スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLB2012最終戦まで大混戦_地区優勝と三冠王と首位打者 

 2012年10月2日。MLB。

 MLBのアリーグ(アメリカン・リーグ)は、最終戦162試合目まで、チームタイトル、個人タイトルがもつれる展開となっている。

 チームでは、東地区の地区優勝争い、ニューヨーク・ヤンキースとボルチモア・オリオールズは、1ゲーム差。最終戦でヤンキースが勝つか、オリオールズが敗れれば、ヤンキースの地区優勝が決定。ヤンキースが敗れて、オリオールズが勝てば、同率で並ぶ。この場合は、どうなるのか。レギュラーシーズン対戦成績も9勝9敗なので、1試合のプレイオフで地区優勝を決めるのか。この辺は、わからない。

 西地区も、テキサス・レンジャーズとオークランド・アスレチックスが同率で並んでいる。最終戦で直接対決なので、勝った方が地区優勝となる。

 そして、個人タイトル。デトロイト・タイガースのミゲル・カブレラの三冠王に注目があつまる。打率.331、44本塁打、139打点。すべて首位でリードしているが、気になるのは本塁打。1本差にジョシュ・ハミルトン、2本差にエドウィン・エンカーナシオン。打率と打点は、差がある。

 三冠王達成ならば、1967年のカール・ヤストレムスキー以来となる。ボストンの英雄、パパ・カールの愛称。何度も挑戦して選手が達成できなかった記録が誕生する。1966年も、フランク・ロビンソンが達成している。その後は、タイトルの難しさもあるのか、球団が増えていることもあるのか、それ以降は達成者がいない。

 ナリーグ(ナショナル・リーグ)の首位打者は、どうなるのか。サンフランシスコ・ジャイアンツのメルキー・カブレラは、最終的には規定打席に届かないが、特別規定で、規定打席不足分をアウトと計算されて、打率1位になる可能性が高い。しかし、本人は、辞退するらしい。この点は、はっきりしていない。
 2位の同僚バスター・ポージーが、メルキー・カブレラの規定打席不足分をアウトと計算された打率を超えないと1位になれないが、現在.009差では、逆転は難しいのでは。(不足分をアウトに計算されるので、もっと差は少ない)。
 ただし、記録上は、メルキー・カブレラが打率1位で、辞退するとなると、打率2位のバスター・ポージーが首位打者という、珍しい現象となる。

スポンサーサイト

ソフトバンクホークス_主力が移籍先で次々契約 

 2011年12月17日。(スポーツ全般)

 プロ野球ソフトバンクは、主力の多くが、他球団と契約が進んでいる。今年、日本一になったが、来季は、黄色信号という感じが。

 FAとなっていた、和田毅投手が、ボルチモア・オリオールズと契約。ローテーション投手としての期待がかけられている。2年契約。

 FAとなっていた、川崎宗則内野手は、シアトル・マリナーズとマイナー契約。正式には、クリスマス明けとなりそう。チームは、再建中なので、出番のチャンスがあるかもしれない。

 自由契約になった、D・J・ホールトン投手は、読売巨人と契約。今季、リーグの最多勝。貴重な戦力になりそうな感じが。

 FAとなっていた、杉内俊哉投手は、読売巨人が獲得か。背番号18を用意しているらしい。

 ソフトバンクホークスは、かなり、戦力ダウンとなりそうな気がする。主力も、野手はベテランが多いが。しかし、若手の成長もある。若手に期待。しかし、気になるオフになりそう。

 昨年の記事
 マートンが213安打の新記録_イチローの210安打の当時は

CジョーンズとAイーシアが快記録を達成 

 2011年4月27日。(MLB)

 アトランタ・ブレーブスのチッパー・ジョーンズが、この日3打点で、通算打点を1512打点として、スイッチヒッターとしての通算打点で単独2位となった。野茂選手とデビューが同じころといえば、知っている人も多いかも。

 昨日まで、2位の1509打点で並んでいたミッキー・マントルは、ニューヨーク・ヤンキースの第3期黄金時代の打者。1956年に三冠王に輝くなど、すばらしい人気のあった選手。1961年は、54本塁打で、同僚のロジャー・マリスが61本塁打で、チームの2人で115本塁打は、当時のMLB記録。

 1位は、元ボルチモア・オリオールズなどに在籍したエディー・マレーで通算1917打点。コンスタントに本塁打と打点を更新した選手。日本にも来日して、本塁打には圧巻させられたらしい。カル・リプケン・JRと3、4番を組んだ。

 ロサンゼルス・ドジャーズのアンドレ・イーシアが、24試合連続安打で、4月としてMLB記録をさらに更新している。従来は、ジョー・トーレの22試合が最多であった。チームでは、4月に限らなければ、2003年のポール・ロデューカの25試合連続安打以来の快挙となる。

 連続安打最多試合は、ジョー・ディマジオの56試合連続安打で、これは、不滅の金字塔を言われている。ナリーグは、ウィリー・キーラーとピート・ローズの44試合連続安打。イーシアは、昨季も、春は調子が良かっただけに、どこまで記録を更新するか、楽しみである。


 MLB2011開幕_快記録やサヨナラゲームなど



ブルックス・ロビンソン_ニックネームは人間掃除機 

 2011年、2月。(MLB)

 ロビンソン・コンビといえば、MLBでは、ボルチモア・オリオールズを思い出すだろうか。1966年から、1970年代は、断トツの強さを誇ったころ。特に、1969年から1971年までのリーグ3連覇。人間掃除機と異名をとったブルックス・ロビンソンと、三冠王を獲得した打撃の中心だったフランク・ロビンソン。

 ブルックス・ロビンソンの守備は絶品とされている。神業的な守備、三塁手では、最高の守備を誇っていた。特に、1970年のワールドシリーズでは、ビックレッドマシンの異名をとったシンシナチ・レッズを4勝1敗で下した。このシリーズの主役は、ブルックス・ロビンソン、打撃も好調で、シリーズでは最多安打を記録、当時の5試合で17塁打は、MLB記録だった。なによりも、第1戦で、リー・メイの3塁への猛打をファウルゾーン近くでキャッチして大遠投でアウトにし、バニー・カーボの猛ゴロも吸い上げるようにキャッチしてアウトにする。第2戦も、ボビー・トーラン、リー・メイの猛烈な打球も、逆シングルで華麗にサバいているなど。このシリーズで、レッズのアンダーソン監督は、「われわれは、ロビンソン一人に負けた。」といわせしめている。あの、名捕手のジョニー・ベンチも、ロビンソンを祝福したという話もある。

 ブルックス・ロビンソンは、ゴールドグラブ賞は16年連続で受賞。MVP1回、打点王1回。打撃も勝負強い。100打点以上が2シーズン。そして、1971年に日本にも来日。華麗な守備も披露。このときは、20勝投手4人、ジム・パーマー、マイク・クェイヤー、デーブ・マクナリー、パッド・ドブソン、野手陣も、両ロビンソンの他にも、ブーグ・パウエルなど、投打の揃ったチーム。


 上原がオリオールズ_クロフォードはレッドソックス合意

上原がオリオールズ_クロフォードはレッドソックス合意 

 2010年12月9日。(MLB)

 ボルチモア・オリオールズからFAとなった上原浩治投手が、オリオールズに残留合意した。

 契約期間は1年で、内容の詳細は詰めている段階とのこと。クローザーの場合とセットアッパーの場合などの出来高払いの細かい詳細まで考慮中とのこと。

 上原投手の後半の活躍からすると、来季も活躍が期待できる。あのコントロールは、絶妙。

 タイパベイ・レイズからFAとなったカール・クロフォードは、ボストン・レッドソックスと基本合意。今回の大物FA選手。7年で119億円。

 クロフォードは、走好守ともに安定している。通算で400盗塁を超えており、打率も、.296と、なかなかのアベレージ。

 2010_MVPはナリーグがボットとアリーグがハミルトン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。