FC2ブログ

松井秀喜_月間新9本目の本塁打_月間成績 

 ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜選手がタンパベイ・デビルレイズ戦で今季17号本塁打を含め6打数5安打の大活躍。1試合5安打は自己初、月間本塁打9本も自己新記録。チームも21点を取って快勝。ヤンキースの追い上げか。
 松井外野手は、今季通算で、打率.291、17本塁打、63打点。打点はリーグで13位。10試合以上欠場しているので、欠場していなければ、70打点近くあげていたのでは、本塁打も20本近く打っていたのでは。チームにとっては、貴重な得点源になっていますね。3試合連続の本塁打でチームも3連勝。
 7月の月間は、打率.349、9本塁打、17打点と絶好調。月間MVPの候補ですね。勝負強さを表す打点は、5月が19打点、6月が21打点と安定してますね。この点が、ジョー・トーレ監督に信頼があるのでしょうか。「とにかく、得点に絡む、なんとかランナーを進めたり、帰したりする」、そんな感じなのでしょうか。
 チームも3連勝、宿敵ボストン・レッドソックスも3連勝でゲーム差は縮まらないが、貯金が5、7.5差。地区優勝、プレイオフ進出の可能性もある。特に打撃が好調に。チーム打撃成績が、打率が.286でリーグ2位、得点も554でリーグ2位。
 チームは、打撃戦に持ち込みたいところです。松井外野手をはじめ、アレックス・ロドリゲス、デレク・ジーター、ホルヘ・ポサダを中心に得点を重ねたいですね。他にも打てるメンバーはたくさんいる。連勝して快進撃が始まれば、プレイオフも見えてきそうな感じ。

スポンサーサイト