スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドソックス4連勝で7度目のWS制覇 

 MLB2007のワールドシリーズ、ボストン・レッドソックスがコロラド・ロッキーズに4連勝。一気に勝負を決めた。

 レッドソックスは、デービッド・オルティス、マイク・ローウェルの本塁打等で3点をリード。ロッキーズも、ブラッド・ホープ、ギャレット・アトキンズの本塁打で1点差まで追い上げるが、レッドソックスのジョナサン・パペルボンの力投の前に屈した。

 レッドソックスは、7度目のワールドシリーズ制覇。テリー・フランコーナ監督になって、ワールドシリーズは、2回制覇。2回とも4連勝で制覇ししている。来季は、MVPのマイク・ローウェルが契約が切れる年、再契約してほしいが。
 ロッキーズは、来季に期待。だれも、FAやトレードで選手を失わないことを望む。松井稼頭央選手のリードオフマン、ホリデー、トッド・ヘルトンの長打、他の前後を打つ打者も魅力的。90打点以上が5人の強力打線。今日も、レッドソックスのリリーフ投手陣を打ち込んでいるので、打撃は、やはり素晴らしいチーム。

 第3戦、松坂投手の2打点タイムリーは、レッドソックス史上3人目だそうで、サイ・ヤング、ベーブ・ルースに次ぐ記録。ここでも、大物ぶりを発揮。

 あとは、サイヤング賞、MVPを誰が獲るか楽しみですね。

 過去の関連ブログ記事。

 ==>ワールドシリーズは、レッドソックス対ロッキーズ

 ==>ロッキーズ球団史

スポンサーサイト

レッドソックス王手_流れを切りたいロッキーズ 

 MLB2007のワールドシリーズ、ボストン・レッドソックスがコロラド・ロッキーズに3連勝。一気に王手をかけた。

 レッドソックスは、松坂投手の好投、打っても2打点タイムリーと大活躍。ロッキーズは、中盤から、粘りの打席で、四球を選び、投球数を増やして、なんとか交代させる作戦にでた。
 レッドソックスは、先制点は主軸の活躍、デービッド・オルティス、マイク・ローウェルのヒットで先制。6点をリード。1点差に追いあげられたが、新人のジャコビー・エルスバリー、守備では、フリオ・ルーゴが再三ピンチを救う活躍。チーム一丸となった勝利。

 ロッキーズは、松井稼頭央選手の打撃走塁の活躍、マット・ホリデーの本塁打、トッド・ヘルトンの粘って四球で出塁するなどで、中盤に追い上げたが。

 レッドソックスは、このままの流れで一気に決めたいところですね。
 ロッキーズは、打撃が上向いてきたので、連打での大量点がほしい、そんな感じですね。松井稼頭央選手の出塁、ホリデー、トッド・ヘルトンの長打、他の前後を打つ打者の活躍も必要。90打点以上が5人の強力打線に期待。今日も、レッドソックスのリリーフ投手陣を打ち込んでいるので、まだ、チャンスはあると思う。

広末涼子_話題の新CM 

 広末涼子さんが 「ブラジャーが透けるほど汗をかいた最後っていつだろう?。」と からだ巡茶CMでの冒頭で心の声を響かせる。
 CMは、コカ・コーラ×薬日本堂プロデュースの健康茶「からだ巡茶」の最新CM。
 テレビで拝見しましたが、爽やかな感じで、可愛いCM。少し、スリムな感じになりましたね。きれいなスリムなスタイル。フラフープの経験がない広末涼子さんは、きっと、一生懸命練習したのでしょう。
 CMを見ていると、なにか、健康になりそうな、もっと運動をしたくなりそうな感じがしますね。素敵なCMです。

 広末涼子さんは、小さい頃から、素敵なアイドルで、可愛い感じの女性でした。ヤングジャンプなどのグラビアで一躍有名に。すごく人気がありましたね。今は、女優さんで、少し大人っぽい感じに。素敵な女性。

 <広末涼子>ひろすえりょうこ、本名、岡沢涼子、1980年生まれ、高知県高知市出身、早稲田大学教育学部。所属、フォーラム。2004年結婚、2005年女優に復帰。CM「TSUBAKI」、ドラマ「ロングバケーション 」「オヤジぃ。」「ビーチボーイズ 」「できちゃった結婚 」、映画「鉄道員(ぽっぽや)」等。

WS_レッドソックスが初戦勝利_快記録続出 

 MLB2007のワールドシリーズ、ボストン・レッドソックスがコロラド・ロッキーズに快勝。13対1での圧勝。

 レッドソックスは、ジョシュ・ベケットが、先頭から連続4奪三振の力投、ダスティン・ペドロイアが先頭打者本塁打など、17安打13得点で、投手リレーもうまくいって、一方的な試合に。
 ロッキーズは、ジェフ・フランシスが、ベケットの快投にまどわされたのか、自分のピッチングが出来ずに打たれた。松井稼頭央選手は内野安打1本、打線も1点どまり、すこし、不安。でも、これからの自慢の打線が爆発することを期待。

 第2戦のロッキーズの打線の復活に期待。先発投手は、レッドソックスが、カート・シリング、ロッキーズが、ユバルド・ヒメネス。両投手とも、ポストシーズンは好調。

 数多くの記録が達成された。
 ベケットの先頭から連続4奪三振は、1963年のロサンゼルス・ドジャースのサンディ・コーファックスの先頭から5連続奪三振以来の記録。対ニューヨーク・ヤンキース戦で樹立、ミッキー・マントル、ロジャー・マリスなどが含まれている。
 ペドロイアの先頭打者本塁打は、初戦にかぎれば、史上2人目。1969年に、ボルティモア・オリオールズのドン・ビュフォードが達成。ビュフォードは、日本でもプレー、当時、太平洋クラブライオンズ、現在の西武ライオンズにあたる。

 初戦に13得点は、新記録。過去に、1932年のニューヨーク・ヤンキース、1996のアトランタ・ブレーブスが12得点。
 両チーム12二塁打は、MLB史上新記録。
 レッドソックスの8二塁打は、1906年のシカゴ・カブス、1925年のピッツバーグ・パイレーツ以来のタイ記録。
 レッドソックスのポストシーズン3試合連続10得点以上は、MLB新記録。
 ロッキーズのポストシーズン開始から7連勝でストップ、1976年のシンシナティ・レッズとナリーグタイ記録。ただし、レッズは、7勝無敗でシーズンを終了している。

ワールドシリーズは、レッドソックス対ロッキーズ 

 MLB2007のCHAMPIONSHIP、アリーグは、ボストン・レッドソックスがクリーブランド・インディアンスに、対戦成績1勝3敗から、粘りの3連勝でリーグ制覇。3年ぶり12回目のリーグ制覇。
 第7戦は、レッドソックスの松坂投手が3回まで完全にインディアンス打線を抑えこんだ。中盤、得点を許すも、1点リードで勝利投手の権利を得て降板。岡島投手、ジョナサン・パペルボンとリリーフ陣が好投。
 レッドソックス自慢の打線は、序盤に大量点のチャンスがありながら3点止まり。中盤に1点差に追い上げられたが、終盤、ダスティン・ペドロイアの2点本塁打・3打点二塁打の大活躍で勝利。今日は、脇役が大活躍。このまま行くと、手のつけられない打線になりそう。
 このシリーズのMVPは、ジョシュ・ベケット。松坂投手は、日本人初のポストシーズンでの勝利投手。

 アリーグがボストン・レッドソックス、ナリーグがコロラド・ロッキーズ。
 ボストン・レッドソックスは、投打に安定している。打線は、デービッド・オルティス、マニー・ラミレス、マイク・ローウェルを中軸に強力。投手陣も、ジョシュ・ベケット、カート・シリング、松坂投手、ティム・ウェークフィールドと先発陣が安定、リリーフ陣も、岡島投手、ジョナサン・パペルボンなど安定している。
 コロラド・ロッキーズは打撃のチーム、打撃陣は、今シーズンは、レッドソックスよりも強力打線。マット・ホリデー、トッド・ヘルトン、ギャレット・アトキンズの中軸に、ウィリー・タベラス、松井稼頭央選手のリードオフマン、6、7番のトロイ・トゥロウィッキー、ブラッド・ホープも長打力がある。抜け目のない打線。投手陣はあまり期待できないが、ポストシーズンは好投している。エース、ジェフ・フランシスに期待。中継ぎ、クローザーの頑張りに期待。

チェン・チュー 

 10月21日、日本テレビ系の「爆笑100分テレビ!平成ファミリーズ」の出演していた女性。可愛い純粋な感じで、きれいなスタイルでしたね。長い髪、その女性が、チェン・チューさんです。
 永谷園のCMでも、お馴染みです。可愛い姿が印象的ですね。

 チェン・チューさんは、中国の出身の女性、中国の大連歌舞団で活躍していて、ホリプロにスカウトされた。今では、日本語もペラペラだそうです。
 今後の目標は、「北京五輪のレポータとして中継したい。」、「バラエティーは大好き。テレビドラマでも幅広いお仕事を経験したいと思います。」と。


 <チェン・チュー>陳屈、アイドル、女優、1986年生まれ、出身地、中国瀋陽、ホリプロ所属。身長169CM。TV「志村けんのだいじょうぶだぁII」「アイチテル」、CM、永谷園。

菊川怜_高級宝飾店のジュエリーをPR 

 女優の菊川怜さんが、高級宝飾店のジュエリーをPR。18日、高級宝飾店「ドゥ グリソゴノ(de GRISOGONO)」が、ザ・ペニンシュラ東京に日本初のブティックをオープン、お披露目会が開かれ、菊川怜 が出席した。イヤリングや指輪など総額約4000万円の同店のジュエリーを身に着けて「うれしい。持ち帰りたくなる」とご機嫌だったらしい。
 「ドゥ グリソゴノ(de GRISOGONO)」は、世界のトップセレブリティに愛用されているジュネーブの高級宝飾店。菊川は、2005年にアンバサダーとしてドゥ グリソゴノ(de GRISOGONO)のジュエリーをPR。今回は日本初のフラッグシップショップが誕生したことで店内を内覧したり、実際に彼女をイメージしてつくられた総額約4,000万円のジュエリーを着用しPRした。
 <アンバサダー>大使、使節。
 <フラッグシップショップ>服飾など小売業の系列店で、中心的存在の本店

 菊川怜さんには、ピッタリな感じですね。

 東レ水着キャンペーンガールに選ばれて、その後、CMの女王として有名。女優としても、様々なドラマに出演。
 映画「ゴジラ FINAL WARS」、「白い影」、「緑のクリスマス」等が印象に残っていますね。

 <菊川怜>きくかわれい、モデル、女優、埼玉県出身、オスカープロモーション所属。東京大学理科1類工学部建築学科(コンクリート工学専攻)。映画出演 2001年3月、ハリウッド映画「ダブル・デセプション~共犯者」、「ゴジラ FINAL WARS」、「真相報道 バンキシャ!」

岩崎千明_「めざにゅ~」新お天気キャスタ 

 岩崎千明キャスタは、この10月からフジテレビの「めざにゅ~」という朝の番組の土曜日の新お天気キャスタ。早くも、愛らしい童顔と抜群のスタイルで話題になっている。

 岩崎キャスタは、和歌山県関連のキャンペーンガール。ブログで、お店等を紹介している。
 「めざにゅ~」は2003年10月からのスタートした番組。杉崎美香キャスタがメインキャスタ。

 今年の8月、オーディション雑誌「月刊デ・ビュー」、「セント・フォース2008アナウンサー発掘プロジェクト」で合格。その2週間後には、フジテレビの面談を受け、キャスターとして抜擢されたらしい。人気キャスタになると、期待されている。

 このような、未来の人気女子アナを発掘するオーディションは、民間気象予報会社「ウェザーニュース」、「クリエイティブ・メディア・エージェンシー」などで、行われているらしい。

 ご活躍を期待しています。

 <岩崎千明>いわさきちあき、1984年生まれ、出身地、和歌山県、甲南女子大学文学部卒業。所属、セント・フォース。「めざにゅ~」土曜日天気予報担当。夏の全国高校野球CMキャンペーンガール、初代「アパマンショップ」、和歌山市観光キャンペーンスタッフ「アゼリア」、 和歌山県観光キャンペーンスタッフ「きのくにフレンズ」。

ロッキーズ_4連勝でナリーグ制覇 

 ナリーグのリーグ決定戦は、コロラド・ロッキーズがアリゾナ・ダイヤモンドバックスに4連勝で、初のナリーグ制覇。
 ロッキーズは、投手陣の健闘も光りますね。それに、松井稼頭央内野手の活躍、第4戦でも、1打点。二冠王のマット・ホリデーが、第4戦でも、3打点本塁打。このリーグ決定戦では、ヨルビト・トレアルバの活躍も見逃せない。
 最近22試合で21勝の驚異的なペース。信じられないペースですね。終盤、ポストシーズンで、これだけ勝つのも、ものすごい快記録。
 さて、ポストシーズンで、開始から7連勝となったロッキーズ。この開始から7連勝は、ナリーグのチームでは、1976年のシンシナティ・レッズの7連勝の記録と並んだ。
 ワールドシリーズでの活躍を期待。

 過去の関連ブログ記事。

 ==>CS_ロッキーズ連勝_1976年以来の大記録

 ==>松井稼が満塁弾猛打賞_ロッキーズ球団史

CS_ロッキーズ連勝_1976年以来の大記録 

 ナリーグのリーグ決定戦は、コロラド・ロッキーズがアリゾナ・ダイヤモンドバックスに連勝。あと2勝に迫った。
 ロッキーズは、投手陣の健闘も光りますね。ジェフ・フランシス、ユバルド・ヒメネスの先発陣の好投、リリーフ陣の頑張りも凄いです。
 打線は、そう、ウィリー・タベラスが復帰して、松井稼頭央内野手との1、2番コンビは最高ですね。とくに、松井稼頭央内野手の活躍は大きい。相手に、相当マークされて、接触も多い。今日の9回のプレー以外は、大活躍。
 そして、2番を打っていたパワーのある新人トロイ・トゥロウィッキーが中軸に。これで、打線の切れ目がなくなった。二冠王のマット・ホリデー、至宝トッド・ヘルトン、ギャレット・アトキンズのクリーンアップに、トゥロウィッキー、ブラッド・ホープの6、7番も強力。
 一気にホームで、あと2勝して、初のナリーグチャンピオンになってほしい。
 そして、最近20試合で19勝の驚異的なペース。
 さて、ポストシーズンで、開始から5連勝となったロッキーズ。この開始から5連勝は、ナリーグのチームでは、1976年のシンシナティ・レッズ以来の記録。当時は、フィラデルフィア・フィリーズに3連勝、そして、ワールドシリーズで、ニューヨーク・ヤンキースに4連勝で、開始から7連勝で、負けなしワールドシリーズ制覇のナリーグ記録に次ぐ記録。あの、ビッグ・レッド・マシンのシンシナティ・レッズの黄金時代に並びました。凄いです。
 うん、このまま、11連勝で、ワールドシリーズ制覇なんてことにもなりそう。

Oha!4 

 NTVの朝の情報番組、Oha!4。朝早いけど、見れるときは、必ず見ている。なんとなく、爽やかな明るい楽しい番組。可愛いきれいなキャスター陣が素敵ですね。朝なので、まだ眠いときや、気分のすぐれないときに、見ていると、元気になりそうですね。
 メインキャスタは、松尾英里子アナ、脊山麻理子アナ、山本舞衣子アナ。松尾英里子アナ、脊山麻理子アナは、優しい感じで爽やか、山本舞衣子アナは、知的な感じで素敵ですね。
 中田有紀キャスタは、クールな感じで知的な感じ。松岡洋子キャスタは、以前より痩せた感じ、スリムな感じがしますね。
 NEWSも的確で、内容も易しい感じに説明してくれる。女性アナ、女性キャスタの途中の会話が楽しい。お菓子の話など。爽やかな感じ。

 <松尾英里子>1982年生まれ、出身地、群馬県、早稲田大学商学部。日本テレビ。
 <脊山麻理子>1980年生まれ、出身地、東京都、慶應義塾大学環境情報学部、109のキャンペーンガール。日本テレビ。
 <山本舞衣子>1978年生まれ、出身地、神奈川県、東京大学医学部健康科学・看護学科、ミス東大。日本テレビ。
 <中田有紀>1973年生まれ、出身地、東京都、日本大学藝術学部放送学科。フリーアナ、セント・フォース。
 <松岡洋子>1979年生まれ、出身地、東京都、実践女子短期大学、ミス実践女子大学。フリーアナ、セント・フォース。

松井稼が満塁弾猛打賞_ロッキーズ球団史 

 DSシリーズ第2戦、コロラド・ロッキーズの松井稼頭央内野手が、フィラデルフィア・フィリーズ戦で大活躍。二塁打、満塁本塁打、三塁打で5打数3安打5打点2得点。4回の満塁弾は、決勝弾となる。「打った瞬間、入ると思った。」と、本人の言葉。
 昨日は、まったくいいところがなった松井。今日は、塁に出れば、あとは、クリーンアップが打ってくれる、自分は、塁をかき回すこと、そんな思いだったのだろう。
 今季は、104試合で84得点と、リードオフマンとして立派な成績。打率も.288で、32盗塁。なにか、ロッキーズのチームカラーに合いますね。打撃チームの中の松井は、ぴったり来ますね。
 これで、ロッキーズは、2連勝。あと1勝で、初のナリーグチャンピオンシップに進出する。

 ロッキーズは、1993年に創設。打撃チームですね。
 1993年、観客動員数448万人。MLBレコードを更新。アンドレス・ガララーガが打率.370で首位打者。
 1995年、77勝67敗。ワイルドカードでプレイオフ。DSシリーズでアトランタ・ブレーブスに敗れる。ダンテ・ビシェットが40本塁打128打点で本塁打打点の二冠王。
 1996年、アンドレス・ガララーガが47本塁打150打点で本塁打打点の二冠王。アンドレス・ガララーガ、エリス・バークス、ビニー・キャスティーヤの3人が40本塁打以上。MLB史上2度目。
 1997年、ラリー・ウォーカーが49本塁打で本塁打王。アンドレス・ガララーガが140打点で打点王。ラリー・ウォーカー、アンドレス・ガララーガ、ビニー・キャスティーヤの3人が40本塁打以上。MLB史上3度目。
 1998年、ラリー・ウォーカーが打率.363で首位打者。
 1999年、ラリー・ウォーカーが打率.379で首位打者。
 2000年、トッド・ヘルトンが打率.372、147打点で首位打者打点の二冠。
 2001年、ラリー・ウォーカーが打率.350で首位打者。
 2003年、プレストン・ウィルソンが141打点で打点王。
 2004年、ビニー・キャスティーヤが131打点で打点王。
 2007年、90勝73敗。ワイルドカードでプレイオフ。マット・ホリデーが打率.340、137打点で首位打者打点の二冠王。

佐藤良子アナが職場結婚 

 日本テレビの佐藤良子アナウンサー(27)が、職場結婚していた。お相手は、同局の報道局員(38)の方で、年の差11歳のカップル。きっかけは、佐藤アナが以前担当していた「NNNきょうの出来事&SPORTS MAX INDEX」で、Aさんと一緒に仕事をしたことがきっかけとなり交際がスタート。9月下旬に入籍した。出会いから4年、お互いの人柄に惹かれあって、ゴールイン。

 実力派の美人アナ、セミロングの髪で、真面目そうな感じに見えた。ニュースからバラエティーまで硬軟自在のアナウンスぶりは高い評価を得ているらしい。
 自分で、性格はストレートと言っている、最近は、囲碁の面白さを分析中とか。
 唯一、「アナちゃん劇場」では、宮崎宣子アナや山本舞衣子アナらと出演、アナウンサーの出演する番組では、少し過激な番組だったらしい。でも、若い頃で、ご愛嬌の番組かな。
 「所さんの目がテン!」では、愛嬌もあって、楽しい感じに見えた。いろんな衣装や、いろんなレポートで。反面、番組では、しっかりした進行で、知的な繊細な女性にも見えた。
 ご結婚、入籍、おめでとうございます。末永くお幸せに。

 <佐藤良子>さとうりょうこ、1980年生まれ、出身地、山口県、徳山高校、東京外国語大学外国語学部。TOEIC、英語、スペイン語が得意。5歳から7歳まで、アメリカコネチカット州に在住。「所さんの目がテン!」、「ズームイン!!SUPER」、「NNNきょうの出来事」。同期には宮崎宣子アナや山本舞衣子アナ。

MLBレギュラーシーズン終了 

 プレイオフは、アリーグが、地区優勝のレッドソックス、インディアンス、エンゼルス、ワイルドカードのヤンキース、ナリーグが、地区優勝のフィリーズ、カブス、ダイヤモンドバックス、ワイルドカードのロッキーズ。
 しかし、今季は、ナリーグが大混戦でしたね。最後に、ワイルドカードプレイオフで、ロッキーズがパドレスに延長で勝利という結末。試合は、13回に2点を追って、上位打線の連打で勝利。マット・ホリデーの三塁打で同点に、最後、犠牲フライでサヨナラ勝ち。
 アレックス・ロドリゲスが54本塁打156打点で本塁打打点二冠、マット・ホリデーが首位打者と打点王の二冠。
 アリーグのジョシュ・ベケットが20勝で最多勝、ナリーグは、ジェイク・ピービが19勝6敗、防御率2.54、奪三振240と、最多勝、防御率、奪三振を独占。
 カーチス・グランダーソンとジミー・ロリンズが20二塁打20三塁打20本塁打20盗塁を達成、史上3、4人目の快挙。
 プリンス・フィルダーが50本塁打で、父セシル・フィルダーと共に親子で50本塁打の快挙。
 アリーグのチームの方が、投打ともに安定したチームが多いような気がしますね。DSは、レッドソックス、ヤンキースが有利かな。ナリーグは、大混戦だったので、各チームとも勢いがありそうです。特に、フィリーズ、ロッキーズの勢いが気になりますね。どちらも、ナリーグ屈指の打撃チーム。 

くずきりそうめん_黒糖 

 「くずきりそうめん黒糖」生菓子。
 今回も、旅の思い出に、お菓子を紹介します。同じお店で買いました。
IMG_0268_b1.jpg

 パッケージには、「お召し上がりの節は、切口から切って、別の器に移して、成熟した味をお楽しみください。蜜は濃縮されておりますので夏期は冷水または、氷でお好みの甘さに調整してお召し上がり下さい。なお、生物ですのでお早くお召し上がり下さい。」と書いてあります。
IMG_0274_b1.jpg

 冷たい氷と一緒に食べると格別です。甘い蜜の味がします。くず餅も歯ごたえがあります。5ミリくらいの幅で、口にはちょうど手ごろの大きさです。熟した甘味という感じですね、甘いもの好きな方には、最高に美味しいでしょう。
IMG_0275_b1.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。