スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好調カージナルス_ホワイトソックス善戦 

 MLB2008。4月。

 2006年のワールドシリーズ制覇のセントルイス・カージナルス 、2005年の世界一ワールドシリーズ制覇のシカゴ・ホワイトソックスが、今季は好調のスタートを切っている。カージナルスは、首位とゲーム差なしの2位、ホワイトソックスは首位。

 カージナルスは、昨季地区3位、一昨年のワールドシリーズ制覇のチーム。今季は、主軸スコット・ローレン、リードオフマンのデービッド・エクスタイン、パワーヒッターのジム・エドモンズを放出、投手の先発2本柱のクリス・カーペンターとマーク・マルダーの離脱で、苦戦するのではと思われたが、好調な序盤戦。
 2006年に新人で急遽クローザー役をしたアダム・ウェインライト、トレードで移籍のカイル・ローシュ、クローザーから移籍後先発に回ったブレイデン・ルーパーなど、予想以上の好成績。打撃は、主砲のアルバート・プホルスが及第点、移籍の元本塁打王トロイ・グラースが21打点でチームの打点王、投手から打者に転向したリック・アンキールもまずます。この3人のクリーンアップのほか、レギュラーになって浅いスキップ・シューメイカー、若いブライアン・バートンの2人が3割をキープ。
 最後まで、この調子で行けるか。主力投手の復帰があれば、期待できそう。シカゴ・カブス、ミルウォーキー・ブルワーズなどとの争いか。

 ホワイトソックスは、2005年ワールドシリーズ制覇のチーム。2006年は、接戦でプレイオフ出場ならず、昨年は、投打が噛み合わなかった。2005、2006年のあの強力な打撃陣を思い出してしまう。
 今季は、投手防御率がリーグ2位と好調。ジョン・ガーランドは放出したものの、ハビエル・バスケスなどが活躍。
 打撃は、チーム本塁打がリーグ断トツの首位。2005、2006年ころのようなペース。A.J.ピアジンスキーの開幕当初の猛打、クリーンアップのポール・コナーコ、ジム・トーミ、ジャーメイン・ダイが好調、パワーが復活したジョー・クリーディは現在リーグの本塁打王、移籍して来た若いカルロス・クエンティンもパワー炸裂。
 同地区には、デトロイト・タイガース、クリーブランド・インディアンスと強豪がいるが、従来の打線にもどれば、プレイオフも可能かもしれない。

 昨季のチーム関連記事。
 ==>アンキール_復帰戦でホームラン

スポンサーサイト

海外のサッカーの話題_終盤戦で大混戦 

 海外のサッカー2007-08も終盤戦で大混戦。

 スコットランドのスコティッシュプレミアリーグ。中村俊輔選手、水野晃樹選手の所属するセルティックが、強豪グラスゴー・レンジャーズに3対2で勝利。勝ち点は、セルティック80点、レンジャーズは75点。ただし、レンジャーズが残り試合が3試合も多いため、微妙。しかし、この日の勝ちは、逆転Vに望みを繋いだ。

 イングランドのプレミアリーグ。そう、スターを集めて、盛り上がるリーグ。クリスティアーノ・ロナウド、フェルナンド・トレスなどの大型移籍で混戦、そして終盤に。
 チェルシーが首位のマンチェスター・ユナイテッドを2対1で破り、勝ち点でついに並んだ。しかし、得失点差で断然有利のマンチェスター・ユナイテッド。しかし、この日のチェルシーの勝利は、逆転Vに繋がる。

 フランスのリーグ・アン。ル・マンの松井大輔選手の2ゴールで、RCランスに勝利。大殊勲。しかし、松井大輔選手は、退団を表明。3つのクラブが獲得争奪戦。
 <獲得争奪戦のクラブ>
 サンテチエンヌ(フランス)リーグ優勝10回
 パリ・サンジェルマン(フランス)リーグ優勝2回
 ベンフィカ(ポルトガル)リーグ優勝31回
 どこに行くのか。

 アメリカのMLS。
 ロサンゼルス・ギャラクシーのデビッド・ベッカムが、ダービーに勝利した。同じホームのシーバスUSAに5対2で勝利。5点目の起点となった。FWのドノバンの3ゴールを大祝福。

 サッカー関連記事。
 ==>サッカー、決勝T進出

NBAのプレイオフ熱戦2008 

 NBA2008もプレイオフが始まって、熱戦が繰り広げられていますね。プレイオフの1回戦。

 ウエストは、昨季の王者サンアントニオ・スパーズがシャキール・オニールを加えたフェニックス・サンズに3連勝で1回戦突破に早くも王手。スパーズは連覇に向けて着実に前進。ティム・ダンカンも好調。サンズもスティーブ・ナッシュを中心に巻き返したいが、苦しい状態。
 ロサンゼルス・レイカーズも2勝。コービー・ブライアント、パウ・ガソルのコンビは絶好調。

 イーストは、ボストン・セルティックスが2勝。リーグ断トツの勝率でレギュラーシーズンを終了。ビッグ3の存在が大きい。
 昨季イーストを制したクリーブランド・キャバリアーズも2勝1敗でリード。レブロン・ジェームス中心のまとまったチーム。若いのにあのプレーは驚かされる。

 <サンアントニオ・スパーズ>
 ファイナル制覇4回。ツインタワーの時代から、過去9年間で4回制覇、スパーズ王朝とも称される。

 <ロサンゼルス・レイカーズ>
 ファイナル制覇14回。近年は、コービー・ブライアント、シャキール・オニールでファイナル制覇。過去にも、カリーム・アブドゥル=ジャバー、マジック・ジョンソンでファイナル制覇。

 <ボストン・セルティックス>
 ファイナル制覇16回。NBA最多。ビル・ラッセル、ラリー・バードなどの名選手在籍。1986年以来の制覇なるか。

 <クリーブランド・キャバリアーズ>
 ファイナル制覇0回。昨季、初のファイナル進出。1990年代、ブラッド・ドアティ、マーク・プライスなど、強豪にチームとなるが、ブルズの前に敗北。


 関連記事。
 ==>NBAウエストが大混戦に_ファイナルは

北京五輪_U23_死のB組突破へ 

 サッカー、U23代表合宿。北京五輪、死のB組に入った。オランダ、ナイジェリア、アメリカ。いづれも、強豪国ですね。日本は、まず、予選を突破したいところ。

 反町監督が、まずは、各国の「対戦国講座」を開講。対戦国の分析開始は、本番モードに突入したことを意味している。バス移動のビデオは、相手国のゴール集らしい。このビデオに対して、選手は、「あんな選手と試合をしないといけないのか。」「イメージが悪くなるので相手のゴールシーンはみないように。…。」など。

 反町監督は、「本番で驚かないように…、準備した。」とコメント。でも、日本も、力は十分あると思う。オランダリーグで活躍した平山選手など。

 <各国の注目選手>
 オランダ ロイステン・ドレンテ(レアル・マドリード)ライアン・バベル(リヴァプール)
 ナイジェリア ジョン・オビ・ミケル(チェルシー)
 アメリカ フレディ・アドゥ(ベンフィカ)

 北京五輪の関連記事。
 ==>2008日本選手権_女子背泳ぎ大混戦

松坂単独首位の4連勝_C・ジョーンズ現在三冠  

 MLB2008、4月18日。

 ボストン・レッドソックスの松坂大輔投手が4連勝、リーグの単独首位に。テキサス・レンジャーズ戦に登板、5回1/3、3失点、4奪三振。中盤に打たれたが、チームの打撃の援護もあって勝利投手。
 これで、4勝無敗で最多勝の単独首位、防御率3.14。奪三振28もリーグ首位。今季は、打線の援護もあるのか、順調に勝ち星を伸ばしてますね。最多勝の有力候補ですね。
 デービッド・オーティスが満塁本塁打、マニー・ラミレスは18打点でリーグ首位。これからも、打線の好調さ伺えますね。

 アトランタ・ブレーブスのチッパー・ジョーンズが絶好調。打率.455、6本塁打、18打点。すべてでリーグ首位、または、首位タイ。現在三冠王。
 ジョーンズは、1995年に新人レギュラー定着。野茂英雄投手と新人賞を争った。ブレーブス一筋で、通算打率.308、392本塁打、1317打点、1311得点。堅実な3割バッター、45本塁打を最高に、シーズン30本以上6回、6年連続100打点を含めシーズン100打点以上7回。得点も、四球も多い。今季は400本塁打まであと8本。
 ジョン・スモルツも絶好調だけに、地区優勝を期待。

 昨季の関連記事。
 ==>アトランタ・ブレーブス今季は巻き返し

ダイヤモンドバックス快進撃  

 MLB2008、4月16日。アリゾナ・ダイヤモンドバックスが快進撃ですね。投打ともに好調。

 投手陣は、ブランドン・ウェブが4連勝無敗、一昨年のサイヤング賞投手、今はチームのエース。移籍のダン・ハレンも2勝無敗、昨季アリーグのオールスター先発投手、安定感もある。それに、復帰した三振奪取王、ランディ・ジョンソン、5回7奪三振の快投。この3人がまともなら、ほぼ安心。それに、2年目のミカ・オーウィングズが3勝無敗の好投。もう、隙もない投手陣。

 打撃陣は、ジャスティン・アップトンが、打率.351、5本塁打と、リーグの上位。マーク・レイノルズとクリス・ヤングも5本塁打。チーム本塁打がリーグ1位、打率がリーグ3位。これなら、申し分ない。

 上位で独走しそうな勢いですね。

 ダイヤモンドバックスは、昨季チャンピオンシップで敗退。今季は、ワールドシリーズ制覇が目標。2001年に、ニューヨーク・ヤンキースと死闘の対決で、第7戦に主砲ルイス・ゴンザレスのサヨナラ打でワールドシリーズ制覇。投手は、ランディ・ジョンソンとカート・シリングの豪腕2人。今年は、チャンスかも。

 昨季の関連記事。
 ==>B・ウェブ_24イニング連続無失点

アレックス・ロドリゲス_史上15位521号 

 ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲスが4月14日のタンパベイ・レイズで、5打数4安打1本塁打1打点の活躍。チームも勝利。

 ロドリゲスが久々の活躍で、通算本塁打512本として、史上15位タイに浮上。15位タイには、テッド・ウィリアムス、ウィリー・マッコービー。

 テッド・ウィリアムスは、元ボストン・レッドソックスの至宝。1941年には打率.406で、最後の4割バッター。首位打者6回、本塁打王4回、打点王4回。三冠王2回。欠場した試合も多く、フルに出場していれば、とてつもない記録を残したと言われる。

 ウィリー・マッコービーは、元サンフランシスコ・ジャイアンツの主砲。ウィリー・メイズ(通算660本塁打)とともに「MM砲」といわれる。本塁打王3回、打点王2回。1960年代は、ホームランで常にリードしていた。

 アレックス・ロドリゲスは、40本塁打以上8回、50本塁打以上3回。50本塁打以上3回は、史上4人目。1998年には、40本塁打40盗塁の快挙も達成。
 今日の本塁打で、ヤンキースで177本目の本塁打。これは、チームでは9位。1970年ころの主砲ボビー・マーサーと並ぶ。得点も、ヤンキースで通算500得点。今日の4安打で、キャリアでは36試合目の4安打以上の試合となった。

 どんどん記録を伸ばしてほしいですね。

 過去の関連記事。
 ==>A・ロドリゲスが50、51号

2008日本選手権_女子背泳ぎ大混戦 

 15日に北京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権。五輪出場には、各種目2位以内、派遣記録の突破が条件。

 なかでも、混戦が予想されるのが、女子背泳ぎ。

 第一人者は、中村礼子選手。2007世界選手権100Mと200Mで、銅メダルを獲得。今年2月には、短水路200Mで世界記録を更新。この勢いで、選考会に望む。アテネ五輪出場。
 ベスト、100M=1分00秒29、200M=2分08秒54

 寺川綾選手。アテネ五輪出場。アテネ五輪では不満のレースだったようで、後悔しており、このままでは、終われない、と凄い意気込み。
 ベスト、100M=1分01秒38、200M=2分11秒27

 伊藤華英選手。4年前、選考会で、涙を呑んだ。中村礼子選手を一番のライバルをあげる。いままでの経験を見せ付けたいところ。
 ベスト、100M=1分00秒62、200M=2分09秒15

 他にも、100Mでは、短水路100Mの日本記録保持者の若い酒井志穂選手、200Mでは、若い福田智代選手が期待される。

 まさに、激戦区。

 北京五輪選考関連記事 

 ==>北京五輪女子マラソン_残る1枠

本仮屋ユイカ_ビヨンド・ザ・ブレイク 

 本仮屋ユイカさんが、アメリカドラマ「ビヨンド・ザ・ブレイク」のレイシー役の日本語吹き替えを努めた。声優初挑戦。この番組は、テレビ朝日系、12日スタート、深夜番組。

 都内で、女優の本仮屋ユイカさんや、クリスティーナさんなどが会見を行った。

 女優の本仮屋ユイカさんは、「以前から興味があったので、うれしかったが、…思ったより難しかった」とコメント。

 主題歌は、元ORANGE RANGEのKATCHANの率いるバンド「KCB」が歌う「A RIZE」。

 本仮屋ユイカさんは、スリムな感じで、可愛いですよね。声優初挑戦、頑張ってほしいですね。

 <本仮屋ユイカ>もとかりやゆいか、東京都出身の女優。スターダストプロモーション。NHK朝の連続テレビ小説「ファイト」で主役。「金八先生」「薔薇のない花屋」。日本大学藝術学部在学中。北川景子さんは同じ事務所。貫地谷しほりさんとは親友。

 声優関連記事 

 ==>堀北真希_アフレコで悪戦苦闘?

エンゼルス・ダイヤモンドバックスが本塁打攻勢で勝利 

 ロサンゼルス・エンゼルスとアリゾナ・ダイヤモンドバックスが豪快のホームラン攻勢でチームに勝利を導いた。

 エンゼルスのトリー・ハンターが、9回、今日2本目の4号満塁本塁打でサヨナラ勝ち。9回表に逆転されていただけに、歓喜のサヨナラ弾となった。
 ハンターの4本塁打はアリーグ単独首位。守備力は絶品、ゴールデングラブ7年連続受賞、あのホームラン性の当りをもぎ取るシーンは凄いですね。守備では、イチロー選手と並ぶリーグでも双璧。打撃もパーワーはかなり評価されている。25本塁打100打点程度は残す中軸打者。今季は、ミネソタ・ツインズから移籍。ウラジーミル・ゲレロ、ギャレット・アンダーソン、ゲリー・マシューズらとともに長打力を期待されている。エンゼルス優勝の鍵を握る選手。
 
 ダイヤモンドバックスは、マーク・レイノルズの2本塁打、クリス・ヤングの本塁打で勝利。投手は、オークランド・アスレチックスから移籍してきたオールスター投手ダン・ハレンが勝ち投手。投手力が自慢のチーム。ハレンの他、2006年サイヤング賞ブランドン・ウェブ、故障中の奪三振王ランディ・ジョンソンが復活すれば万全。弱いと思われた打線も、レイノルズ、クリス・ヤングがともに4本塁打でナリーグ本塁打のトップ。ジャスティン・アップトンも3本塁打と、本塁打はダントツの数。

 日本人では、福留選手が打率.458でナリーグ2位。もう、シカゴ・カブスの主軸ですね。松井秀喜選手が打率.375でアリーグ12位、ニューヨーク・ヤンキースでは、今、最も頼りになる選手になっていますね。

 昨季関連記事 

 ==>B・ウェブ_24イニング連続無失点

中島美絵子_結婚 

 中島美絵子初段が、結婚されました。おめでとうございます。末永くお幸せに。

 中島美絵子初段が司会・聞き手を行う、第56回NHK杯囲碁トーナメントが始まりました。今年は、誰が優勝するのでしょうか。
 今年第一回目の放送で謝依旻女流本因坊・女流名人は、惜しくも敗れた。

 中島美絵子初段は3年連続の担当になる。NHK杯囲碁トーナメントの司会・聞き手で3年連続は凄いですね。

 最近の司会・聞き手は2年が多かったですよね。遡ると、青葉かおり四段、万波佳奈四段、稲葉禄子アマ六段、穂坂繭三段、梅沢由香里女流棋聖、原幸子四段…。

 中島美絵子初段は、平成15年に入段。日本棋院東京本院所属。平成12年13年に全日本女流アマ選手権優勝と2連覇。平成18年よりNHK杯囲碁トーナメントの司会・聞き手担当。

 囲碁関連記事 

 中島美絵子初段結婚の記事は、==>囲碁スターナインのページより

フィギュア_ジャパンオープン2008 

 今年のフィギュアスケートの最終戦となる、「ジャパンオープン2008」(20日、さいたまスーパーアリーナ)。 
 この大会の会見が行われ、世界フィギュア金メダルの浅田真央選手、世界フィギュア4位の高橋大輔選手が出席。

 この大会は、日本、欧州、北米の3地域の男女が2人づつ団体戦形式で対戦する。過去日本が2連覇。

 浅田真央選手は、「気持ちを引き締めて悔いの残らないように頑張る。」と宣言。北米には、全米選手権チャンピオンの長洲未来選手が出場。「恐るべき14歳」といわれる、今後の若手。来年からシニアに出るが、今回が初対決。

 浅田真央選手も、長洲未来選手を「…小さい頃の自分みたい…、負けないようにしないと。」と、ライバル意識を出していた。

 高橋大輔選手は、「ベストを尽くしたい。」と。四大陸選手権では優勝しているだけに、期待も大。

 最後の試合だけに、ベストを尽くしてほしいですね。真央ちゃんを応援しましょう。 

 フィギア関連記事 

 ==>GPシリーズの歴代日本女子選手の優勝

MLB_クラッチヒッター本塁打攻勢 

 MLB2008年4月。今季大型補強をしたヒューストン・アストロズ。主砲のランス・バークマンが9回に起死回生の3打点本塁打で逆転勝ち。今季チームに初勝利をプレゼント。投手力の好いサンディエゴ・パドレスの投手陣を打ち砕いての勝利。バークマンは、3割40本塁打120打点100四球は達成できる好打者。今後の活躍に期待。チームには、昨季チームの打点王カルロス・リー、移籍してきたミゲル・テハダと、100打点確実の3人が揃った。ナリーグ中地区の優勝も狙える。投手力次第か。

 同じ地区のシンシナティ・レッズも、エドウィン・エンカーナシオンの3打点本塁打でサヨナラ勝ち。このチームも、600号にあと7本の至宝ケン・グリフィー、ブランドン・フィリップス、4年連続40本塁打アダム・ダンと、本塁打に関してはリーグトップクラス。このチームも面白い存在。投手力が不安も、名将ダスティ・ベーカー監督で、チームは復活するか。

 同じ地区の一昨年のワールドチャンピオンのセントルイス・カージナルス。過去にサイヤング賞を受したクリス・カーペンター、過去20勝以上をしたマーク・マルダーの復調が鍵を握る。打線は、ちょっと主軸を放出して戦力ダウン、しかし、三冠王に一番近い男アルバート・プホルス、移籍して来た2000年の本塁打王トロイ・グラース、投手から外野手に転向した強打のリック・アンキールは、好調なら脅威のクリーンアップ。今日は、プホルスは2打数2安打1打点3四球、アンキールは今季1号本塁打。グラース、アンキールが好調なら、プホルスとの勝負も増えるので、得点増も望める。面白い存在。

 ナリーグ中地区は、シカゴ・カブス、ミルウォーキー・ブルワーズと、上記の打撃チームが多くて、面白い地区になりそう。

 ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲスは、早くも今季1号本塁打、ボストン・レッドソックスも松坂投手が初勝利、日本での投球とは違っていた。チームの主砲デービッド・オーティスも本塁打。チームも3勝1敗。

 イチロー選手は3試合で4安打、計算上では200安打ペース。こちらも、気になりますね。

 昨季関連記事 

 ==>プホルス、ラミレスが怪我から復帰

 ==>アンキール_復帰戦でホームラン

MLB本土開幕_注目のカード 

 シアトル・マリナーズ対テキサス・レンジャーズ。5対2でマリナーズの勝利。終盤、ラウル・イバネス、エイドリアン・ベルトレのタイムリーで逆転し、守護神J.J.プッツでそのまま逃げ切った。
 この試合は、安打製造機同士の対決、過去7年連続200安打のマリナーズのイチロー外野手は無安打、過去5年連続200安打のレンジャーズのマイケル・ヤングは3安打。打撃に関しては対照的なスタート。この2人は、怪我をしなければ200安打記録を更新しそう。
 マリナーズは、先発が、ボルティモア・オリオールズが獲得した豪腕のエリク・ビダード、5回5奪三振、4四死球とコントロールはよくなかったが、1失点に抑えた。これからに期待。17、8勝、250奪三振を期待。移籍して4年目のベルトレには、40本塁打を期待。

 シカゴ・カブス対ミルウォーキー・ブルワーズ、延長戦で4対3でブルワーズの勝利。福留孝介外野手の9回の起死回生の3打点本塁打を含む、3打数3安打3打点1四球の大活躍。カブスファンには、今後の期待が掛かりますね。ブルワーズは、エースのベン・シーツが好投、昨季のナリーグ新人王のライアン・ブラウンも先制打と活躍。
 カブスは、一昨年40本塁打40盗塁のアルフォンソ・ソリアーノ、2005年首位打者デレク・リー、ブルワーズは、プリンス・フィルダー、最年少50本塁打を記録したパワーヒッター、好打者になりそうなライアン・ブラウン。ナリーグ中地区の優勝候補の対決は、今後も見物。

 関連記事 

 ==>福留がカブスと契約、カブスの来季の戦力は

 ==>イチロー史上3人目の7年連続200安打

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。