スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLB2012最終戦まで大混戦_地区優勝と三冠王と首位打者 

 2012年10月2日。MLB。

 MLBのアリーグ(アメリカン・リーグ)は、最終戦162試合目まで、チームタイトル、個人タイトルがもつれる展開となっている。

 チームでは、東地区の地区優勝争い、ニューヨーク・ヤンキースとボルチモア・オリオールズは、1ゲーム差。最終戦でヤンキースが勝つか、オリオールズが敗れれば、ヤンキースの地区優勝が決定。ヤンキースが敗れて、オリオールズが勝てば、同率で並ぶ。この場合は、どうなるのか。レギュラーシーズン対戦成績も9勝9敗なので、1試合のプレイオフで地区優勝を決めるのか。この辺は、わからない。

 西地区も、テキサス・レンジャーズとオークランド・アスレチックスが同率で並んでいる。最終戦で直接対決なので、勝った方が地区優勝となる。

 そして、個人タイトル。デトロイト・タイガースのミゲル・カブレラの三冠王に注目があつまる。打率.331、44本塁打、139打点。すべて首位でリードしているが、気になるのは本塁打。1本差にジョシュ・ハミルトン、2本差にエドウィン・エンカーナシオン。打率と打点は、差がある。

 三冠王達成ならば、1967年のカール・ヤストレムスキー以来となる。ボストンの英雄、パパ・カールの愛称。何度も挑戦して選手が達成できなかった記録が誕生する。1966年も、フランク・ロビンソンが達成している。その後は、タイトルの難しさもあるのか、球団が増えていることもあるのか、それ以降は達成者がいない。

 ナリーグ(ナショナル・リーグ)の首位打者は、どうなるのか。サンフランシスコ・ジャイアンツのメルキー・カブレラは、最終的には規定打席に届かないが、特別規定で、規定打席不足分をアウトと計算されて、打率1位になる可能性が高い。しかし、本人は、辞退するらしい。この点は、はっきりしていない。
 2位の同僚バスター・ポージーが、メルキー・カブレラの規定打席不足分をアウトと計算された打率を超えないと1位になれないが、現在.009差では、逆転は難しいのでは。(不足分をアウトに計算されるので、もっと差は少ない)。
 ただし、記録上は、メルキー・カブレラが打率1位で、辞退するとなると、打率2位のバスター・ポージーが首位打者という、珍しい現象となる。

スポンサーサイト

M・ケインが歴代22人目のパーフェクトゲーム_好記録 

 2012年6月13日。MLB2012。

 サンフランシスコ・ジャイアンツのマット・ケイン(ケーン)投手が、今季、2人目、MLB史上22人目の完全試合を達成した。14奪三振という、素晴らしい奪三振。

 今季は、シカゴ・ホワイトソックスのフィリップ・ハンバーがパーフェクトゲームを達成。

 チームとしては、初の快挙。(過去に、ノーヒットゲームは何度かある。ケインの記録で、ノーヒッターは14回目、サンフランシスコに移転してからは6回目。)。チームで、過去にノーヒッター達成した投手は、クリステー・マーシュソン、ファン・マリシャル、ゲイロード・ペリーと、素晴らしい投手が、思い浮かぶ。

 味方に10得点を獲ってもらったが、過去のパーフェクトゲームでは、歴代の最多得点となる。(過去は、6得点が最多。)

 1試合14奪三振は、過去のパーフェクトゲームでも歴代最多タイ。ドジャーズのサンデー・コーファックスの記録と並んだ。

 ジャイアンツのポストシーズン進出の弾みになるかもしれない、素晴らしい快挙。
 
 関連記事
 ハンバーが史上21人目のパーフェクトゲーム

地区優勝を100勝以上の2チームで争った最後の年_100勝の記録 

 2011年6月。(MLB)
 
 アトランタ・ブレーブスとサンフランシスコ・ジャイアンツがナリーグ西地区の優勝争い、最後まで、ハイアベレージデッドヒートを展開して、ブレーブスが104勝、ジャイアンツが103勝で、ブレーブスが制覇。これが、最後の年になっている。これは、1993年である。ブレーブスとジャイアンツの戦力が頭抜けた時代だった。ブレーブスは、トム・グラビン、グレッグ・マダックスの20勝投手コンビなどの活躍、ジャイアンツは、バリー・ボンズの猛打などで、し烈な戦いを行った。素晴らしい、レギュラーシーズンであった。

 翌年から、リーグ3地区制の導入で、こんなハイアベレージの優勝争いは、もうないだろうと言われた。ここまでは、その通りになっている。

 やはり、シーズン100勝は、かなりの戦力が揃わないとできないのだろうか。

 (シーズン100勝のチーム記録)

 シーズン100勝を、3年連続で達成しているチームは、フィラデルフィア・アスレチックス(オークランド)、セントルイス・カージナルス、ボルチモア・オリオールズ、ニューヨーク・ヤンキースの4チーム。ただし、1回のみである。

 シーズン100勝を、2年連続で達成しているチームと回数。(3年連続で達成している時期は、含まない。)
 ニューヨーク・ヤンキースが4回、オークランド・アスレチックス(フィラデルフィア)が2回、、シカゴ・カブスが2回、サンフランシスコ・ジャイアンツ(ニューヨーク)が2回。他、1回のチームは、ボルチモア・オリオールズ、セントルイス・カージナルス、フィラデルフィア・フィリーズ、アトランタ・ブレーブス(ミルウォーキー)、シンシナテイ・レッズ、ロサンゼルス・ドジャース(ブルックリン)。

インディアンズがホームで14連勝_MLB記録は26連勝_速報 

 2011年5月10日。(MLB)

 クリーブランド・インディアンズが、ホームで14連勝の快記録を達成した。今季、ホームでは、2連敗後14連勝と、素晴らしい快進撃。

 シーズン前は、再建前のチーム状態とか、若手の急成長を期待しないと、上位に行けないと言われたが。シーズンをスタートしてみると、アリーグ中地区を独走状態。

 チームでは、ホーム14連勝は、1995年の黄金時代に作った記録と並んだ。

 MLB記録は、1916年のニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ)のホーム26連勝。これは、ホーム・ロードをあわせても、この26連勝が最多記録。このときは、全てホームゲームで26連勝を達成。同じ年に、ロード17連勝というMLB記録も達成している。リーグ優勝しても、おかしくないが、しかし、この年のチームは、86勝66敗で、ナリーグの4位と優勝できなかった。不思議なシーズンのチーム。

 インディアンズのホーム14連勝は、アリーグでは、2位タイの記録と思われるが。

 カール・ハッベル_ニューヨーク・ジャイアンツのエース

ジャイアンツがワールドシリーズ制覇_栄光から転落そして栄光 

 2010年11月1日。(MLB)

 2010年、MLBのワールドシリーズは、ナリーグの覇者サンフランシスコ・ジャイアンツが4勝1敗で、アリーグの覇者テキサス・レンジャーズを破り、6度目のワールドシリーズ制覇。

 ジャイアンツは、ワールドシリーズでも、投手陣が大活躍。打では、MVPのエドガー・レンテリアなど、ベテランの活躍が輝いていた。

 本拠地をサンフランシスコに移転して、初のワールドシリーズ制覇。

 1905年、ジョー・マッギニティ、ロジャー・ブレスナハンなどの活躍で、ワールドシリーズ初制覇。
 1921年、1922年、 フランキー・フリッシュなどの活躍でワールドシリーズ連覇。
 1933年、カール・ハッベル、メル・オットなどの活躍で、ワールドシリーズ制覇。
 1954年、ウィリー・メイズなどの活躍で、ワールドシリーズ制覇。

 その後、ワールドシリーズの制覇はなかった。

 ジョン・マグローの元で、多くの栄光を手中にしながら、移転後は、少し、衰退ぎみに。特に、同じ移転チームのロサンゼルス・ドジャーズと比較される。東の都市から西の都市へ移転した経緯は同じながら、ドジャーズは、成功を収めていたのである。

 ジャイアンツも、これで、ひとつの栄光にたどり着いたといえる。


 
 ポストシーズン_ハラデーとリンスカムが快投

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。