スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ女子バスケット_豪州に勝利決勝へ_ロンドン五輪 

 2012年8月9日。オリンピック。WNBA。

 アメリカ女子バスケットボールチームは、決勝トーナメントの準決勝で、最大のライバルと思われる、豪州(オーストリア)に勝利して、金メダルに近づいた。

 試合は、86対73で勝利。前半は、オーストラリアがリードしていたが、後半に逆転。

 アメリカ女子バスケットボールチームは、男子同様に、WNBAのオールスターメンバー。ダイアナ・トーラジ、シュー・バード、タミカ・キャッチングズなど、女子プロバスケットのスター選手たち。

 オーストラリアにも、WNBAで活躍するスター、ローレン・ジャクソンを擁しての戦いだったが。

 試合は、アメリカのステールの多さ、オーストラリアのターンオーバーが多さが、勝敗を決めた感じがする。

 アメリカ女子チームの国際大会成績。

 2010 世界選手権 金メダル
 2008 五輪 金メダル
 2006 世界選手権 銅メダル
 2004 五輪 金メダル

 今回は、金メダルを取るだろうか。

スポンサーサイト

ロンドン五輪_アメリカ陸上_女子短距離選手 

ロンドン五輪_アメリカ陸上_女子短距離選手

 2012年7月31日。オリンピック。

 アメリカ陸上の女子短距離選手、個人種目、リレーなどで、活躍してくれそうですね。とても、期待してまう。

 …(Favorite Sports In USA)より

 アメリカ女子、陸上短距離のメンバーは、以下のようです。()は、主な成績。

 100M
 Allyson Felix
 Carmelita Jeter(2011世界陸上 金)(2009世界陸上 銅)
 Tianna Madison


 ジャマイカの選手では、女子100M、200Mのジャマイカ選手権を制した、シェリーアン・フレーザープライスが注目されるだろう。ベロニカ・キャンベル・ブラウンは、ジャマイカ選手権、100Mで2位、200Mは、シェローン・シンプソンに次いで3位となったが、ロンドン五輪では、期待される。

NBAのドリームチームは、ロンドン五輪で見納めかも 

 2012年7月20日。NBA2012。

 ロンドン五輪に、アメリカ、バスケットボールは、NBAのスーパースター選手を集めて構成される。いわゆる、ドリームチームである。
 ほぼ、現在では、最高のメンバーと言えそうである。故障選手がいて、出場を辞退した選手もいるが。

 コービー・ブライアント、レブロン・ジェームスなど、NBAのオールスターチームである。コービーとレブロン、どっちが中心といわれると、難しい感じが。

 このような素晴らしいチームならば、必ず金メダルかというと、過去は、意外とそうでもない。苦戦することもある。今回は、前回で金メダルを獲っているメンバーが多いから、大丈夫そうに見えるが、どうだろうか。

 それと、気になるのが、五輪でのドリームチームは、今回で最後かもしれないということで、アメリカチームは、ドリームチームでの最後を、華々しく締めくくりたい、と思っているのでは、ないかと。そこからも、是非、金メダルを獲りたいという思いもあるだろう。

 このドリームチームは、初めて結成された当時は、五輪で、圧巻のプレイで他チームを圧倒。世界選手権でも圧倒した。その後、初めて負けたことから、少しずつ、他の国のチームに負けるようになった。しかし、アメリカも、コービー・ブライアント、レブロン・ジェームスを中心としたチーム構成のドリームチームでは、金メダルを獲得してきている。今回も、本命であることには、間違いはないと思う。

 さて、本題の最後かもしれないというのは、NBAがサッカーのように年齢制限を付けることになるかもしれないと、噂されている。そうなると、必ずしも、最強のドリームチームを作れないことになってしまう。

 この年齢制限は、どうなるがわからないが、今回の五輪が、ドリームチームの最後となるなら、威信にかけても、金メダルを獲得したいところ。


 
 関連記事
 米国バスケットボール_ロンドン五輪メンバー候補

ヒートが2度目のファイナル制覇 

 2012年6月22日。NBA2011-12。

 イーストの覇者マイアミ・ヒートが、ファイナル第5戦を121対106で勝利して、ウエストの覇者オクラホマシテー・サンダーを4勝1敗で破って、2005-06年以来の2度目のファイナル制覇。ファイナルMVPは、レブロン・ジェームスが獲得、第5戦はトリプルダブルの活躍。

 この試合、ヒートは、序盤からリードを広げて、4Qの終盤は、主力がベンチに温存する形となった。マイク・ミラーのスリーポントの炸裂、ビック3のドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュの活躍、キングこと”レブロン・ジェームス”の好守、得点、パス、ディフェンスに関してオールラウンドに活躍。

 ドウェイン・ウェイドは、2005-06年に、シャキール・オニールとともに、ファイナル制覇に貢献。今回で2度目のファイナル制覇。レブロン・ジェームスは、ファイナル3度目の出場で初の制覇となった。今季のレブロン・ジェームスは、1人でゲームの流れを変える力に、パスを生かした戦いをも展開し、チームをファイナル制覇に導いた。レブロン・ジェームスは、9シーズン目で、ファイナル制覇の感動を味わった。ちなみに、マイケル・ジョーダンは、7シーズン目に、ファイナルを初制覇している。

 今季のオクラホマシテー・サンダーは、敗れはしたが、チームの躍進は素晴らしかった。プレイオフでは、ウエストの強豪を撃破。ダラス・マーベリックス、ロスアンゼルス・レイカース、サンアントニオ・スパーズに勝利してのウエストの王者に。今後も、しばらく、強豪チームとして、君臨しそう。

 今季のプレイオフでは、昨季の覇者ダラス・マーベリックスがサンダーとの戦いで善戦したが、勝てなかった。レギュラーシーズンの順位が悪く、ホームアドバンテージがなかったのも、原因かもしれない。
 イーストのシード1位のシカゴ・ブルズは、エースのデレック・ローズを怪我で失ったのが痛かった。イーストの決勝で、ヒートとの決戦が見たかった気もする。来季は、この2チームのイースト決勝を見たいものである。

 来季も、楽しみなNBAを期待したいところである。ファイナル制覇の可能性のあるチームは、たくさんある。実力伯仲のゲームを期待したいところである。 
 
 関連記事
 米国バスケットボール_ロンドン五輪メンバー候補

明日はNBAとNHLで大一番、それとも他のスポーツ 

 2012年6月9日。NBA2011-12、NHL2011-12、MLB2012。バレーボール。

 NBAは、カンファレス決勝の最終戦。マイアミ・ヒート対ボストン・セルティックス。勝ったチームが、NBAファイナルに進める大一番。新旧のビック3の対決となったシリーズ。どっちが勝つだろうか。レブロン・ジェームズなどのスターが対決。

 NHLは、スタンレーカップ。ロサンゼルス・キングが勝てば、今季のNHLの全米NO1となる大事な試合。相手は、ニュージャージ・デビルズ。その瞬間が来るかもしれない。

 MLBのインターリーグで、好試合が見られそうな気がする。

 日本では、バレーボール、ロンドン五輪最終予選の最終日。勝てば、五輪に出場できるチャンスも残されている。

 どれを見ようか、ちょっと、考える日ですね。


 関連記事
 ハンバーが史上21人目のパーフェクトゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。