スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPシリーズの歴代日本女子選手の優勝 

 GPシリーズ2007が行われていますが、過去の日本女子選手の優勝者は以下の通り。

 2002年 
  ボスロスト杯   恩田美栄優勝
  NHK杯     恩田美栄優勝

 2003年
  NHK杯     村主章枝優勝
  *GPファイナル 村主章枝優勝

 2004年
  NHK杯     荒川静香優勝

 2005年
  フランス杯    浅田真央優勝
  HNK杯     中野友加里優勝
  *GPファイナル 浅田真央優勝

 2006年
  スケートアメリカ 安藤美姫優勝
  HNK杯     浅田真央優勝

 2007年(現在開催中)
  スケートカナダ  浅田真央優勝
  フランス杯    浅田真央優勝

 注)ボスロスト杯はドイツ杯で、現在は中国杯に変更になっている。

 GPファイナルで優勝したのは、村主章枝選手と浅田真央選手。
 でも、好成績ですね。今は、日本女子は、黄金時代なのですね。

 2007GPファイナルを、日本人選手が制覇して欲しいです。今年優勝して、ロシアの3回に並びたいところです。
 
 GPファイナル優勝の国別回数
  1位 アメリカ 4回
  2位 ロシア  3回
  3位 日本   2回

スポンサーサイト

観月ありさ 

 観月ありささんは、ドラマ「ナースのお仕事」、「鬼嫁日記」など有名な女優さん。「ナースのお仕事」の、あの明るい感じのキャラクターが可愛いですね。「鬼嫁日記」のちょっと、勝気な感じも可愛い。

 4才でCMに出演して、当時は、知る人ぞ知る、存在だったそうです。
 宮沢りえ、牧瀬里穂とは、当時『3M』と称される売れっ子。CMなどでも有名。白いシャツで口笛を吹くレナウンのCMで、注目される。

 当時は、166CMで股下が86CMといわれて、驚異的なプロポーション。歌手としても才能があり、「伝説の少女」で、日本レコード大賞新人賞を受賞。

 レコードを出して、こんなコメント。「役者は他人を演じなかればならないが、歌手は自分自身でしかないから…惹かれる。」。

 中学生時代は、売れっ子で、働く中学生として多忙を窮める。大人びた女性に見えるが、漫画好きで、幼い表情をみせたらしい。

 今は、個性的な女優さんですね。  

 <観月ありさ>みづき ありさ、女優、歌手、東京都、驚異的なプロポーション、「ナースのお仕事」、「鬼嫁日記」、伝説の少女、日本レコード大賞新人賞を受賞。CM、フジカラー、レナウンなど。

2007MLB_受賞者 

 <MVP>
 アリーグ
 アレックス・ロドリゲス ニューヨーク・ヤンキース 本塁打&打点の二冠王、54本塁打156打点、143得点と、驚異的な記録。2位以下を引き離して受賞。
 ナリーグ
 ジミー・ロリンズ フィラデルフィア・フィリーズ 20二塁打20三塁打20本塁打20盗塁を達成、139得点、41盗塁の大活躍。30本塁打もリードオフマンとしては驚異的。コロラド・ロッキーズの二冠王マット・ホリデーを小差で抑える。

 <サイヤング賞>
 アリーグ
 C.C.サバシア クリーブランド・インディアンス 19勝7敗、防御率3.21。投球回数が241イニングとリーグ最多。安定感抜群の働き。ボストン・レッドソックスの唯一の20勝投手ジョシュ・ベケットを抑える。
 ナリーグ
 ジェイク・ピービー サンディエゴ・パドレス 19勝6敗、防御率2.54、奪三振240の投手三冠王、2位以下を大きく離す。

 <新人王>
 アリーグ
 ダスティン・ペドロイア ボストン・レッドソックス 打率3割をキープして、リードオフマンとして活躍。地区優勝に貢献。
 ナリーグ
 ライアン・ブラウン ミルウォーキー・ブルワーズ 規定打席不足ながら、打率.324、34本塁打、97打点と、脅威の長打力。コロラド・ロッキーズのトロイ・トゥロウィッキーを大接戦の末抑えて受賞。 

ほしのあき_明るいイメージの彼女が意外な違う面を告白 

 映画『フライボーイズ』の“特別宣伝部長”に就任したタレントのほしのあきさん。
 
 偶然の出会いから生まれる運命の愛について聞かれると、「偶然に出会ってどこまで仲良くなれる分からないですね。意外と人見知りなんで……」、「例えば、男性が夢を抱いてどこかに行くって言ったら、わたしも絶対ついていきますね。本当に寂しがりだから、離れ離れは想像できません!」とのこと。
 明るいイメージの彼女のが、意外と、違う面を告白してくれた感じですね。

 ほしのあきさんは、グラビア系アイドルだったのですが、最近は、タレント、女優もこなしていますね。
 ティーンズ雑誌『プチセブン』でデビュー、その後、「最年長グラビアアイドル」というキーワードを使い出し、テレビ番組に進出。

 明るくて、可愛いですよね。イメージとして、「かわいい」、「セクシー」、「あどけない」なんて感じでしょうか。

 <ほしのあき>星野亜希、東京都、1977年、グラビア系アイドル、タレント、女優。プチセブン、笑っていいとも、都立水商、バラエテイ。

中日・福留の争奪戦 

 中日・福留選手がFA宣言。巨人、阪神、そして、MLBの各球団も興味を示している。

 巨人は、1番打者が欲しい、高橋を中軸に置きたい。
 阪神は、外野陣の故障が多く、ポスティリング移籍の贅沢な資金がある。

 MLBでも、以下の球団が興味を示す。
 テキサス・レンジャーズが、外野手で1番を打てる選手を探している、アレックス・ロドリゲスのヤンキースに支払う金額がなくなったという資金がある。
 シカゴ・カブスは、ルー・ピネラ監督が興味を示している。
 サンフランシスコ・ジャイアンツは、バリー・ボンズのFA宣言で外野手が欲しいところ。
 サンディエゴ・パドレスは、GMが、アマ時代から知っているようで、獲得に乗り気。
 ロサンゼルス・ドジャースは、ルイス・ゴンザレスのFA宣言で外野手が欲しいところ。

 中日は、福留選手が話したいのであれは、話に応じるらしい。交渉の条件は見直さないとのこと。

 でも、どこに決まるのか。気になるところ。

ジュスティーヌ・エナン_ツアー選手権 

 ジュスティーヌ・エナンは、女子テニスのツアー最終戦、ツアー選手権の準決勝進出を決めた。イエロー・グループで2連勝をして、2006年にも優勝しているので、2連覇を狙うことになる。
 この大会の出場選手は、世界ランク上位8名で、4人づつの2組に分かれて総当たり戦を行い、各組の上位2名が決勝トーナメントに進出し、準決勝、決勝を行う。
 
 エナンは、2000年頃から頭角を現す。4大大会、2001年のウィンブルドン選手権(全英オープン)で決勝に進出。ビーナス・ウィリアムズに1-2で敗れて準優勝。この頃、あの細い身体で、速い球を打ち、華麗なフットワーク、片手打ちのバックハンドが特徴でしたね。負けん気の強そうな感じが印象的ですね。ほんとに、あんな細い身体に凄いパワーがあるとは思えない感じでした。

 その後は、4大大会の2003年全仏オープン、2003年USオープン(全米オープン)、優勝を飾る。2004年全豪オープンで優勝。残りは、ウィンブルドン選手権(全英オープン)だけとなった。現在世界ランクも1位。
 アテネ五輪でも、金メダルを獲得。

 ベルギー スポーツマンオブザイヤーを2003年、2004年、2006年受賞。

 これからも、相手を圧倒するような試合で、世界ランク1位をキープしてほしいですね。

 <ジュスティーヌ・エナン>Justine Henin、ベルギー、1982年生まれ、4大大会の優勝回数、全豪(1回)、USオープン(全米オープン)(2回)、全仏(4回)。

日下部智子_伊藤園レディース 

 LPGA公認、第23回「伊藤園レディースゴルフトーナメント」が11月9日から11日の3日間で行われます。
 期待したいのは、やっぱり、日下部智子プロ。伊藤園所属プロなので、頑張ってほしい。他の2人、塩谷育代プロ、馬場由美子プロの活躍も期待。

 日下部智子プロは、昨年、本大会9位タイなので、期待してしまう。今年は、「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」で2位、最近では、「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」、「ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント」、「富士通レディース」等で、15位から20位前後と活躍。
 今年の目標の「初優勝」「初シード」に向けて頑張ってほしいですね。
 日下部智子プロのプロフィールによると、「プロテストの最終日が彼女の誕生日で、自らに「最高のバースデープレゼント」を送ることになった。」、「「ショットをビタビタとバーディーチャンスにつけられるような選手になりたい」と、魅せるプロをめざしている。」。

 ちなみに、自宅では犬を2匹飼っている。甥っ子と遊ぶのが楽しいらしい。

 <日下部智子>くさかべともこ、1980年生まれ、出身地、埼玉県、所属、伊藤園

松木里菜_湯川あき子 

 チューリッヒ自動車保険のCMに出演している女性。現在、放映されいるCMは、松木里菜さん。2003年からだと思いますが、その頃が湯川あき子さんですね。
 素敵なCMですね。つい、目にとまってしまう感じ。

 松木里菜さん、保険の内容を説明している女性。きれいな女性、素敵な女性ですね。可愛いきれいな声。爽やかな感じの女性。

 湯川あき子さん、オペレーターとして上手な対応をする女性。素敵な笑顔、声が可愛い感じでした。あの丁寧な感じの対応、優しい感じで素敵でしたね。

 <松木里菜>まつきりな、1984年生まれ、エヌフォースプロモーション、「オビラジR」、CM、「チューリッヒ」
 <湯川あきこ>ゆかわあきこ、1971年生まれ、大河ドラマに出演、「独眼竜政宗」、CM、「チューリッヒ」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。