スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーネット_史上2人目の2度目の1イニング4奪三振 

 2011年6月24日。(MLB)
 
 ニューヨーク・ヤンキースのA・J・バーネットが1イニング4奪三振の快挙を達成した。

 1イニング4奪三振は、記録は三振となったか、振り逃げなどで、ランナーを許した場合に起こる。

 ヤンキース球団史上では、初の快挙となった。108年という長い球団歴史上でも、珍しい記録となった。

 バーネットは、2002年、フロリダ・マーリンズ時代にも達成しており、2度以上の達成は、史上2人目の快挙。最多は、チャック・フィンリーで、アナハイム・エンゼルス、クリーブランド・インディアンズで計3度達成している。

 チーム別の達成回数では、インディアンズが5度で最多、エンゼルス(ロサンゼルス・アナハイム)、シンシナティ・レッズ、シカゴ・カブス、ロサンゼルス・ドジャーズが4度。

 日本人投手では、シアトル・マリナーズ時代に、佐々木主浩投手が1回達成。


 ペティット_チーム3人目の200勝投手

スポンサーサイト

インディアンズ_1イニング10得点_20安打19得点 

 2011年5月16日。(MLB)

 クリーブランド・インディアンズが、カンザスシテイ・ロイヤルズに19対1と快勝。1イニングに10得点を含め、終わってみれば20安打19得点と、打線は猛打を振るった。

 この試合、マイケル・ブラントリーが2安打4打点、マット・ラポータが4安打4打点、トラビス・ハフナーが3打点、オルランド・カブレラが3安打3打点。他、トラビス・バックが3安打3得点、アスドルバル・カブレラが2安打3得点。チーでは、8四死球、3盗塁も記録。

 今季、チームは、1イング10得点は2度目の快挙、対シアトル・マリナーズ戦でも達成している。

 チームでは、1試合19得点は、2009年の対ニューヨーク・ヤンキース戦で22得点して以来の大量得点となった。

 今季の打線は、トラビス・ハフナーが中心であると思われるが、他の選手も打点をあげており、どこからでも打てる打線という感じが特徴か。

 投手陣は、ジョシュ・トムリンとジャスティン・マスターソンが5勝、それに、中継ぎ投手がよく抑えている感じがする。

 2007年の地区優勝以来、C・C・サバシア、ビクトル・マルティネス、クリフ・リーなど、主力を失ったが、今季は、新戦力が開花という感じか。地区では、本命のチームが不調で、このまま、インデアンズが快進撃を続けるのかもしれない。

 インディアンズがホームで14連勝_MLB記録は26連勝_速報

インディアンズがホームで14連勝_MLB記録は26連勝_速報 

 2011年5月10日。(MLB)

 クリーブランド・インディアンズが、ホームで14連勝の快記録を達成した。今季、ホームでは、2連敗後14連勝と、素晴らしい快進撃。

 シーズン前は、再建前のチーム状態とか、若手の急成長を期待しないと、上位に行けないと言われたが。シーズンをスタートしてみると、アリーグ中地区を独走状態。

 チームでは、ホーム14連勝は、1995年の黄金時代に作った記録と並んだ。

 MLB記録は、1916年のニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ)のホーム26連勝。これは、ホーム・ロードをあわせても、この26連勝が最多記録。このときは、全てホームゲームで26連勝を達成。同じ年に、ロード17連勝というMLB記録も達成している。リーグ優勝しても、おかしくないが、しかし、この年のチームは、86勝66敗で、ナリーグの4位と優勝できなかった。不思議なシーズンのチーム。

 インディアンズのホーム14連勝は、アリーグでは、2位タイの記録と思われるが。

 カール・ハッベル_ニューヨーク・ジャイアンツのエース

Mラミレスが引退_インディアンズとレッドソックスの至宝 

 2011年、4月9日。(MLB)

 タンパベイ・レイズのマニー・ラミレスが、突然の引退。1990年代のホームランバッターが、続々と引退していく感じが寂しい。

 ラミレスは、クリーブランド・インディアンズとボストン・レッドソックスでは、大活躍。パワーと安定感は、魅力的だった。通算成績、打率.312、555本塁打(歴代14位)、1831打点(歴代18位)をマーク。首位打者1回、本塁打王1回、打点王1回。
 タイトルの数が少ないのは不思議なくらい。同じ頃に、素晴らしい打者が多かったからか。ケン・グリフィー、ホワン・ゴンザレス、フランク・トーマス、アレックス・ロドリゲス(現役)など。

 長い髪が特徴、勝負強さは素晴らしい選手。晩年は、守備に不安があったが。1995年からインディアンズの黄金時代に。そのころの打撃は素晴らしい。特に、シーズン165打点は、チーム記録として残っている。1938年のジミー・フォックスの175打点以降では、ラミレスの165打点はシーズン最多打点。

 インディアンズの1997年ころは、ラミレス、アルバート・ベル、ジム・トーミ(現役)のクリーンナップは、今考えると、脅威の打線。

 レッドソックスに移籍しても、ワールドシリーズ制覇に貢献した。

 でも、ラミレスなら、ひょっとして、戻ってくるかも。そんな感じもしなくもないが。

 MLB2011開幕_快記録やサヨナラゲームなど
 
 ☆☆☆☆☆☆☆☆

 復興支援ポスターを、多くのデザイナーの方々が作ってくださっています。(詳細は、ブログ、”ブラウンも、ルージュも大好き” で紹介されています。)



 復興支援バナー(詳細は、ブログ” …滔々と?…蕩々と!”で紹介されています。)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。