スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLBの個人成績 

 さて、5月に入って、個人成績も気になるところですね。スタートの良かった選手は。
 アリーグの打撃部門。打率は、デビルレイズのB.J.アップトンが1位。デビルレイズの期待の星が開花した感じですね。以下、ヤンキースのアレックス・ロドリゲス、タイガースのプラシド・ポランコの順。ポランコもアベレージヒッターで3割3分くらいは打てそう。以下は、ウラジーミル・ゲレロ、ジョー・モウアー、デレク・ジーターと高打率を残せそうなバッターがずらり並んでますね。
 本塁打・打点は、ロドリゲスがリード、エンゼルスのゲレロが追う感じですね。ゲレロは実績があるので有力。若いレンジャーズのイアン・キンスラーは未知数ですね。
 ナリーグの打撃部門。打率は、カブスのデレク・リーが好調。一昨年の再来か。4割以上をキープ。以下、ロッキーズのマット・ホリデー、長打力もあるアベレージヒッターに成長しましたね。
 本塁打・打点は、ブレーブスのチッパー・ジョーンズ、ジャイアンツのバリー・ボンズなど実力者、パドレスのエイドリアン・ゴンザレス、ブレーブスのジェフ・フランコアの若手、メッツの中軸カルロス・ベルトランなど。
 アリーグの投手部門。レッドソックスのジョシュ・ベケットが6連勝。期待の剛球右腕。防御率は、アスレチックスのダン・ハレンが1点台。アスレチックスは次から次へと良い投手が出てきますね。
 ナリーグの投手部門。マーリンズのダントレル・ウィリスが5勝。防御率は良くないけど、スタミナ十分の若い左腕。防御率はメッツの若いジョン・メーン、高い勝率を誇るブレーブスのティム・ハドソン、昨季最多勝のドジャースのブラッド・ペニーなど。
 これから成績を伸ばす選手もいるから、タイトルは誰が取るか、これも、楽しみですね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。