FC2ブログ

レッドソックス_魅力的な補強 

 2009年。MLB。ボストン・レッドソックスが、アトランタ・ブレーブスからジョン・スモルツ、タンパベイ・レイズからロッコ・バルデリを獲得した。昨季、両選手とも、ケガ等でほぼシーズンを欠場しているが、ケガをしていなければ、かなりの補強となりそう。

 スモルツは、昨季、6試合、3勝2敗、防御率2.57。フルシーズン働けば、15勝前後はいけそう。そして、なによりも、クローザーも出来るので、セットアッパーとしても期待。通算、200勝150セーブを達成した唯一の選手。1996年のサイヤング賞投手。そして、ブレーブスの14シーズン連続地区優勝にも貢献。ポストシーズンでの期待も大きい。

 バルデリは、昨季、28試合、4本塁打13打点、打率.263。しかし、2003年の新人の年は、11本塁打、78打点、打率.289、翌年も、16本塁打、74打点、打率.280。実力を発揮すれば、パーワー、走力とも、貴重な戦力になりそう。レッドソックスの外野の一角をになうのでは。

 川上投手は、ブレーブスがスモルツを失っただけに、先発投手としてブレーブスに入団が濃厚になった。ブレーブスは、FAでなかなか先発投手の獲得がうまくいっていないので、かなり濃厚。ツインズよりも、条件がいいらしい。

 FA関連記事
 ==>ヤンキース大型補強_2008ウインターミーティング

スポンサーサイト