールスター前までは、打率.209を、今日までに.244と、急上昇。長打率も、.327から.390へ、OPSも、.617から.708へとスタッツをあげた。

 オールスター以降では、11試合で、45打数20安打、3本塁打、16打点、打率.444の大活躍。
 オールスター以降の11試合で、試合ごとの成績を見てみると、安定した成績である。
 安打は、5安打が1試合、3安打が2試合。マルチヒットの試合が5試合。
 打点は、5打点が1試合、3打点が2試合、2打点が1試合。11試合中8試合で打点をあげている。

 このままの調子が、シーズン終了まで続くと嬉しいのであるが。チームの主軸らしい活躍と成績を残してほしい。

 松井がアスレチックスと1年契約_チームの展望は

松井日米通算500本塁打 

 2011年7月20日。(MLB)
 
 オークランド・アスレチックスの松井秀喜外野手が、今季7号本塁打を打って、日米で通算500本塁打の記録を達成。

 日本プロ野球界では、王貞治選手、野村克也選手、門田博光選手、山本浩二選手、清原和博選手、落合博満選手、張本勲選手、衣笠祥雄選手が達成している。過去8名。

 MLBの記録を含めた日米通算で500本塁打は、日本人選手では、松井選手が、史上9人目となる。
 
 MLBで通算500本塁打は、現時点で25人。通算600本塁打は7人。通算700本塁打は3人。

 松井選手は、日本プロ野球では、10年間、1268試合、332本塁打。過去10年で、シーズン20本累打以上9回、シーズン30本累打以上7回、シーズン40本累打以上3回、シーズン50本累打以上1回。
 MLBでは、9年目、1141試合、167本塁打。過去8年で、シーズン20本累打以上5回、シーズン30本累打以上1回。

 オークランド・アスレチックスの球場は、基本的に、投手力有利とされているので、記録的には、多少落ちる可能性は予想されたが。今季は、チームの4番としては、寂しい成績。打撃陣が、もう少し、頑張れは、チームも、もっと上に行けたのであるが。

 松井選手の日本プロ野球界でのデビュー頃は、いろいろ記録を作っている。20歳未満で、開幕戦2本塁打は、当時史上2人目。20歳未満でのサヨナラ本塁打は、当時史上4人目。2002年の三冠王にあと少しだったシーズンが最高か。
 MLBでは、本拠地デビュー戦の満塁本塁打、2009年のワールドシリーズMVPが印象に残る。
 

 松井がアスレチックスと1年契約_チームの展望は

2011年も投高打低のシーズンか 

 2011年5月2日。(MLB)

 今季も、5月に入った。昨季は、ノーヒットゲームが多く、投高打低のシーズンとなったが、今季も、その傾向にある。

 アリーグ、ナリーグともに、リーグの打率は.250前後となっている。このくらいの打率だと、投手力が、打撃力を上回っていると、言わざるをえないだろう。

 中には、打撃の好調のチームもある。セントルイス・カージナルスは、チーム打率が.295と、両リーグで1位。マット・ホリデーが4割を超え、ランス・バークマン、デビット・フリーズが、3割5分以上と好調。アルバート・プホルスが、まだ、本調子ではないだけに、今のチーム打撃の好調さは、今季は、終盤でも、プホルスが本来の調子に戻れば、万全の打撃陣となるだろう。

 本塁打数では、ニューヨーク・ヤンキースが45本で、試合消化数がすくないにも関わらず、1位を維持。得点、打点も多く、やっぱり、本塁打の威力はありそう。伝統的なチームカラーと言えそうである。チームとしては、まずまずの打撃、打率はもう少しあげたいところか。

 カンザスシティ・ロイヤルズは、昨季から、打率が高く、今季も、打率.274で、アリーグ1位、両リーグで2位。健闘しているのが、クリーブランド・インディアンズ、チーム勝率も高く地区首位、打率.272で、アリーグ2位、両リーグで4位。

 夏場にかけて、打撃ゲームが多くなると思われるが、今季は、どうだろうか。個人打撃3部門の成績も気になるところ。昨季よりは、高い数字で、タイトル争いをして欲しい感じも。

 投手部門の記録では、チーム防御率は、オークランド・アスレチックスが、防御率2.76で、両リーグの1位。サンディエゴ・パドレス、ロサンゼルス・エンゼルスが、防御率3.00未満と好調。フィラデルフィア・フィリーズも、防御率3.07と好調、前代未聞の先発陣は、健在といえそうだ。比較的防御率のいいチームは、チームの順位もいい。

 これから、長いシーズン、主力の怪我がなければ、チームの力を維持できるだろう。怪我などによる、アクシデントがないことを願うフロント陣では、ないだろうか。

 MLB2011開幕_快記録やサヨナラゲームなど

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。