スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマーとブライレブンが2011野球殿堂入り 

 2011年1月7日。(MLB)

 2011年アメリカ野球殿堂入りは、ロベルト・アロマーとバート・ブライレブンに決まった。75.0%で、殿堂入りする。

 アロマーは、好打と堅守の3割バッターで、2年目で、得票率90.0%の高い支持。ブライレブンは、通算284勝の好投手、14年目で、得票率79.7%の支持で殿堂入り。

 アロマーは、通算2724安打、通算打率.300、守備でもゴールドグラブ10度の実績。トロント・ブルージェイズのワールドシリーズ連覇に貢献、クリーブランド・インディアンズの黄金時代にも貢献。

 ブライレブンは、通算284勝、22年間で、奪三振3701は歴代5位。当初は、ミネソタ・ツインズで、鉄腕ぶりを発揮。しかし、過小評価された感じもした。その後、ピッツバーク・パイレーツで、ワールドシリーズ制覇に貢献。その後も、15勝以上あげるなど、長年活躍した投手。

 初資格では、ジェフ・バクウェルが、41.7%の獲得。ラリー・ウォーカーは、20.3%、ファン・ゴンザレスは、5.3%。今後のチャンスを期待したいところ。

 バリー・ラーキンは2年目で、62.1%と高い支持、次回に期待。70年代活躍のデーブ・パーカーは、15.3%で、15年目を過ぎてしまった。

 殿堂入り候補初資格取得選手とジム・ライスとの比較

スポンサーサイト

ジャイアンツ_開幕3連勝_レンテリアが1試合5安打 

 サンフランシスコ・ジャイアンツが3連勝。投高打低といわれたチームも、今日は、19安打で10得点。特に、エドガー・レンテリアは1試合5安打のキャリアタイ記録、2度目の達成。アーロン・ロワンドも4安打。4番のオーベリー・ハフも過去に何度か100打点を達成しており、3番のパブロ・サンドバルも昨季大ブレーク。レンテリアは打率.727。上位打線は、あなどれない打線となりそう。
 レンテリアは、1996年、3割でデビュー、2003年、2007年に3割3分以上、打ている遊撃手。2003年には、シーズン100打点。2005、2006年にはシーズン100得点。

 トロント・ブルージェイズのバーノン・ウェールズは、2本塁打3打点の活躍。今季は、2試合で、打率.714、3本塁打、6打点、5得点の素晴らしいスタート。過去、100打点を3シーズン記録しており、今季は、本来の打撃に戻るか。

 ピッツバーク・パイレーツのギャレット・ジョーンズは、この日も3打点本塁打。開幕2試合で3本塁打。今季は、ホームランバッターの仲間入りか。チームも、ここ数年の低迷から脱出のチャンスかも。ジョーンズのバットにかかっている。
 
 ジャイアンツ記事

 2009サイヤング賞_グレインキー_リンスカム

最近低迷のピッツバーク・パイレーツ 

 MLB。

 ピッツバーク・パイレーツ。ここしばらく低迷している。

 過去は、1990年頃に、バリー・ボンズ、ボビー・ボニーヤなどの打撃陣、ジョン・スマーリー、ダグ・ドレイベックなどの好投手を擁し、地区優勝を何度かしている。

 1979年は、ウイリー・スタージェルを中心とした、「ファミリー」と呼ばれたころも強かった。1970年代前半から、スタージェルを初め、外野のアル・オリバー、リッチー・ジスク。スパースターだったデーブ・パーカーもいた。投手も、ジョン・キャンデラリア、バート・ブライレブン、ケント・テカルビーなども在籍。1979年には、ワールドシリーズ制覇。

 1979年は、ワールドシリーズで、1勝3敗の窮地から逆転優勝。稀なケースとされている。この年、スタージェルは、レギュラーシーズンMVP、プレイオフMVP、ワールドシリーズMVPと、チームの主軸として大活躍。

 当時、「スタージェルを先頭に、打者もよく打った、投手は、10人も入れて、継投で逃げ切った。みんながよくやってくれた。スカウトも、フロントも…。」。そんなわけで、「ザ・ファミリー」と呼ばれていた。

 MLB

 MVP_満票での選出_投手は2人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。