スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メッツ首位_ミラクルメッツはやはり懐かしいかな 

 2010年4月28日。

 ニューヨーク・メッツがロサンゼルス・ドジャーズに3連勝のスウイープで、前日から首位。戦力は、完全に整っていないが、やはり、チーム力は充分。今季こそは、終盤戦に勝って、優勝争い、ポストシーズンに進んで欲しい。

 メッツは、1962年に創設、初年度は120敗という記録を作ったが、7年後、1969年に、100勝して、プレイオフで、予想を覆して、アトランタ・ブレーブスに勝利、ワールドシリーズも、ボルチモア・オリオールズに勝って、「ミラクル・メッツ」「アメージング・メッツ」と呼ばれた。
 1968年は、1地区制で10チーム中9位。1969年に2地区制となり、トム・シーバーが25勝、ジェリー・クーズマンが17勝など、投手力で勝ったといえるが、予想を覆す好成績。
 1973年も、ワールドシリーズでは、破れたが、ナリーグ制覇。このときも、「ミラクル・メッツ」の再来と騒がれた。このときは、シーバー、クーズマン、ジョン・マトラックの強力3本柱。
 1980年代から、常に、上位にいるチーム。ドワイド・グッデン、ゲリー・カーターなどの頃は、素晴らしいチーム。

 球団創設の当初は、強い野球が見たい人はヤンキース、おもしろい野球の見たい人はメッツへと、んて、いわれたような気がする。チームは、負けながらも、観客動員は予想以上に多かった。

 今季のメッツは、勝たないといけない。これだけの戦力をそろえているのだから。

 メッツの3年前の記事

 ナリーグ東地区、メッツの期待はマルチネス

スポンサーサイト

松井秀_MLB1000安打_日本の記録も掲載 

 2010年4月26日。

 ロサンゼルス・エンゼルスの松井秀喜外野手が、5回に安打を打ち、メジャーで通算1000安打を達成。

 今日の試合は、エンゼルスらしい試合。安打数も多く、チームとしてはいいゲームをしたのでは。

 チームのホームページは、日本の記録のことも少し記述されていますね。

 松井選手は、インディアンズの左腕デビッド・ハフからライト前ヒットを打った。日本での1390安打と併せて、通算2390安打。
 打点と本塁打についても、掲載されており、日米通算1500打点まであと少し(2打点)、日米通算500本塁打まで24本と。

 エンゼルスの記事

 松井秀_140試合スタメン_エンゼルスの主軸打者に

エンゼルス_2010スタートは不調か 

 2010年4月23日。

 ロサンゼルス・エンゼルスの2010年、スタートは、好調とはいえない。成績は、チームは、8勝9敗で、5割付近を維持していて、なんとか凌いでいる感じがする。

 松井秀外野手も、久しぶりの外野手スタメンで本塁打と、明るい話題もあったが。

 チームの打撃は、打率.252で、両リーグ30チームで15番目。本来なら、上位にいてもいいチーム。得点も少ない。ハウィ・ケンドリック、松井外野手が3割を打っているが、他の選手は、もっと、打率が高くてもいい選手であるが。上位打線下位打線とも、打率.280から.300を打てる選手を並べているだけに、得点力は、もっとあると思われる。まだ、始まったばかりだから、仕方なにのかも。アベレージの高い打線になることを期待。

 チームの投手成績は、チーム防御率4.53で、両リーグ30チームで22番目。比較的投手力のいいチームだったので、あまりいい調子ではない。先発のジョエル・ピネイロ、ジェレット・ウィーバーは、合格点の活躍か。

 エンゼルスの記事

 松井秀_140試合スタメン_エンゼルスの主軸打者に

オチョアが引退_世界ランク1位 

 2010年4月20日。

 ローレン・オチョア(女子プロ世界ランク1位)が、自分の公式ウェブサイトに、「女子ツアーから引退する。」と記載している。

 23日に,記者会見を開き引退理由の説明が行われる。LPGA(米女子プロゴルフ協会)は、「彼女が記者会見を行うまで、コメントを出さない。」としている。

 オチョアは、昨年12月に結婚し、「子供ができたら家族を優先させ、ゴルフは終わりにする。」と意思表示していた様子。

 2007年4月から、世界ランキングトップを維持、2007年に8勝、2008年に7勝など、ツアー通算27勝。「全英リコー女子オープン」も制している。「日本女子オープン」でも、大会の最多アンダー記録更新している。

 アニカ・ソレンスタムも引退して、オチョアも引退と、女子ゴルフ界は少し寂しい感じもする。
 
 ゴルフの記事

 宮里藍_44年ぶり史上5人目の米女子ツアー開幕2連勝

ヘイワード_サヨナラヒット_打点もリーグ2位タイに 

 2010年4月18日。

 アトランタ・ブレーブスの新人ジェイソン・ヘイワードがこの日も活躍。3回に、満塁のチャンスで、勝ち越しの押し出し四球を選び、9回には、1点のビハインドで、同じく満塁のチャンスで、レフトに2打点タイムリーのサヨナラタイムリーを放った。

 今季の打点は15となり、リーグ2位タイ。なにか、才能もあるが、強運の元に生まれたような選手という感じする。勝負強い打者。今後は、チームを牽引して行く打者になるだろう。

 ヘイワードは、196CM、109KGの恵まれた体格。走攻守と優れた才能のある選手。プロスペクトランキングでは、2009年が3位(メジャーの出場なし)、2010年が堂々の1位。

 12試合で、打点は15。おそらく100打点を超えそう。新人では、最近では、2001年のアルバート・プポルスの130打点があるが、この記録を超えて欲しい。新人の打点最多記録は、1939年のテッド・ウイリアムズの145打点。
 
 ヘイワードの記事

 MLB開幕_ヘイワード_チーム史上6人目のキャリア初打席本塁打

各チームのエースが好投_カントゥの記録は途切れる 

 2010年4月16日。

 今日は、各チームのエースが勢揃いの日となった感じ。主な投手は、以下の通り。

 フィラデルフィア・フィリーズのエース、ロイ・ハラディは、8回2失点、4奪三振の好投で、無傷の3勝。無四球で、70%がストライクという素晴らしいコントロール。

 ボストン・レッドソックスのジョシュ・ベケットは、7回1失点(自責点0)、8奪三振の好投。このゲームは、サスペンデットになり、明日、続きが行われる。

 セントルイス・カージナルスのクリス・カーペンターは、7回1失点(自責点0)、10奪三振の好投。2勝無敗。

 シアトル・マリナーズのフェリックス・ヘルナンデスは、6回2/3で2失点、9奪三振の力投。1勝。2四球と、安定したピッチング。

 ニューヨーク・ヤンキースのC・C・サバシアが、6回1失点、9奪三振の力投。2勝無敗。無四球。80%近くがストライクという確率。

 ロサンゼルス・エンゼルスのジェレット・ウィーバーなども好投。

 カンザスシティー・ロイヤルズのザック・グレインキーは、コントロールが悪く、5回で5四球。今季、まだ、勝ち星がない、2敗。

 フロリダ・マーリンズのホルヘ・カントゥは、今日、安打を打ったが打点がなく、開幕から安打と打点の連続試合記録は10でストップ。MLB記録を更新し、新しい快挙を達成した。
 
 マーリンズの記事

 カントゥが自己記録の開幕から安打と打点の連続試合記録更新

カントゥが自己記録の開幕から安打と打点の連続試合記録更新 

 2010年4月15日。

 フロリダ・マーリンズのホルヘ・カントゥが、昨日、開幕から安打と打点の連続試合記録を9としたMLB新記録を、今日も、安打と打点を記録して、10試合連続に伸ばした。

 MLBで、打点は、1907年から記録されているが、オフィシャルになったのは、1920年とされている。1920年以降で、開幕から安打と打点を連続して記録したは、1921年のニューヨーク・ジャイアンツのジョージー・ケリーの開幕から8試合が記録だった。89年ぶりの更新。今日、さらに、記録を更新したことになる。

 安打と打点の連続試合の記録は、カントゥが、昨シーズンから継続されており14試合連続となり、MLB史上2位タイの記録、マニー・ラミレスの記録と並んだ。最多記録は、マイク・ピアッツアの15試合が記録となっている。

 次の試合で、カントゥが、安打と打点を記録すれば、ピアッツアの記録と並ぶことになる。

 ピアッツアは、打撃のいい捕手として有名。シーズン打率で.362などを記録、3シーズン連続.330以上の記録を持っている。通算打率も.308、100打点以上も6シーズン。40本塁打以上が2シーズン。
 
 マーリンズの記事

 パワー炸裂_マーリンズとフィリーズ

レッズのローレンが2本塁打と決勝タイムリー 

 シンシナティ・レッズのスコット・ローレンが、2本の本塁打と決勝タイムリーでチームの勝利に貢献。

 この日、2回に、ライドスタンドに本塁打、先制点をあげる。4回に、1点差に迫る、ライトスタンドへの本塁打。延長10回に、タイムリーヒットを打ち、これが決勝点。チームも連勝で4勝3敗。ナリーグ中地区2位へ。
 
 ローレンは、フィラデルフィア・フィリーズ、セントルイス・カージナルスでは、クリーンアップを打っている。100打点以上を4回。守備も上手く、肩の強さは定評があった。新人王、ゴールドグラブの常連。2006年には、セントルイス・カージナルスのワールドシリーズ制覇に貢献。現時点まで、通算、打率.284、286本塁打、1133打点。
 
 レッズの記事

 グリフィー600本塁打_歴代6人目

ブルワーズのマギヒーがサヨナラ弾_プホルスの2本塁打も及ばず 

 ミルウォーキー・ブルワーズとセントルイス・カージナルスは、本塁打の応酬で乱戦に。最後は、ケイシー・マギヒーのサヨナラ本塁打で勝利。プホルスの2打席連続の本塁打も及ばなかった。
 
 ブルワーズは、序盤から得点を重ね、終始リードを奪う。リッキー・ウィークス、コリー・ハートの本塁打、主砲のライアン・ブラウンの今季初本塁打、などで7点をあげ、7対2とリード。

 カージナルスは、主砲のアルバート・プホルズが、7回、9回に2打席連続の2打点本塁打、9回、マット・ホリデーの本塁打で同点に。

 ブルワーズは、9回裏、ケイシー・マギヒーがレフトスタンドにサヨナラ本塁打。一躍、勝利を呼ぶ決勝弾となった。

 マギヒーは、今季で3シーズン目、実質2シーズン目。昨季は、116試合で、打率.301、16本塁打、66打点をマーク。今季も、打率.348。5番打者として、チームの期待する打者。マギヒーが成長すれば、ブラウン、プリンス・フィルダーと、リーグでも有数のクリーンアップとなるから。

 プホルスは、今季、開幕戦以来の2度目の1試合2本塁打。昨季は、1試合2本塁打は10度。今季は、それ以上の記録を期待。
 
 MLB記事

 2009ナリーグMVP_プホルス_史上2位の3度目

カージナルスとフィリーズが好調なスタートを切る 

 セントルイス・カージナルスとフィラデルフィア・フィリーズが好調なスタート。3勝1敗となった。
 
 カージナルスは、この日、主砲のアルバート・プホルズがノーヒットながら、4番のマット・ホリデーが本塁打を含め3安打、9回には、ニック・スタビノーアの逆転2ランホームランで、決勝点をあげ逃げ切った。中継ぎ陣、クローザーの好投も見逃せない。1点差の接戦を制し、逆転勝ちは、チームにいいムードが漂うだろう。

 フィリーズは、自慢の打線が火を噴いた。この日は、6番までの打者が全員2安打以上で、16安打10得点と好調。特に、4番までがすべて4割以上をキープしている。ブラシド・ポランコが5割以上、ジミー・ロリンズ、チェイス・アトリー、ライアン・ハワードも4割以上。J・A・バップも無失点の好投。危なげない勝ち方。

 サンフランシスコ・ジャイアンツは、4連勝。エドガー・レンテリアの9回起死回生の同点2ランホームラン。延長戦を制した。
 
 MLB記事

 ハワード_1試合2本塁打_プレシーズンは絶好調

ジャイアンツ_開幕3連勝_レンテリアが1試合5安打 

 サンフランシスコ・ジャイアンツが3連勝。投高打低といわれたチームも、今日は、19安打で10得点。特に、エドガー・レンテリアは1試合5安打のキャリアタイ記録、2度目の達成。アーロン・ロワンドも4安打。4番のオーベリー・ハフも過去に何度か100打点を達成しており、3番のパブロ・サンドバルも昨季大ブレーク。レンテリアは打率.727。上位打線は、あなどれない打線となりそう。
 レンテリアは、1996年、3割でデビュー、2003年、2007年に3割3分以上、打ている遊撃手。2003年には、シーズン100打点。2005、2006年にはシーズン100得点。

 トロント・ブルージェイズのバーノン・ウェールズは、2本塁打3打点の活躍。今季は、2試合で、打率.714、3本塁打、6打点、5得点の素晴らしいスタート。過去、100打点を3シーズン記録しており、今季は、本来の打撃に戻るか。

 ピッツバーク・パイレーツのギャレット・ジョーンズは、この日も3打点本塁打。開幕2試合で3本塁打。今季は、ホームランバッターの仲間入りか。チームも、ここ数年の低迷から脱出のチャンスかも。ジョーンズのバットにかかっている。
 
 ジャイアンツ記事

 2009サイヤング賞_グレインキー_リンスカム

MLB開幕_ヘイワード_チーム史上6人目のキャリア初打席本塁打 

 MLBは、昨日開幕。ボストン・レッドソックスがニューヨーク・ヤンキースに打ち勝った。ダスティン・ペドロイアが同点本塁打とダメ押しタイムーで開幕戦のヒーローに。

 アトランタ・ブレーブスの新人ジェイソン・ヘイワードがメジャーデビュー初打席で本塁打。チーム史上6人目の快挙を達成。過去に、ジョー・ハリントン、ジョニー・ベイツ、チャック・ターナー、ジャーメイン・ダイ、ジョーダン・シェーファーが達成している。

 MLB史上では105人目。初打席満塁本塁打デビューは3人で、現役ではジェレミー・ハーミダ。通算300本塁打以上は、ダイ、カルロス・リー、ゲリー・ガイエッティ…と意外と少ない。

 ブレーブスの開幕16得点は、最近30年では、最多タイ記録。過去に、ナリーグでは、フィラデルフィア・フィリーズの19得点(1900年)が最多。アリーグでは、クリーブランド・インディアンズの21点(1925年)が最多。 

 セントルイス・カージナルスのアルバート・プホルズ、ピッツバーク・パイレーツのギャレット・ジョーンズが開幕戦で2本塁打。プホルスは、5打数4安打3打点、4得点と大活躍。ジョーンズは、昨季、82試合で21本塁打とパワーの片鱗を見せただけに、今季は、本塁打を量産しそう。フィリーズのライアン・ハワードも本塁打を打ち、開幕から好調のようだ。

 投手では、フィリーズに移籍してきたロイ・ハラディーが7イニング9奪三振で勝利投手、昨季のサイヤング賞投手サンフランシスコ・ジャイアンツのティム・リンスカムも7イニングで7奪三振で勝利投手。

 日本人選手では、ロサンゼルス・エンゼルスの新戦力松井秀外野手が5回に決勝点となるタイムリー、8回に追加点となるソロ本塁打と活躍。パワーの心配されたチームも、今日は3本塁打と好調。
 
 2009年MLB開幕記事

 MLB開幕_ブレーブスが快勝_激戦地区

ダイアモンド・アイス2010_浅田真央_高橋大輔 

 フィギュアスケート。2010年4月4日。KTVダイアモンド・アイス2010。世界のトップスケータが揃った。

 浅田真央選手、高橋大輔選手などが出場、なみはやドームの観客を魅了した。特に、浅田選手は、華麗に舞った。

 浅田選手は、バンクーバー五輪で銀メダル、世界選手権で金メダルを獲得。この日については、「ノリノリで楽しめた。」とコメント。今年について、「前半は不調だったが、最終的には満足できるシーズン。」「五輪は、初めての舞台で、必死でわからなかったけど、大きな舞台でだった。目標を少し達成し、嬉しい。」とコメント。

 高橋選手は、バンクーバー五輪で銅メダル、世界選手権で金メダルを獲得。今年について、「前半は、しっくりこなかった。後半は、充実していた。」とコメント。 

 日本フィギュアスケート界は、もっとも充実した時期といえそう。選手層も厚く、若手も伸びてきている。しばらく、この勢いは続きそう。

 フィギュア関連

 浅田真央_シニア主要大会の成績

スプリングトレーニング2010_プレシーズン 

 MLB2010。2010年4月2日。記録は、4月2日現在。

 MLBのオープン戦が、もうじき終了。オープン戦(スプリングトレーニング、プレシーズン)の成績を見てみたい。

 各地区の優勝候補チームは、順位は中位に付けているところが多い。

 グレープフルーツリーグでは、ニューヨーク・ヤンキースは、13勝15敗。フィラデルフィア・フィリーズは、14勝12敗、セントルイス・カージナルスは、15勝13敗。ボストン・レッドソックスは、16勝14敗。

 カクタスリーグでは、ロサンゼルス・エンゼルスが12勝15敗。ロサンゼルス・ドジャーズは、11勝16敗。

 上位候補のチームは、5割前後をキープしている感じ。

 アリーグ西地区のチームは、全チームが5割以下となっているのも、ちょっと、気になるところ。

 そう、必ず、オープン戦(スプリングトレーニング、プレシーズン)の成績が、レギュラーシーズンの成績と直結するわけではないが。しかし、あまりに負けると、チームに影響が出そうな気もするが、どうだろうか。

 さて、今季は、どこがワールドシリーズに出場するだろうか。ヤンキース、レッドソックス、フィリーズあたりか。

 MLB関連

 ミネソタ・ツインズの名選手

把瑠都_新大関外国出身8人目 

 大相撲。2010年3月31日。

 把瑠都関が、大関昇進を受けて、口上で、「謹んでお受けします。けいこに精進し、栄誉ある地位を汚さぬよう努力します。」と。

 これからも、がんばって欲しい。角界のディカプリオと言われているらしい。

 外国出身の大関は、小錦関が最初で、昭和62年名古屋場所。ユニークさで人気があった。大関8人の出身地は、アメリカ3人、モンゴル3人、ブルガリア1人、エストニア1人。

 外国出身の大関は横綱になる可能性が高い。8人中、現役大関が3人いる、残りの5人中4人は横綱になっている。

 新大関の素直な明るい性格は、これからも、角界を湧かせてくれることだろう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。