スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマーとブライレブンが2011野球殿堂入り 

 2011年1月7日。(MLB)

 2011年アメリカ野球殿堂入りは、ロベルト・アロマーとバート・ブライレブンに決まった。75.0%で、殿堂入りする。

 アロマーは、好打と堅守の3割バッターで、2年目で、得票率90.0%の高い支持。ブライレブンは、通算284勝の好投手、14年目で、得票率79.7%の支持で殿堂入り。

 アロマーは、通算2724安打、通算打率.300、守備でもゴールドグラブ10度の実績。トロント・ブルージェイズのワールドシリーズ連覇に貢献、クリーブランド・インディアンズの黄金時代にも貢献。

 ブライレブンは、通算284勝、22年間で、奪三振3701は歴代5位。当初は、ミネソタ・ツインズで、鉄腕ぶりを発揮。しかし、過小評価された感じもした。その後、ピッツバーク・パイレーツで、ワールドシリーズ制覇に貢献。その後も、15勝以上あげるなど、長年活躍した投手。

 初資格では、ジェフ・バクウェルが、41.7%の獲得。ラリー・ウォーカーは、20.3%、ファン・ゴンザレスは、5.3%。今後のチャンスを期待したいところ。

 バリー・ラーキンは2年目で、62.1%と高い支持、次回に期待。70年代活躍のデーブ・パーカーは、15.3%で、15年目を過ぎてしまった。

 殿堂入り候補初資格取得選手とジム・ライスとの比較

スポンサーサイト

ブルージェイズの本塁打記録_Aロッドの本塁打記録 

 2010年10月1日。MLB

 トロント・ブルージェイズは、エドウィン・エンカーナシオンの本塁打で、今季チーム本塁打が254本になった。チーム記録を更新。MLBの歴代で4位の記録。

 最多は、1997年のシアトル・マリナーズの264本、以下、2005年のテキサス・レンジャーズの260本、1996年のボルチモア・オリオールズの257本。

 残り2試合で、どこまで、伸ばすだろうか。

 チームで、1試合3本塁打以上は39試合で、MLBでは歴代2位。1位は、1997年のマリナーズの43試合。この記録は、抜けなくなった。

 ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲスが、先日、13年連続30本塁打100打点の記録を達成。通算14度目の30本塁打100打点はMLB記録となる。

 30本塁打以上の回数では、ロドリゲスの14度は、バリー・ボンズに並んで、歴代2位。1位は、ハンク・アーロンの15度が最多。

 今後も、記録が伸びそうである。

 エンカーナシオン1試合3本塁打_ブルージェイズは驚異の本塁打打線

Jバティスタ40本塁打_チームでは9度目 

 2010年8月23日。(MLB)

 トロント・ブルージェイズのホセ・バティスタが、この日2本塁打で、両リーグ40本塁打一番乗りとなった。今季は、中盤から、本塁打を量産、オールスター以降も好調。

 チームでは、1986年の、ジョセ・バーフィールが40本塁打の最初(その年40本塁打)。以降、ジョージ・ベル、ホセ・カンセコ、カルロス・デルガードなどが達成している。最多本塁打は、1987年のジョージ・ベルの47本塁打。
 
 チームの通算本塁打は、カルロス・デルガードの336本塁打。今季のチーム本塁打も190本となった。

 バティスタは、今季、6回目の1試合2本塁打、そして、50本以上のペースになる、チーム記録を更新して欲しいところ。心配なのは、過去の自己ベストが16本塁打であるので、タイトル争いに加わったことのない経験不足か。しかし、2位に9本差をつけており大丈夫か。


 エンカーナシオン1試合3本塁打_ブルージェイズは驚異の本塁打打線

エンカーナシオン1試合3本塁打_ブルージェイズは驚異の本塁打打線 

 2010年5月21日。(MLB)

 2010年も、インターリーグの始まり。トロント・ブルージェイズは、試合に負けたが、本塁打の量産は素晴らしい。エドウィン・エンカーナシオンは1試合3本塁打をはじめ、6本塁打。すべて、ソロ本塁打で、チームの得点も6点。ランナーがいれば、もっと得点がと思うが。

 エンカーナシオンは、今季、13試合で5本塁打となり、44打数で11安打、他、2塁打が3本なので、11安打中8本の長打となる。このペースで量産すると、すごいのであるが。

 チームは、44試合で72本塁打と、驚異の打線、本塁打に関しては恐怖の打線。このペースで打つと、260本ペース。

 ホセ・バティスタが13本塁打、バーノン・ウェルズが11本塁打、アレックス・ゴンザレスが10本塁打、などなど。ただし、チーム打率が低いので、得点もあまり伸びない。チームは地区3位なのでおもしろい存在。ランナーを出して、本塁打で勝っていくゲームが増えれば、もっと勝てそうな気がするが。

 チームは、1992年、93年と、ワールドシリーズ連覇。当時、驚異の打線であった。1993年は、ジョン・オルルドが8月2日まで4割をキープ、ポール・モリターが211安打のリーグ2位。同一チームで、リーグの打率1、2、3位を独占し、100年ぶりの快挙。100得点以上の選手が4人(途中移籍の選手を含めると5人)。

 同じ地区は、タンパベイ・レイズが独走しているが、インターリーグ初日は敗北。ニューヨーク・ヤンキースは、サブウエイシリーズを制して初戦勝利。

 インターリーグは、人気もあり、楽しみな試合が多い。今後の展開に注目。


 ブルージェイズの過去記事

 トーマス3本塁打、ハワード2本塁打で満塁弾

ジャイアンツ_開幕3連勝_レンテリアが1試合5安打 

 サンフランシスコ・ジャイアンツが3連勝。投高打低といわれたチームも、今日は、19安打で10得点。特に、エドガー・レンテリアは1試合5安打のキャリアタイ記録、2度目の達成。アーロン・ロワンドも4安打。4番のオーベリー・ハフも過去に何度か100打点を達成しており、3番のパブロ・サンドバルも昨季大ブレーク。レンテリアは打率.727。上位打線は、あなどれない打線となりそう。
 レンテリアは、1996年、3割でデビュー、2003年、2007年に3割3分以上、打ている遊撃手。2003年には、シーズン100打点。2005、2006年にはシーズン100得点。

 トロント・ブルージェイズのバーノン・ウェールズは、2本塁打3打点の活躍。今季は、2試合で、打率.714、3本塁打、6打点、5得点の素晴らしいスタート。過去、100打点を3シーズン記録しており、今季は、本来の打撃に戻るか。

 ピッツバーク・パイレーツのギャレット・ジョーンズは、この日も3打点本塁打。開幕2試合で3本塁打。今季は、ホームランバッターの仲間入りか。チームも、ここ数年の低迷から脱出のチャンスかも。ジョーンズのバットにかかっている。
 
 ジャイアンツ記事

 2009サイヤング賞_グレインキー_リンスカム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。