スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLB2012最終戦まで大混戦_地区優勝と三冠王と首位打者 

 2012年10月2日。MLB。

 MLBのアリーグ(アメリカン・リーグ)は、最終戦162試合目まで、チームタイトル、個人タイトルがもつれる展開となっている。

 チームでは、東地区の地区優勝争い、ニューヨーク・ヤンキースとボルチモア・オリオールズは、1ゲーム差。最終戦でヤンキースが勝つか、オリオールズが敗れれば、ヤンキースの地区優勝が決定。ヤンキースが敗れて、オリオールズが勝てば、同率で並ぶ。この場合は、どうなるのか。レギュラーシーズン対戦成績も9勝9敗なので、1試合のプレイオフで地区優勝を決めるのか。この辺は、わからない。

 西地区も、テキサス・レンジャーズとオークランド・アスレチックスが同率で並んでいる。最終戦で直接対決なので、勝った方が地区優勝となる。

 そして、個人タイトル。デトロイト・タイガースのミゲル・カブレラの三冠王に注目があつまる。打率.331、44本塁打、139打点。すべて首位でリードしているが、気になるのは本塁打。1本差にジョシュ・ハミルトン、2本差にエドウィン・エンカーナシオン。打率と打点は、差がある。

 三冠王達成ならば、1967年のカール・ヤストレムスキー以来となる。ボストンの英雄、パパ・カールの愛称。何度も挑戦して選手が達成できなかった記録が誕生する。1966年も、フランク・ロビンソンが達成している。その後は、タイトルの難しさもあるのか、球団が増えていることもあるのか、それ以降は達成者がいない。

 ナリーグ(ナショナル・リーグ)の首位打者は、どうなるのか。サンフランシスコ・ジャイアンツのメルキー・カブレラは、最終的には規定打席に届かないが、特別規定で、規定打席不足分をアウトと計算されて、打率1位になる可能性が高い。しかし、本人は、辞退するらしい。この点は、はっきりしていない。
 2位の同僚バスター・ポージーが、メルキー・カブレラの規定打席不足分をアウトと計算された打率を超えないと1位になれないが、現在.009差では、逆転は難しいのでは。(不足分をアウトに計算されるので、もっと差は少ない)。
 ただし、記録上は、メルキー・カブレラが打率1位で、辞退するとなると、打率2位のバスター・ポージーが首位打者という、珍しい現象となる。

スポンサーサイト

イチロー電撃移籍でヤンキースへ 

 2012年7月24日。MLB2012。

 シアトル・マリナーズのイチロー外野手が、ニューヨーク・ヤンキースへ、電撃移籍が決った。交換要員は、若手選手のD・J・ミッチェルと、マイナー選手1名。
 ヤンキースは、ブレット・ガードナーの故障、ニック・スウィッシャーの故障と、外野手獲得に乗り出していた。
 このトレードは、ヤンキースが得をした感じがすると、言われている。

 イチロー外野手なら、調子が悪いと言われている今季、2割6分台、今でも、普通なら、3割は打てそうな気がする。それに、ヤンキースのメンバーの中に入って、なにか、発奮するのではないかと期待する。

 イチロー外野手のデビューの頃は、マリナーズは、チームは、打撃もよく、イチローも負担が少なかった気がする。エドガー・マリチネス、ブレット・ブーン、ジョン・オルルド、マイク・キャメロンなど、3割、20本塁打以上の打者が多かった。
 最近は、チームの打撃、クリーンアップの主軸が、他球団と比べて、劣る感じがしたので、チームも思うように勝ち星が上がらない。主軸の選手が必要だったのではないかと思われる。

 ヤンキースでのデビューは、奇しくも、マリナーズ戦、8番で、4打数1安打。

 ヤンキースとしては、イチローを、いろんな場面で使えそう。いろんな期待にこたえてくれるのではないかと、思っている。あの、豪華メンバーでも、いずれは、1、2番あたりに定着するのではないかと。
 ワールドシリーズ出場や、ワールドシリーズ制覇の目標もあるだろうし、MLB3000安打の目標もあるだろう。

 今後の活躍に期待したいところ。


 関連記事
 イチロー_前人未到の10年連続200安打

ヤンキース17度目地区優勝_ポストシーズンは17年で16度目 

 2011年9月21日。(MLB)、記録は、9月21日現在。
 
 ニューヨーク・ヤンキースが、タイパベイ・レイズにダブルヘッダーで連勝して、17度目の地区優勝を決めた。そして、最近、17シーズンで16度目ポストシーズン進出を決めた。

 今季は、打撃陣は、アレックス・ロドリゲス、デレク・ジーターと言った往年の選手よりも、カーティス・グランダーソンが41本塁打119打点133得点、ロビンソン・カノが打率.305、26本塁打、113打点、マーク・テシェイラが37本塁打104打点と、この3人が100打点以上をマークして、チームをリードした。

 投手力は、先発では、C.C.サバシアが19勝8敗、イバン・ノバが16勝4敗の2人が安定感があったと言えそう。リリーフ陣は、マリアノ・リベラが43セーブの活躍で、MLB記録の602セーブを記録。中継陣は、まずまずの活躍で、安定感がありそう。 

 チーム記録では、打撃成績は、打率が.266で、リーグ5位、211本塁打はリーグ首位、得点は820得点でリーグ2位。
 投手成績は、防御率3.69でリーグ3位と、まずまずの成績。

 ヤンキースは、地区優勝17度(1969年以降)。ワイルドカードでの進出は3度(1969年以降)。過去、リーグ制覇は40回、ワールドシリーズ制覇は27回。

 ポストシーズンでは、勝ちあがれるか。先発投手陣の不足が指摘されているが。


 昨季のヤンキース

 ヤンキース先勝_過去のレンジャーズ対ヤンキースのポストシーズン

リベラとウェークフィールドとバーランダーが好記録を樹立 

 2011年9月13日。(MLB)
 
 ニューヨーク・ヤンキースのマリアノ・リベラが通算600セーブを達成。ボストン・レッドソックスのティム・ウェークフィールドが通算200勝を達成。デトロイト・タイガースのジャスティン・バーランダーが、今季23勝目をあげた。

 リベラは、今季41セーブ目をあげて、通算600セーブ。MLB史上2人目の達成。最多は、トレバー・ホフマンの601セーブ。あと1セーブでMLB記録と並ぶとこになる。通算セーブ記録の3位は、リー・スミスで478セーブ。
 リベラは、15年連続20セーブ以上、9年連続30セーブ以上、ポストシーズンの通算42セーブ(MLB記録)、オールスター12回選出など、素晴らしい記録を持っている。

 ウェークフィールドは、現役投手最多の通算200勝を達成。MLBでは108人目の快挙。レッドソックスで、通算200勝(他球団での勝利も含む)を達成したのは、カート・シリング以来で、過去に、レフティー・グローブ、ファーガソン・ジェンキンス、ルイス・ティアントが達成している。
 ウェークフィールドは、レッドソックスで17シーズンを迎えており、在籍シーズンでは、チーム史上4位のランクされる。

 バーランダーは、7回を無失点の好投で、今季23勝目(5敗)。リーグ断トツの首位の勝利数。11試合連続先発勝利は、ハル・ニューハウザーと以来のチームタイ記録の快挙。連勝記録(勝敗の付かない試合を含める)、リンウッド・ローの16連勝がチーム記録。
 シーズン23勝は、MLBでは、2002年のバリー・ジト以来の快挙。
 同一シーズンに23勝以上、ノーヒットゲームの達成は、1965年のサンデー・コーファックス以来の快挙。
 チームも11連勝で、1968年以来の快挙で、チーム史上4位タイの記録となった。

グランダーソン_2本塁打で31号_本塁打と打点で猛追 

 2011年8月10日。(MLB)
 
 ニューヨーク・ヤンキースのカーチス・グランダーソンが、この日、2本塁打4打点の活躍で、チームの勝利に貢献。

 この日、30号、31号で、チームはカリフォルニア・エンゼルスに勝利。本塁打では、リーグ3位で、トップとは2本差。トロント・ブルージェイズのホセ・バティスタが33本、ニューヨーク・ヤンキースのマーク・テシェイラが32本。
 打点は91打点として、こちらは、リーグ2位で、トップと1打点差。ボストン・レッドソックスのエイドリアン・ゴンザレスが92打点。

 今季は、すでに、104得点と100得点を突破の活躍で、得点部門では独走中、23盗塁も記録。グランダーソンは、リードオフマンであり、パワーがあるが、ここまで、本塁打と打点を伸ばすとは、予想以上の成績。本塁打は、ベストの2009年の30本塁打を超え、打点は、ベストの2007年の71打点を遥かに超えた。

 今季は、チームも、アレックス・ロドリゲスの欠場などもあり、主軸を打つことも多い。

 チームに移籍して、今季は好調。昨年から、チームで6度目の1試合2本塁打以上となり、マーク・テシェイラに次ぐ記録となっている。

 チームも、レッドソックスとの首位争いも激しい展開に。今季も、ポストシーズンを狙う。
 
 グランダーソンが20号本塁打_リーグ首位タイに

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。