FC2ブログ

松坂が快投_イチローが3安打_ロドリゲスが好調など 

 2011年、4月24日。(MLB)

 MLB2011の開幕して20試合くらいが過ぎた。好調の選手やチームは、良いスタートをきれて、このまま、シーズン終了まで維持したいところ。だんだんと話題も多くなるころ。

 ボストン・レッドソックスの松坂投手がエンゼルス戦に先発し、8回を1安打無失点と好投、連勝で2勝目。9奪三振を好調を維持。2試合連続でいい投球をした。チームの地区最下位から3位に浮上。現時点では、エースではないが、チームの浮上の鍵を握るの投手であることには違いない。

 シアトル・マリナーズのイチロー外野手は、今日、3安打の固め打ちで、打率を.304(リーグ18位)として、3割に復帰。MLBでは、3安打を猛打賞などと呼ぶようなことはない。今シーズンも、2安打以上の試合が9試合となった。

 オークランド・アスレチックスの松井外野手は、今日は不調であったが、しかし、この日まで、打点はチーム最多の11打点。まずまずの出来といえるのかも。チームは若い好投手が多く、打線の悪さをカバーして、5割付近をキープしている。打線次第といえそうだ。

 ニューヨーク・ヤンキースの主砲アレックス・ロドリゲスは5号満塁弾を含む6打点の活躍。今季は、好調のようだ。これで通算、618本塁打(歴代6位)、1847打点(歴代12位)となり、どちらも、MLBの通算記録の更新が楽しみである。他にも、2689安打(歴代63位)、1771得点(歴代19位)と、こちらも、どこまで伸ばすか期待も。

 セントルイス・カージナルス対シンシナテイ・レッズは、昨季、MVPを争った2人が対決。カージナルスのアルバート・プホルスもシンシナテイ・レッズのジョーイ・ボットもともに本塁打を放った。今季も、2人は、タイトル争いに加わりそう。プホルスは、ちょっと、打率が低い感じが、ボットは、本塁打が少ない感じが。でも、これから、徐々に数字を伸ばしていくだろう。そして、ナリーグ中地区の優勝争いの中心となりそうだ。
 
 レッズのアロルディス・チャップマンが、MLBの投手の最速記録、自己の持っている記録をさらに更新した。4月18日、105マイル、171キロを計測。史上初の170キロの大台が出たことになる。打者は、「来るまで、見えなかった。」とコメントしている。

 ロサンゼルス・エンゼルスのジェレド・ウィーバーが、開幕から5連勝と絶好調。トロント・ブルージェイズのホセ・バティスタが、打率、本塁打で現在リーグ首位。四死球が多い打者で、昨季の大ブレークで、本塁打王になったが、今季も好調。ただし、打率は、どこまで維持できるだろうか。

 Mラミレスが引退_インディアンズとレッドソックスの至宝



アスレチックス_1989年にワールドシリーズ制覇 

 2011年、2月25日。(MLB)

 松井秀喜外野手の加入で、気になる球団、オークランド・アスレチックス。プレスでは、あまりいい評価はされていないが、ガンバッテ欲しい。

 近年では、1989年にワールドシリーズを制覇している。このころは、近年ではまれにみる黄金期と言えそう。

 打撃陣は、素晴らしいメンバー。
 リードオフマンが、あの、世界の盗塁王、リッキー・ヘンダーソン。シーズン130盗塁、通算盗塁数記録など、MLB記録保持者。当時は、4年ぶりに、ニューヨーク・ヤンキースから古巣に復帰。
 中軸は、40本塁打40盗塁を最初に達成したホセ・カンセコ、シーズン70本塁打を記録したマーク・マグワイアー、元ピッツバーク・パイレーツで大活躍した大砲のデーブ・パーカー。
 2番には、この年、リーグ2位の打率を残した、カニー・ランスフォード。他、スーパースター候補生と言われたデーブ・ヘンダーソンなど。

 投手陣も、豪華メンバー。
 先発は、4年連続20勝を達成したデーブ・スチュワート(1989年で3年連続20勝を達成)、17勝のボブ・ウェルチ(シーズン27勝の記録を持っている)、19勝のストーム・デービス、19勝のマイク・ムーア。
 リリーフは、デニス・エカーズリー、リック・ハニーカット、トッド・バーンズ。大リーグ・最高のブルペンと言われたころ。

 バッシュ軍団と言われた時代。強さは特別だった。

 松井がアスレチックスと1年契約_チームの展望は

松井の加入のアスレチックス開幕など_主なスケジュール 

 2011年1月28日。(MLB)

 松井秀喜選手の加入したオークランド・アスレチックスは、アメリカ時間で、4月1日に、イチロー選手のシアトル・マリナーズと開幕戦を行う。早くも、日本人選手の対決が見られる。

 チームは、松井選手について、「若手選手があらゆる面で、彼から学ぶだろう。…松井の加入でいいチームになった。」とコメントしている。

 ケービン・グーズマノフは、「松井のような強打者と打線を組める。いい打線になる。」とコメントしている。グーズマノフは一昨年移籍して、期待されたパワーヒッター。

 公式戦は、3月31日から始まり、ロサンゼルス・ドジャーズ対サンフランシスコ・ジャイアンツなど、ナリーグが4試合、ニューヨーク・ヤンキース対デトロイト・タイガースなど、アリーグが2試合。

 オールスターは、7月12日に行われ、レギュラーシーズンは、9月28日まで。


 昨季セーブ王ソリアーノをヤンキースが獲得

松井のアスレチックスに強打者ウイリンハムが入団 

 2010年12月17日。(MLB)

 松井秀喜選手が入団したオークランド・アスレチックスに、元ワシントン・ナショナルズのジョシュ・ウイリンハムが入団。ウイリンハムは、強打者といえそう。見返りに、若手選手を放出。

 怪我が心配であるが、昨季は、オールスターまで大活躍。終盤は欠場ながら、16本塁打。通算、7シーズンで、103本塁打のパワーヒッター。パワーあり、選球眼もよく、四死球が多い。出塁率も高い方か。アベレージは、高いとはいえないが。

 チームとっては、貴重なパワーヒッターとなりそう。クリーンアップを打つことになるのでは。四死球も多いのも、チームにマッチしていそうである。

 松井外野手入団で、アスレチックスは、注目の球団になった。そこに、ウイリンハムというパワーヒッターが加わり、期待の持てそうな感じが。ただし、レギュラーシーズン通して活躍できるかは、未知数といえそう。

 しかし、打撃陣に希望が見えた今、ファンは、来季の戦いが楽しみな感じがする。



 ヘンダーソンとライス_野球殿堂入り

松井がアスレチックスと1年契約_チームの展望は 

 2010年12月15日。(MLB)

 松井秀喜選手が、オークランド・アスレチックスに入団。「先頭を切ってみんなを引っ張っていけるようなプレイをしたい。」とコメントしている。

 チームは、若い好投手を揃えているだけに、得点力不足、長打力不足の解消に、松井選手の期待は大きい。おそらく、4番か5番で指名打者が有力のポジションとなりそうだ。

 ワールドシリーズ制覇の回数は、MLB史上3番目の9回。過去にスター選手は数え切れない。近年は、データに基づいた、それに合った選手を集めていたが、最近は、実績のあるべテランで少し峠の過ぎた選手を補強してきたが、上手くいっていない。

 松井選手には、今まで通りの実績を残してもらって、チームに貢献してほしいところ。チームも、観客動員が増えて、資金を集めて、さらに、スター選手を集めて、ポストシーズンに進出したいところだろう。

 アスレチックスは、投手では、どんどん若手が出てきて、活躍している。あとは、打撃陣次第だろう。若くて活躍してきた選手を、どんどん放出してきたチーム、このチームから他のチームに移籍して、なおかつ、大活躍する選手が多い。2、3年は、選手の放出するのを止めれば、どんな強いチームなるかわからない、そんな魅力があるチーム。

 松井選手は、チームのカラーに合うかもしれない。打撃では、徹底した出塁を尊重するチームの方針。来季のポストシーズンに、チームが残っていることを期待。



 ヘンダーソンとライス_野球殿堂入り