FC2ブログ

レイズ_アリーグ制覇 

 2008年10月。アリーグチャンピオンシップ。タンパベイ・レイズがボストン・レッドソックスを最終戦で勝利4勝3敗で、1998年創設以来の初のリーグ制覇。

 最終戦マット・ガーザの力投、ロッコ・バルデリの決勝タイムリー、デービッド・プライスのクローザーが光った。

 レイズはワールドシリーズ初出場で初制覇を目指す。エバン・ロンゴリア、カルロス・ペーニャ、B・J・アップトン、カール・クロフォードらに期待。もちろん、岩村明憲選手のリードオフにも期待。ポストシーズンでの長打力は素晴らしい。過去に、ウェイド・ボッグス、ホセ・カンセコも在籍、最近、オーブリー・ハフ、ホルヘ・カントゥなど100打点打者も放出しているが、パワーは若手が伸びて十分。
 レイズの投手陣は安定、スコット・カズミアー、ジェームズ・シールズ、アンディ・ソナンスタイン、マット・ガーザと強力。フィリーズの打撃陣を抑えられるか。

 レイズは、前年リーグ最下位勝率チームからリーグ優勝、MLB2度目の快挙。1991年のアトランタ・ブレーブス以来。フィリーズもワールドシリーズ制覇1度と少なく、どちらのチームが勝っても、歓喜の制覇になりそう。

  昨季のアリーグチャンピオンシップ
 ==>ワールドシリーズは、レッドソックス対ロッキーズ

スポンサーサイト