スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィリングハムが1試合2満塁弾_満塁弾記録保持者のタティースも満塁弾 

 MLB2009、7月27日。

 ワシントン・ナショナルズのジョシュ・ウィリングハムが、2打席連続の満塁本塁打。1試合2本の満塁本塁打は、史上13人目。チーム別では、ボストン・レッドソックスが4回、ボルチモア・オリオールズが3回と、多い。

 1試合2本の満塁本塁打の中で、唯一、1イニング2本の満塁本塁打の記録を持つ、ニューヨーク・メッツのフェルナンド・タティースが、今日、代打で満塁本塁打を打っている。1イニング2本の満塁本塁打は、セントルイス・カージナルス時代に達成。

 他にも、本塁打の話題が多い日。

 シカゴ・カブスのアルフォンソ・ソリアーノが、サヨナラ満塁本塁打。

 ロサンゼルス・エンゼルスの3者連続本塁打。フアン・リベラ、ケンドリー・モラレス、マイケル・ナポリが打っている。モラレスは、2本塁打。試合は、負けているが。

 ニューヨーク・ヤンキースのロビンソン・カノ、ニック・スウィッシャーの2者連続本塁打。スウィッシャーは、この日2本塁打。

 派手な本塁打が多い日ですね。


 本塁打関連

 ==> ボンズ_メジャー新記録756号

スポンサーサイト

Mバーリー歴代17度目完全試合_歴代では 

 MLB2009、7月23日。

 シカゴ・ホワイトソックスのマーク・バーリーがパーフェクトゲームを達成。歴代17人目で17度目の達成。
 ポストシーズンを含めると、ワールドシリーズで1度あり、18人目18度目。

 9回のデワイン・ワイズのスーパーキャッチにも助けられたが、バーリーの投球内容は最高だった。チームで勝ち取ったパーフェクトゲームと、バーリー本人も思っているのでは。
 
 パーフェクトゲーム事態は、珍しい稀な記録。2000年以降では、2004年のランディー・ジョンソン以来。しかし、1990年代に4度達成している。これは、チームのエキスパンションの影響か。どうだろうか。

 しかし、これほど、興奮する記録もないのではないだろうか。それくらい、難しい記録。守っている野手は、緊張したのでは。

 パーフェクトゲームを含むノーヒットゲームの球団別達成数では、ロサンゼルス・ドジャーズの20回、ボストン・レッドソックスの18回、ホワイトソックスは17回で3位。

 18度目となっているが、過去には、他に2例が公認されていたが。(資料にもよるのだろうが。)
 1922年、アーネスト・ショーは、先発ピッチャーが先頭打者を四球で出したあと、登板し、このランナーも刺して、その後26人すべて抑えた試合。
 1959年、ハービー・ハデックスが、12回をパーフェクトに抑えたが、13回に打たれて負けた試合。
 完全に1人の投手で、試合を最後まで抑えないといけないのだろう。

 ノーヒット関連

 ==> ノーヒッター、バーランダー

横浜・筒香・高校通算69号_次は東海大相模戦 

 2009年、7月21日。高校野球。今季高校野球スラッガー、横浜高校・筒香嘉智選手が、高校通算69号本塁打で、チームを勝利に導いた。そして、次戦は、チームとして2試合連続ノーヒットノーランを達成した東海大相模高校戦。

 筒香選手は、神奈川大会3試合で、11打数8安打、2本塁打、10打点と絶好調。試合も、3対0の劣勢から逆転勝利。投手陣をカバーした形となった。

 次戦の東海大相模は、ここ2試合連続でノーヒットノーランを達成。この日は、エースを温存しての快挙。東海大相模の監督も「継投でいく。」とコメント。

 筒香選手の高校通算本塁打69本は、歴代7位。最高は、87本。歴代2、3,4位の80本台の選手は、いずれも西武に入団しているが、筒香選手の進路も気になるところ。

 高校関連

 ==> 王子様

西川史子_乙女チックに婚約会見 

 2009年、7月19日。女医でタレントの西川史子さんが、婚約会見をおこなった。まずは、おめでとうございます。

 西川さんは、乙女チックな感じになって会見。いつもの、タカピーで、ちょっと、クールな感じを、封印した。
 「彼と付き合ってから、乙女です。…。」などと、幸せいっぱいの会見。
 「ディズニーシーへ行って、これが楽しくて。…ほんとうにつまらない女になりました。」と。でも、これは、乙女チック心の自分の復活を意味しているともいえそう。

 しかし、「…私と結婚できた彼は勝ち組…。」「子供は2人くらい…。」と、このときは、今までのイメージの、ちょっと、クールな感じのする会見に思えた。

 プロポーズは、今年の七夕の日の午後7時らしいですね。そのときに、フランス製の「メレリオ・ディ・メレー」のダイヤの指輪を貰ったとか。

 西川さんは、元ミス日本、成形外科医と、素晴らしい経歴。タレントになっても、あの、クールな話ぶりは、魅力的でしたね。言い負けしない感じがステキだったですね。

 「お金じゃなくて、やっぱり愛ですね。」と、言っていたのが、印象的。


 芸能関連

 ==> 佐々木希_天使の恋_映画化

ペドロ・マルティネスがメジャー復帰へ始動 

 MLB、2009年、7月18日。

 フィラデルフィア・フィリーズのペドロ・マルティネスがメジャー復帰へ始動開始した。早く復帰して欲しい投手。

 マルティネスは、素晴らしいキャリアを持つ選手。近年では、最高の投手と思われる。

 サイヤング賞3回、キャリア成績、214勝99敗、防御率2.91、投球回数2782.2/3イニングで3117奪三振。

 マルティネスの214勝以上の勝ち数で、100敗未満の投手は、ほかに、アル・スポルディング、ボブ・キャリザース以外にはいない。2人とも、19世紀のピッチャー。

 キャリア防御率2点台のピッチャーとなると、1970年代の、トム・シーバー、ジム・パーマー以来となっている。この2人の安定感は抜群で、素晴らしい成績。その数値に近いマルティネスは、偉大といえそうだ。当時よりも、打撃優位の今の時代を考えると、さらに偉大な感じがする。

 投球回数以上の奪三振数も素晴らしい。群を抜いたキャリア成績。

 全盛期のように復活すれば、フィリーズには、頼もしい存在となるだろう。今季は、終盤で姿を見せてくれるだろうか。

 マルティネスの記事
 ナリーグ東地区、メッツの期待はマルチネス

MLBオールスター2009_アリーグ12連勝 

 MLB、2009年、7月14日。

 今年のオールスターゲームは、80回目、セントルイス・カージナルスのブッシュ・スタジアムで行われた。試合は、アリーグが、4対3で勝利。アリーグが引き分けを挟んで12連勝でオールスターの新記録。通算でナリーグの40勝38敗2引き分けとなった。

 セレモニーでは、往年のカージナルスのスター選手がグランドに、そして、ザ・マンこと、スタン・ミュージアルが、始球式のボールを運ぶ。

 始球式は、バラク・オバマ米大統領が行った。オバマ米大統領がファンであるシカゴ・ホワイトソックスのジャージで、左腕から投げられたボールは、きれいにミットに入った。

 イチロー選手は、第一打席に5球目叩いてヒットで出塁。初球に、ティム・リンスカムの投げた球を、ファールにはなったが、度肝を抜いた打球だった。

 序盤、アリーグが、エラーと内野ゴロで2点を先制。ナリーグも、ヤディアー・モリーナとプリンス・フィルダーのヒットで3点を獲り逆転。その後、アリーグは、ジョー・マウアー同点打、アダム・ジョーンズの決勝点となる犠飛で勝利。

 MVPは、ブラッド・ホープの本塁打性の打球をキャッチした、カール・クロフォードが受賞。

 接戦になったのは良かったけど、ホームランのない試合は少し寂しい。でも、毎年、接戦で勝利するアリーグ。

 2008オールスター
 MLB2008オールスター・アリーグ延長を制す

インジとビクトリーノが過去最多得票でオールスターゲーム33人目の選手に 

 MLB、2009年、7月。

 今年のオールスターゲームの33人目の選手の選手として、アリーグがデトロイト・タイガースのブランドン・インジ、ナリーグはフィラデルフィア・フィリーズのシェイン・ビクトリーノ。

 ビクトリーノは、約1560万票と過去最多得票のレコード記録を更新。インジも、約1180万票で、アリーグの過去最多得票のレコード記録を更新。

 インジは、ユーティリティープレイヤー。どこでも守れる選手。今季は、84試合で、すでに、19本塁打54打点とパワー炸裂。
 ビクトリーノは、俊足の選手で、盗塁成功率が高い。今季は、3割を越えた打率。

 出場選手の変更も。…。
 アリーグでは、ネルソン・クルーズがトリー・ハンターに代わり出場。
 ナリーグでは、ビクトリーノの同僚ジェイソン・ワースがカルロス・ベルトランに代わり出場。

 2008オールスター
 MLB2008オールスター・アリーグ延長を制す

2009オールスターゲーム_ナリーグに期待 

 MLB、2009年、7月。

 今年のオールスターゲームは、7月14日、セントルイス・カージナルスの本拠地、ブッシュ・スタジアムで行われる。

 地元のカージナルスのアルバート・プホルスが、やはり、一番人気だろうか。今季は、ナリーグのパワーに期待したいところ。内野陣は、豪華メンバー、それに加え、ファーストの控えが、プリンス・フィルダー、エイドリアン・ゴンザレス、ライアン・ハワードと、パワーヒッターが選ばれている。守備位置を変えたりして、このパワーヒッターを多く使いたいところ。プホルスとハワードの強力コンビが途中から、ラインアップに並ぶことを期待。

 現在、通算で、ナリーグの40勝37敗2引き分け。しかし、最近12年間で、アリーグの1分けを挟んで11連勝と圧倒している。ナリーグの本拠地開催なので、ナリーグの奮起に期待。しかし、最近は、接戦が多いので、今回も接戦か。記録的には、ナリーグも1972年か1982年まで11連勝をしている。

 今回のオールスターは、どのような素晴らしいゲームになるか期待。

 2008オールスター
 MLB2008オールスター・アリーグ延長を制す

リンスカム_9勝目_23イニング連続無失点 

 MLB、2009年、7月4日。

 サンフランシスコ・ジャイアンツのティム・リンスカムがヒューストン・アストロズ戦で7イニング無失点の好投。9勝目をあげた。そして、連続無失点記録を23イニングに伸ばした。

 リンスカムは、昨季のサイヤング賞投手。昨季は、18勝5敗、防御率2.62、奪三振262と好成績。

 今季も、9勝2敗、防御率2.23、奪三振141。今季も、オールスターの呼び声が高い。

 今季も、ナリーグの投手部門でトップクラスにランクされる。
 9勝は、ナリーグ2位。
 防御率2.23、ナリーグ2位。
 奪三振141、ナリーグ1位。
 勝率.818、ナリーグ2位。

 リンスカムの安定感は、リーグの顔になった感じ。

 リンスカム
 2008サイヤング賞_リンスカムとリー

プホルスがオールスター前に30本塁打の快挙 

 MLB、2009、6月30日。

 セントルイス・カージナルスのアルバート・プホルス選手が、今季は、早くも30号本塁打を記録。9年連続30本塁打を達成。前半戦、80試合前での達成と快挙も達成。
 簡単にいうと、年間、60本塁打ペース。驚異的なペースといえそう。しかし、後半に強い、ライバ、ライアン・ハワードの追い込みが気になるが。

 3ヶ月間の30本塁打77打点は、チームでは、マーク・マグワイアの37本塁打87打点以来の最高記録。この年のマグワイアは70本塁打を記録した。

 オールスター前に、30本塁打すると、なにかと話題になるが、これも、2007年、アレックス・ロドリゲス以来。

 プホルスの記録がどこまで伸びるか、デビュー以来の9年連続3割30本塁打100打点の快挙は、確実か。すると、60本塁打の期待、そして、カール・ヤストレムスキー以来の三冠王の期待大。
 


 プホルス関連
 ==> イチロー、プホルスが今季絶好調

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。