スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年新人王確定_得票数と1位票 

 2011年11月14日。(MLB)
 
 全米野球記者協会の投票による最優秀新人(新人王)を発表。アメリカン・リーグからはタイパベイ・レイズのジェレミー・ヘリクソン投手、ナショナル・リーグからはアトランタ・ブレーブスのクレイグ・キンブレル投手がそれぞれ選出された。

 アリーグの得票結果 総ポイント(1位票)
 ジェレミー・へリクソン(レイズ) 102(17)
 マーク・トランボ(ロサンゼルス・エンゼルス) 63(5)
 エリク・ホズマ―(カンザスシテー・ロイヤルズ) 38(4)
 イバン・ノバ(ニューヨーク・ヤンキース) 30(1)

 ナリーグの得票結果 総ポイント(1位票)
 クレイグ・キンブレル(ブレーブス) 160(32)
 フレディ・フリーマン(ブレーブス) 70(0)
 バンス・ウォーリー(フィラデルフィア・フィリーズ) 40(0)

 へリクソンは、チームでは、エバン・ロンゴリア以来の受賞。

 キンブレルは、ナリーグ史上10人目の満票で選出された。2001年のアルバート・プホルス以来となる。ブレーブスからは、7人目の受賞。


 2010_新人王_サイヤング賞

スポンサーサイト

キンブレルが歴代新人最多タイ_Aゴンザレスが2本塁打 

 2011年8月23日。(MLB)
 
 アトランタ・ブレーブスのルーキークローザー、クレイグ・キンブレルが、この日もセーブをあげて、今季40セーブを達成。これは、昨季のテキサス・レンジャーズのネフタリ・フェリスの記録に並んだ。これかも、記録は伸びそう。50セーブくらいまで行くかもしれない。
 今日も、1イニングで2奪三振。その前の試合は、1イニングで3奪三振。ここ6試合で、いづれも1イニングで2奪三振以上、そのうち2試合は3奪三振という快投。奪三振ショーという感じが。
 そして、この日で、31.2イニング無失点という記録も達成。恐ろしい新人、ルーキーである。

 ボストン・レッドソックスの今季の新戦力、エイドリアン・ゴンザレスが、この日、4打数3安打、2本塁打、3打点の活躍で、シーズン成績を、打率.346(リーグ首位)、20本塁打、97打点(リーグ2位)とした。
 ここまで、高打率を維持するとは、今季は、絶好調の打撃。いつもより本塁打は少ないが、打点は充分すぎるくらい。チームの伝統を守っている選手の1人。MVP候補の1人と言える。

 キンブレル_ルーキースーパークローザー

キンブレル_ルーキースーパークローザー 

 2011年8月19日。(MLB)
 
 アトランタ・ブレーブスのルーキークローザー、クレイグ・キンブレルが、この日もセーブをあげて、リーグ首位の38セーブ。

 なんとも凄いピッチャー。この日も。1イニングで2奪三振。今季は、63試合で、61.2イニング、98奪三振。1イニングあたり、1.5個の三振を獲っている。半分のアウトが三振というピッチャー。ここまで三振率の高い投手も稀。過去に、数名いるくらいか。
 昨季は、20.2イニングで、40奪三振と、1イニングあたり、2個の三振を獲っている。

 キンブレルは、約100マイル(162キロ)の豪腕投手。ここ29試合は無失点、29.2イニング無失点記録を続けている。新人王最有力候補か。

 キンブレルは、通算でも、84試合で、82.1イニング、138奪三振。防御率も,1.42。WHIPも1.04と素晴らしい成績。今後のスーパークローザーになりそう。今季は、チームもポストシーズンに進めそう気がする。そんな大舞台でも、活躍を期待。 

 アグラ_32試合連続安打_チーム歴代単独2位に

アグラ_32試合連続安打_チーム歴代単独2位に 

 2011年8月12日。(MLB)
 
 アトランタ・ブレーブスのダン・アグラが、32試合連続安打を達成。この日は、2本塁打で、記録を更新。今季、MLBでの最多記録をさらに更新した。
 30試合安打は、アンドレ・イーシアが達成しているが、アグラは、すでに超えてしまった。

 チーム記録でも、トミー・ホルムスの37試合連続安打に次ぐ記録。アグラは、前の試合まで、リコ・カーティーの31試合連続安打に並んでいたが、この日で超えてしまった。チーム歴代単独2位の記録となった。

 アグラは、32試合で、打率を.173から.229まで上昇。驚異的な上昇である。今季のアグラは、中盤までスランプに陥っていたが、今ではチームの4番を打っている。そんな、スランプを克服した勢いがあるのか、ここまで伸ばして意識しても仕方がないように思えるが、平然とした感じにとれるが。どこまで伸びるか。

 30試合目を1安打で達成、31試合目は3安打、32試合目は3安打に2本塁打と、徐々に、華やかしい成績が。並みの打者ではないのかもしれない。

 40試合くらいまで、伸びるかもしれない。次の目標は、チーム記録の37試合連続安打か。

地区優勝を100勝以上の2チームで争った最後の年_100勝の記録 

 2011年6月。(MLB)
 
 アトランタ・ブレーブスとサンフランシスコ・ジャイアンツがナリーグ西地区の優勝争い、最後まで、ハイアベレージデッドヒートを展開して、ブレーブスが104勝、ジャイアンツが103勝で、ブレーブスが制覇。これが、最後の年になっている。これは、1993年である。ブレーブスとジャイアンツの戦力が頭抜けた時代だった。ブレーブスは、トム・グラビン、グレッグ・マダックスの20勝投手コンビなどの活躍、ジャイアンツは、バリー・ボンズの猛打などで、し烈な戦いを行った。素晴らしい、レギュラーシーズンであった。

 翌年から、リーグ3地区制の導入で、こんなハイアベレージの優勝争いは、もうないだろうと言われた。ここまでは、その通りになっている。

 やはり、シーズン100勝は、かなりの戦力が揃わないとできないのだろうか。

 (シーズン100勝のチーム記録)

 シーズン100勝を、3年連続で達成しているチームは、フィラデルフィア・アスレチックス(オークランド)、セントルイス・カージナルス、ボルチモア・オリオールズ、ニューヨーク・ヤンキースの4チーム。ただし、1回のみである。

 シーズン100勝を、2年連続で達成しているチームと回数。(3年連続で達成している時期は、含まない。)
 ニューヨーク・ヤンキースが4回、オークランド・アスレチックス(フィラデルフィア)が2回、、シカゴ・カブスが2回、サンフランシスコ・ジャイアンツ(ニューヨーク)が2回。他、1回のチームは、ボルチモア・オリオールズ、セントルイス・カージナルス、フィラデルフィア・フィリーズ、アトランタ・ブレーブス(ミルウォーキー)、シンシナテイ・レッズ、ロサンゼルス・ドジャース(ブルックリン)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。