スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLB2012最終戦まで大混戦_地区優勝と三冠王と首位打者 

 2012年10月2日。MLB。

 MLBのアリーグ(アメリカン・リーグ)は、最終戦162試合目まで、チームタイトル、個人タイトルがもつれる展開となっている。

 チームでは、東地区の地区優勝争い、ニューヨーク・ヤンキースとボルチモア・オリオールズは、1ゲーム差。最終戦でヤンキースが勝つか、オリオールズが敗れれば、ヤンキースの地区優勝が決定。ヤンキースが敗れて、オリオールズが勝てば、同率で並ぶ。この場合は、どうなるのか。レギュラーシーズン対戦成績も9勝9敗なので、1試合のプレイオフで地区優勝を決めるのか。この辺は、わからない。

 西地区も、テキサス・レンジャーズとオークランド・アスレチックスが同率で並んでいる。最終戦で直接対決なので、勝った方が地区優勝となる。

 そして、個人タイトル。デトロイト・タイガースのミゲル・カブレラの三冠王に注目があつまる。打率.331、44本塁打、139打点。すべて首位でリードしているが、気になるのは本塁打。1本差にジョシュ・ハミルトン、2本差にエドウィン・エンカーナシオン。打率と打点は、差がある。

 三冠王達成ならば、1967年のカール・ヤストレムスキー以来となる。ボストンの英雄、パパ・カールの愛称。何度も挑戦して選手が達成できなかった記録が誕生する。1966年も、フランク・ロビンソンが達成している。その後は、タイトルの難しさもあるのか、球団が増えていることもあるのか、それ以降は達成者がいない。

 ナリーグ(ナショナル・リーグ)の首位打者は、どうなるのか。サンフランシスコ・ジャイアンツのメルキー・カブレラは、最終的には規定打席に届かないが、特別規定で、規定打席不足分をアウトと計算されて、打率1位になる可能性が高い。しかし、本人は、辞退するらしい。この点は、はっきりしていない。
 2位の同僚バスター・ポージーが、メルキー・カブレラの規定打席不足分をアウトと計算された打率を超えないと1位になれないが、現在.009差では、逆転は難しいのでは。(不足分をアウトに計算されるので、もっと差は少ない)。
 ただし、記録上は、メルキー・カブレラが打率1位で、辞退するとなると、打率2位のバスター・ポージーが首位打者という、珍しい現象となる。

スポンサーサイト

ハミルトン40号_チームでは歴代5人目 

 2012年9月8日。MLB。

 ジョシュ・ハミルトン(テキサス・レンジャーズ)が、40号本塁打を放ち、本塁打王争いのトップを維持している。打点も119打点と、数字的には、かなりの成績と言えそう。

 チームでは、過去に、シーズン40本塁打以上は、ホワン・ゴンザレス、ラファエル・パルメイロ、アレックス・ロドリゲス、マーク・テシェーラ。

 1990年から近年までは、本塁打の数の量産で、シーズン40本塁打は、そう、珍しくもない。それ以前では、個人的には、なにか、40本塁打というと、強打者・ホームランアーティストのステータスラインに思えたようなこともあった。

 昨日時点では、ハミルトンは39本塁打、アダム・ダン(シカゴ・ホワイトソックス)は38本塁打、エドウィン・エンカーナシオン(トロント・ブルージェイズ)も38本塁打。
 打点では、(昨日時点)、ハミルトンは116打点、ミゲル・カブレラも116打点。

 ハミルトンは、中盤に、かなりのスランプに陥ったが、かなりの数字を残しそうな気がする。
 

 ハミルトンが本塁打と打点でハイペース

ハミルトンが本塁打と打点でハイペース 

 2012年5月11日。(MLB)

 テキサス・レンジャーズのジョシュ・ハミルトンが、打撃絶好調。ここまで、33試合で、打率.407、17本塁打、40打点のハイペース。

 打率.400超えも素晴らしい。

 本塁打17本は、33試合時点では、史上最速ペース。過去のサイ・ウイリアムズ、フランク・ハワードと並んでいる。

 40打点も素晴らしいペース。1試合1打点以上のペースである。このままのペースでいくと、シーズン196打点となるが。MLB記録は、1930年のハック・ウイルソンの191打点が最高。(マイナーリーグでは、222打点が最高と思われるが。)。160打点超えとなれば、あの、サミー・ソーサ、マニー・ラミレスなど以来となるのであるが。


 ハンバーが史上21人目のパーフェクトゲーム

カージナルスがワールドシリーズ11度目の制覇 

 2011年10月28日。(MLB)。
 
 2011ワールドシリーズは、セントルイス・カージナルス(ナリーグ覇者)がテキサス・レンジャーズ(アリーグ覇者)に4勝3敗で勝利し、11度目のワールドシリーズ制覇(MLB史上2位、ナリーグではトップ)。ワールドシリーズでは強い伝統を守った感じがする。

 MVPは、デービッド・フリース三塁手。史上15人目のワールドシリーズサヨナラ弾を放っている。今季3年目、実質2年目の選手。レギュラーシーズンでは、怪我で規定打席には達していないが、充分に中軸を打てる選手。今季は、ナ・リーグ優勝決定シリーズでもMVPに輝いた逸材。

 カージナルスは、2006年にも制覇しており、5年ぶりのシリーズ制覇。5年前は、デービッド・エクスタインがMVPに輝いた。このときは、リードオフマンとしてチームをリードした。

 第6戦では、両軍で42人がプレイする、シリーズMLB史上2位の最多記録を更新。ゲームも白熱した一戦となった。この日の第7戦が行われるのは、9年ぶりとなった。(4勝3敗で勝敗が決するのは9年ぶり)。

 レンジャーズは、2年連続のワールドシリーズ敗退。これは、1969年の地区分割以降では、ロサンゼルス・ドジャース、アトランタ・ブレーブスに次いで3チーム目。

 来季も、この2チームが優勝候補にあがるのは、間違いないと思われる。

 2011ワールドシリーズ_レンジャーズ対カージナルス

2011ワールドシリーズ_レンジャーズ対カージナルス 

 2011年10月16日。(MLB)。
 
 2011ワールドシリーズは、テキサス・レンジャーズ(アリーグ覇者)対セントルイス・カージナルス(ナリーグ覇者)となった。

 レンジャーズは、アリーグ2年連続2度目の制覇。ワールドシリーズは、過去1回出場、ワールドシリーズの制覇はない。今季がチャンスかもしれない。MLBでも、屈指の打撃チーム。今季は、昨季よりも強いと予想されている。

 カージナルスは、5年前にナリーグ制覇している。通算、ナリーグ制覇18回。ワールドシリーズは、過去17回出場、ワールドシリーズの制覇10回(MLB史上2位、ナリーグ1位)。大試合に強いイメージがある。今季は、打撃陣が好調。

 今季の両チームのレギュラーシーズンの対戦成績は、インターリーグでも対戦していない。全くの未知数といえそうだ。

 試合は、打撃戦が予想される。両チームともに、中軸は破壊力があり、その前後の打者も好打者やパワーヒッターがいる、恐ろしい打線。ワールドシリーズでは、指名打者制度の有り無しが、チームに影響するかもしれない。

 2011アリーグ決定戦_レンジャーズ対タイガース
 2011ナリーグ決定戦_ブリュワーズ対カージナルス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。