FC2ブログ

2009アリーグMVP_J・マウアー 

 2009年、11月。

 MLB2009、アリーグのMVPが発表された。

 ミネソタ・ツインズのジョー・マウアーが初受賞。投票結果は、1位票が27、2位票が1で、ほぼ満票に近い。
 2位は、ニューヨーク・ヤンキースのマーク・テシェーラ、3位は、ヤンキースのデレク・ジーター。4位は、デトロイト・タイガースのミゲール・カブレラ。カブレラが1位票を1獲得。

 マウアーは、捕手というポジションにもかかわらず、138試合、打率.365、28本塁打、96打点。首位打者、最高出塁率、最高長打率、OPSもリーグ首位。記録から見ても素晴らしい活躍。

 ツインズのMVP受賞者は、ゾイロ・バーサレス、ハーモン・キルブリュー、ロッド・カルー、ジャスティン・モアノーに次いで5人目。

 捕手のMVPは、アリーグでは6人目、MLBでは10人目となる。

 ほぼ、パーフェクトなプレイヤーと思われる。打率では、歴代でも、トップクラス。本塁打、打点に関しては、さらに上の選手もいるが、…。

 来季の活躍も期待。来季MVPを獲得して、2年連続となれば、捕手としてMLBタイ記録となる。捕手のMVP獲得は、3度が最高、ヨギ・ベラ、ロイ・キャンパネラ。

 昨季MVP記事

 2008MVP_プホルスとペドロイア

イチロー、ハンターが9年連続9度目のゴールドグラブ賞の快挙_マウアーも受賞 

 2009年、11月。

 MLB2009、アリーグのゴールドグラブ賞が発表された。

 外野部門では、シアトル・マリナーズのイチロー外野手、ロサンゼルス・エンゼルスのトリー・ハンターが、9年連続9度目の受賞の快挙。

 外野手部門での9度の受賞は、歴代6位の凄い記録。

 外野手では、12回が最高で、ロベルト・クレメンテ、ウイリー・メイズが受賞。両選手とも、素晴らしい攻走守を兼ね備えたプレイヤーですね。

 外野手で10回受賞が3人で、ケン・グリフィーJR、アンドリュー・ジョーンズ、アル・ケーライン。グリフィーJR、ジョーンズは現役選手ですね。

 アル・ケーラインは、守備の名手で、3000本安打を達成した選手。しかし、達成当時は、DH制初期で、3000本目のヒットをDHで打った。そこで、ちょっとした波紋が起こった。そう、DHなので、守備に着かないで打った安打ということで、差し引くべきとの議論もあったような、…。現在は、そのようなことはない。

 ヤンキースからは、デレク・ジーター、素晴らしい守備で好捕を連発したマーク・テシェーラ。ジー^ター、テシェーラは、MVP得票でも、上位ランクされそう、かなり票を集めそう。

 ミネソタ・ツインズの今季MVP候補の本命、ジョー・マウアーも選ばれた。

 ジョー・マウアーの記事

 ジョー・マウアー_驚異の打率

ジョー・マウアー_驚異の打率 

 2009年、8月22日。

 ミネソタ・ツインズの捕手、ジョー・マウアーは、打率.378の驚異の打率を維持している。捕手というポジションを考えると、さらに、素晴らしい打率と考えられる。

 マウアーは、過去に2度の首位打者を獲得し、アーニー・ロンバルディーと並んでMLBの捕手としての最多記録。今季、首位打者を獲得すれば、3度目となり、MLBの捕手としての新記録となる。

 捕手としてのシーズン最高打率は、ビル・ディッキーと、マイク・ピアッツアの打率.362。この記録の更新も期待したいところ。

 チームのシーズン打率は、ロッド・カルーの打率.388の更新も期待したいところ。

 夢の4割の可能かもしれない。1941年のテッド・ウイリアムズ以来、このマジックラインを超えていない。1980年の、ジョージー・ブレットが、打率.390で、4割フィーバーがあったが、これにも期待したいところ。ブレットは、8月になっても4割をキープしていた。そんなスリリングな終盤戦も見たいところ。


 高打率関連記事

 ==> Cジョーンズ14年ぶりの高打率

MLBは打撃爆発チームが多くて猛打の日 

 アメリカ時間5月14日、今日は、打撃の爆発したチームが多かったですね。打撃優位の季節になって来ましたね。10得点以上あげたチームが6チーム。
 ミネソタ・ツインズが22安打16得点。守備の名手、主砲のトリー・ハンターが2本塁打7打点の活躍。昨季ブレークした4番打者マイケル・カダイアーも3安打4打点。ジョー・モウアーの穴を埋めるに充分な活躍。
 サンフランシスコ・ジャイアンツも22安打15得点。新人のフレッド・ルイスのサイクルヒット、鮮やか。バリー・ボンズの欠場をカバーしてますね。
 ピッツバーグ・パイレーツが18安打13得点。昨季ナリーグの首位打者フレディ・サンチェスも3安打の活躍。
 カンザスシティー・ロイヤルズが15安打11得点。得点力のあるデービッド・デヘススが4安打。オークランド・アスレチックスは15安打10得点、最終回に5点を入れてサヨナラ勝ち。ロサンゼルス・ドジャースは18安打10得点。ラファエル・ファーカルの4安打、復調ですかね。
 テキサス・レンジャーズ対ロサンゼルス・エンゼルスは8本の本塁打が乱発。
 ボストン・レッドソックスが最終回に6点を取って、大逆転勝ち。