スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人ファウラーが5盗塁_盗塁のスタッツ 

 MLB、2009年。

 4月27日。コロラド・ロッキーズの新人外野手のデクスター・ファウラーが、サンディエゴ・パドレス戦で、1試合5盗塁の快記録を達成。
 試合は、17安打の猛攻で12得点。ファウラーをはじめ、チームで8盗塁と、足を絡めた攻撃で、大量点を奪った。

 ファウラーは、新人での1試合5盗塁、これは、1999年、ダミアン・ジャクソンが達成以来の記録。ファウラーは、今シーズン一気に9盗塁に伸ばして、リーグの首位に立った。これで、新しいスピードスターが誕生。今季は、塁上を賑わしそう。

 ロッキーズのチーム8盗塁は、チーム史上2位の記録。チームは、パワーに加え、起動力を絡めた攻撃となると、かなりの得点力が望めそう。

 個人の1試合の盗塁記録は、1881年、1884年に、7盗塁という記録が残っている。

 ボストン・レッドソックスのジャコビー・エルズベリーが、先日、ニューヨーク・ヤンキース戦で、ホームスティール(本盗)を決めて、スタンディングオーベーションを浴びたが、確かに、最近では、珍しいプレイ。

 ちなみに、ホームスティール(本盗)のMLB通算記録は、タイ・カップの35。ホームスティール(本盗)の記録には、意外な選手が多い。たとえば、ヤンキースの史上最強の3、4番コンビ、ベーブ・ルースは10、ルー・ゲーリッグは12。ともに歴代20位から30位前後にランクインされている。


 盗塁関連記事
 ==> ヘンダーソンとライス_野球殿堂入り

スポンサーサイト

プホルス満塁弾7号で1000打点_キンスラー2本塁打 

 MLB、2009年。

 4月。セントルイス・カージナルスの至宝アルバート・プホルスが、満塁7号弾で、今季25打点、通算1002打点で1000打点を突破。

 プホルスは、7回に、今季2本目の満塁本塁打、4打点を加えて、通算1002打点と1000打点を突破。今季、7本塁打25打点はリーグ1位。今季も3割30本塁打100打点を達成すれば、自己の持つ記録を更新するデビュー以来9年連続3割30本塁打100打点を樹立となる。

 プホルスは、デビュー以来9年での1000打点の達成は、MLB史上5人目の快記録。
 カージナルスで1000打点達成は、史上6人目。スタン・ミュージアル、イノス・スローター、ジム・ボトムリー、ロジャース・ホ-ンスビー、ケン・ボイヤー以来。
 1257試合で1000打点は、現役では、マニー・ラミレスの1194試合に次いで2位。

 テキサス・レンジャーズのイアン・キンスラーが2本塁打で今季7号。20打点で、リードオフマンとして、素晴らしい記録。このままいけば、今季は30本塁打100打点も可能な数字。

 キンスラーのシーズンのキャリアハイは、20本塁打、71打点であるが、今季は、さらに更新しそうである。しかし、固め打ちするタイプなので、これから伸びるか、ちょっと、予測できない面も。特に、2007年は、4月に、9本塁打、22打点と快調にスタートしたが、最後は、20本塁打61打点に終わっている。

 リードオフマンで、最近は、ジミー・ロリンズ、グレイディ・サイズモアなどが、シーズン30本塁打を打っている。

 過去には、バリー・ボンズの父、ボビー・ボンズがシーズン30本塁打30盗塁を記録、サンフランシスコ・ジャイアンツのリードオフマンと活躍は有名。ブレイディ・アンダーソンは、シーズンで50本塁打を超えている。

 キンスラーには、そんな選手の記録を超えて欲しい。

 プホルス関連記事
 ==> 2008MVP_プホルスとペドロイア

 キンスラー関連記事
 ==> キンスラー14年ぶりの6安打サイクル_シェフィールド500号

グレインキー_開幕4連勝_無失点記録は38イニングでストップ 

 MLB、2009年。

 4月。カンザスシティ・ロイヤルズの若きエースザック・グレインキーが、デトロイト・タイガーズ戦で完投勝利、開幕から4連勝と絶好調。しかし、昨季の終盤から続けてきた連続無失点記録は38イニングでストップした。惜しくも、エラーでの失点、自責点のない失点で記録は途切れた。

 グレインキーは、この日、9イニングで10奪三振の力投、被安打3、被四球1、失点1、自責点0と抜群の内容。この日、5回に、内野手によるエラー絡みで失点。残念ながら、無失点記録は途絶えた。
 しかし、今季のグレインキーは、絶好調。きれいなフォームから投げるスピードある球は魅力的。昨季も、13勝10敗ながら、202イニング1/3で183奪三振。精神面でも大きく成長。
 
 そして、今季は、4試合先発で、4勝(リーグ首位)、1完封、29イニングで36奪三振(リーグ首位)、防御率は0.00(リーグ首位)。WHIPも0.86(リーグ5位)、勝率1.000(リーグ首位)。

 これからのピッチングが楽しみ。ファンも見逃せないところ。アリーグの月間最優秀投手も受賞しそう。

 <ザック・グレインキー>1983年生まれ、カンザスシティ・ロイヤルズの2番手先発投手と予想されたが、今季は絶好調。右投げ右打ち。昨季、終盤14イニング連続無失点、今季は、開幕から24イニング無失点で途切れる。のトレイ・ヒルマン監督の下で、今季は、ダイブレークの予感。昨季まで、通算34勝。ギル・メッシュと2本柱で、チームの先発投手陣を支える。

 連続無失点記録関連記事
 ==> B・ウェブ_24イニング連続無失点

松坂に投球禁止令_序盤戦は温存 

 MLB、2009年。

 4月。松坂大輔投手に、首脳陣から、数日間の投球禁止令(ノースロー調整)が出た。2日間から4日間の予定らしい。

 首脳陣側は「復帰のメドは考えていない。まずは、健康になり…。」とのコメント。5月ななってからの復帰と思える。肩の疲労回復が思わしくないのか、ここは、もう一度、体力作り、調整をしてほしいとのこと、と考えられる。

 これには、チームの思惑もあるだろう。まずは、投手陣の安定感があげられる。先発投手陣が5人いること。松坂投手が抜けても、若いジャスティン・マスターマンが代役を務める、そして、若いマイナー上がりの期待の投手も多いという。この若い投手にも、機会を与え、将来の主力投手になってほしいとの考えもある。

 松坂投手を、今、温存させて、終盤戦、ポストシーズンに、全快フル回転してもらえばいい、そんな思惑もある。当然、経験豊富、力強さからいけば、チームも、頼らざるをえないだろう。

 松坂投手は、投げたい気持ちが強そう、そして、投球練習で、自分のコンディションを整えたいのでは、ないだろうか。ここは、チームのためにも、我慢というところなのだろう。

 
 昨季の松坂投手関連
 ==> 松坂単独首位の4連勝_C・ジョーンズ現在三冠

キンスラー14年ぶりの6安打サイクル_シェフィールド500号 

 MLB、2009年。

 4月15日は、テキサス・レンジャーズのイアン・キンスラーが6安打でサイクルヒットの快挙を達成。

 1900年以降では、3人目。過去、1920年、デトロイト・タイガースのボビー・ビーチ、1995年、モントリオール・エキスポズのロンデル・ホワイトが達成。

 キンスラーは、9イニングで6打数6安打でのサイクルヒットであり、これらの条件をすべて満たすとなると、1890年、アメリカンアソシエーション、ウイリアム・ビリー・ウイバー以来となる。

 4月17日、ニューヨーク・メッツのゲイリー・シェフィールドが、通算500号本塁打を達成。MLB史上25人目。

 シェフィールドは、8チームに在籍していたが、これは、500号本塁打を打った打者では、最多在籍チーム数。過去は、フランク・ロビンソン、エディー・マレーの5チーム在籍が最高。

 1992年のサンディエゴ・パドレスでは、惜しくも、3冠王を逃したが、大活躍。この年は、同僚フレッド・マグリフなどに、わずかに及ばず。しかし、終盤まで、3冠王を期待させた。
 40本塁打以上2回など、フルシーズン出場すれば、3割30本塁打100打点は確実にクリアできたが、ケガで欠場が多かった。ケガがなければ、もっと記録を伸ばせただろう。


 ホームランバッター関連
 ==> アレックス・ロドリゲス_史上15位521号

J・ロビンソンデー_イチローが張本の日米通算安打に並ぶ 

 MLB、2009年。

 4月15日は、ジャッキー・ロビンソンデー、その記念の日に、イチロー選手が2009年の初戦を迎え、張本勲氏の3085安打に並んだ。

 ジャッキー・ロビンソンデーは、近代野球で初の黒人選手ジャッキー・ロビンソンのが62年前にデビューした日を記念したもの。UCLA出身のスポーツ万能選手。ブルックリン・ドジャーズでデビュー、1947年新人王、1949年MVP。圧巻は、1951年、ジャイアンツと同率で最終戦へ、ジャイアンツは負け、ドジャーズは、照明禁止の夕闇の中、フィリーズの12回裏の攻撃で、二死満塁、サヨナラ安打と思われる打球をロビンソンが地上すれすれでキャッチのファインプレイ。14回表にロビンソンが決勝の本塁打で勝利、リーグ優勝を決めた(リーグ1地区制)。後のウイリー・メイズ、ハンク・アーロンなどの黒人スターを輩出する大リーグ。
 今年は、異例で、選手、審判全員が、背番号42を着けたらしい。

 シアトル・マリナーズのイチロー選手が、2009年の初戦に、2安打目の満塁本塁打で、日米通算3085安打を達成。張本勲氏の記録に並んだ。日米通算で、2232試合、3085安打。ウイリー・キーラーと並ぶ8年連続200安打のMLB記録を持つ。今季達成すれば、9年連続200安打の新記録。今季は、DL入りしたので、全試合出場して154試合。しかし、MLBでは、200安打達成到達試合数は、2005年の160試合目以外は、154試合以内で達成している。日本でも、1994年から2000年まで、154試合出場したと仮定した安打数は、いずれも、200安打以上となるらしい。ペースを維持できれば、達成は可能。

 張本勲氏は、23年間、2752試合、9666打数、3085安打、504本塁打、1676打点、打率.319。安打製造機、長打力も素晴らしい。首位打者は4年連続を含め7回。3割以上が17シーズン。3安打以上は通算251試合。シーズン最高打率.3834は、1986年に阪神のバースに破られるま最高記録として残っていた。
 
 安打関連
 ==> イチロー8年連続200安打_キーラーと並ぶ

ホワイトソックス_ダイとコネルコが大記録 

 2009年。4月。

 シカゴ・ホワイトソックスの主軸打者、ジャーメイン・ダイとポール・コネルコが、通算300号の本塁打を同一ゲームで打った。しかも、2人で2者連続(バックトウバック)というオマケつき。

 同一チームで同じゲームで、300号という金字塔を打ったのは、過去に例がないらしい。

 ホワイトソックスは、2005年には、ワールドシリーズ制覇。シリーズのMVPがダイ。ダイは、2006年には、シーズンMVP候補にあがる大活躍。この年、日本に来日。コネルコは、過去、40本塁打以上2度、30本塁打以上5度打っている。

 若き主砲カルロス・クエンティンが4安打2本塁打4打点の活躍。昨季、終盤まで本塁打でリードした逸材。そして、ホームランアーティストのジーム・トーメイと、豪華打線。

 2005年は、好投手を揃えていた。昨季は地区優勝、予想のつかないアリーグ中地区。チームは、今季も、投手陣が頑張れば、上位進出が可能。

 過去、このチームのカラーは、機動力の野球。フランク・トーマスのデビュー以来、トーマスがチームの通算の打撃部門を独占。近年は、パワーヒッターを集め、本塁打で勝つ豪快な野球。2005年以来のワールドシリーズ制覇なるか。
 
 ホワイトソックスは魅力的ですね。なにか応援したくなりますね。

 ホワイトソックス昨季関連
 ==> 好調カージナルス_ホワイトソックス善戦

スザンヌ_アンパンマンの妖精役の声優に 

 今年、7月公開の映画「アンパンマン」に、タレントのスザンナさんが共演。

 スザンナさんは、双子の星の妖精、キララの声優を行う。もう一人の妖精、キラリの声優は、スザンナさんの妹、マーガリンさんが行う。キララはおてんばで、キラリは優しい、そんな性格らしい。
 そして、スザンヌさんのお母さん、キャサリンさんも、声優に出演予定。

 スザンヌさんは、「家族が一緒でトリプル緊張。」といっている。しかし、「2人とも、度胸は据わっているから、大丈夫。」とのこと。

 スザンヌさんは、大のアンパンマンファンで、カラオケで3回に1回は、アンパンマンの歌で締めくくるとのこと。マーガリンさんも、ファンらしい。

 映画のタイトルは「それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星」。楽しい映画になるでしょう。

 過去にも、特別ゲストで、水野真紀さん、榎本加奈子さん、柳原可奈子さんなどが、出演。日本テレビアナウンサーも、出演したことがある。
 

 声優関連
 ==> 堀北真希_アフレコで悪戦苦闘?

MLB開幕_ヤンキース初戦敗北 

 MLB、2009年も開幕。

 4月6日。開幕2日目。多くのゲームが行われた。白熱の試合。

 大型補強のニューヨークヤンキースは、CC・サバシア、マーク・テシェイラが、本来の力を発揮できずに敗北。次の試合に期待。しかし、デレク・ジーター、ジョニー・デーモンなどは、好調のようだ。松井秀喜選手は、4番の重圧があったにもかかわらず、2打点本塁打の活躍、今季は、しばらくDHで打撃に専念か。

 同じ本拠地のニューヨーク・メッツは、接戦を制した。ヨハン・サンタナから、JJ・プッツ、フランシスコ・ロドリゲスの豪華リレーで勝利。勝負強さがつけば、もちろん、ワールドシリーズ制覇までの力はある。開幕戦で、思い通りの勝利、素晴らしいスタートを切りそうな感じもする。

 クリーブランド・インディアンスの昨季サイヤング賞受賞投手、クリフ・リーは、今季も絶対的エースの期待が。しかし、意外な結果に、勝利を飾れなかった。テキサス・レンジャーズ打線に打たれた。レンジャーズの打撃は、リーグでも屈指なだけに、仕方ないか。次回の登板に期待。

 セントルイス・カージナルスは、惜しくも、9回に逆転負け。スプリングトレーニングで5Sと好調だった期待のジェイソン・モッテが、9回に打たれて敗れた。しかし、昨季のMVPアルバート・プホルスは4打数3安打と好調なスタート。これで、開幕戦は、打率.429、2本塁打、10打点と、相性がいい。

 アリゾナ・ダイヤモンドバックスのブランドン・ウェブは、4回で6失点と、本調子ではなかったようだ。しかし、打線の援護で、チームは勝利。今季は、打線が良ければ、チームも上位を狙えそう。 
 
 昨季のMLB関連
 ==> MLB本土開幕_注目のカード

MLB開幕_ブレーブスが快勝_激戦地区 

 MLB、2009年も開幕。

 4月5日、MLBの今季の開幕ゲームは、フィラデルフィア・フィリーズ対アトランタ・ブレーブス。ブレーブスの先発デレク・ロウが好投。そして、ブレーブスの打撃陣も、ブライアン・マッキャン、ジェフ・フランコーアの本塁打で先制し、逃げ切った。

 フィリーズは、昨季のワールドシリーズを制覇。今季も、強力な打撃陣で、優勝候補の一角。
 絶対的なエースピッチャー、コール・ハメルズは、怪我の影響か、開幕戦には登板しなかった。コロラド・ロッキーズ戦の登板予定らしい。
 主砲のライアン・ハワードは、開幕戦不発。オープン戦では、本塁打を連発していたのに。でも、ここ2年、スロースターだけに、…。しかし、今季は、オープン戦が良かったので、序盤から打てば、50本塁打は確実と思ったが。

 ブレーブスは、川上憲伸選手をはじめ、投手力は期待できそうな感じ。今日のロウも移籍してきた投手。打線も、若い大砲のマッキャン、フランコーアなどに期待。うまくいけば、地区優勝もできそうなメンバー。

 この両チームの所属するナリーグ東地区は、強豪が多い。
 ニューヨーク・メッツも優勝候補。リリーフ陣に、昨季62セーブのMLB記録を達成したフランシスコ・ロドリゲス、シアトル・マリナーズの守護神JJ・プッツを獲得。万全のリリーフ陣。打線も、強打のクリーンアップトリオで、得点力もある。今季こそは、期待できそう。
 フロリダ・マーリンズも、昨季、若い打撃陣が好調だった。今季も、新人で期待できそうな選手が多い。若い選手の爆発力で、一気に優勝なんてことも、ありえるかも。
 
 昨季のMLB関連
 ==> フィリーズ_ワールドシリーズ2度目の制覇

木村拓哉_MR・BRAIN 

 木村拓哉さんが、5月23日スタートのTBSドラマ「MR・BRAIN」に主演する。

 木村さんは、脳科学者という役柄。警視庁科学警察研究所(科警研)に所属する研究員。事件を解決していくミステリードラマ。ドラマでは、ファッションなど、型破りの設定がされている。

 他、共演は、綾瀬はるかさん、水嶋ヒロさんなど。

 木村さんは、過去、TBS系では、「ビューティフルライフ」「GOOD LUCK」「華麗なる一族」など。
 フジテレビ系では、「ロングバケーション」「HERO」「プライド」「エンジン」「CHANGE」など。
 
 個性ある楽しいミステリードラマになるといいですね。

 ドラマ関連
 ==> 「CHANGE」_キムタクをマドンナが歌でアシスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。