スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハラディーが完全試合_近代野球同一シーズン同一月に2度は初 

 MLB2010。2010年5月29日。

 フィラデルフィア・フィリーズのロイ・ハラディーが、フロリダ・マーリンズ相手に完全試合を達成。115球で11奪三振で達成。史上20人目の快挙。通算155勝目。

 オークランド・アスレチックスのダラス・ブレーデンが、今季、5月9日に完全試合を達成しており、近代野球で、同一シーズン2度は初めて、同一シーズン同一月2度はもちろん初めての快挙。20日違いで2度の達成も最短記録。

 チームでは、1964年に、ジム・バニングが達成している。通算2855奪三振の豪腕、引退時は、歴代2位の奪三振記録。インコースに攻める投手。

 近代野球以前では、1880年6月に2度の完全試合が達成されている。ジョン・リー・リッチモンド、モンテ・ウォードが達成。12日と17日の5日違い。

 MLB記事

 Mバーリー歴代17度目完全試合_歴代では

スポンサーサイト

セルティックスがイースト王者_ピアースとロビンソンなどが活躍 

 NBA2009-10。2010年5月28日。

 イースト決勝、ボストン・セルティックスがオーランド・マジックに96対84で勝利して、4勝2敗でイーストカンファレスの王者に。21度目のカンファレス制覇。そして、過去、史上最多の17度のファイナル制覇、今年、ファイナルに勝てば、18度目となり、史上最多記録の更新となる。

 この試合では、ポール・ピアースとネイト・ロビンソンなどが大活躍。前半で大きなリードを奪った。
 ピアースは、31得点13リバウンド、45分プレイするほぼフル出場。
 シリーズほとんどベンチにいたロビンソンは、2Qに大活躍。11点差から出場し、スリーポイントを2本決めて15点差まで開き、13得点をあげたときは、チームは51対32と大差になって、勝利に大貢献。
 レイジョン・ロンドも、1Qだけで12得点で、ゲームの序盤で大活躍。ゲームの流れを作った。

 リバースHCも、「今のスターター5人からのチームなら負けないだろう、そして、実際にそうなり、そうなると信じてきた。」とコメント。

 昨季は、プレイオフでケビン・ゲーネットを欠いたが、今季は、出場しており、ビック3は健在。2季ぶりのファイナル王者となるか。

 チームは、ラリー・バード、ケビン・マクヘイル、ロバート・パリッシュのビック3以降は低迷した。そして、次期エースと期待された1試合平均20得点をあげるレジー・ルイスを失ったことも大きかった。その後、現在のビック3で、2度目の頂点に立てるか。

 NBA記事

 レブロン_東の準決勝で敗退_セルテックスが東の決勝へ

iPad人気_アップル株式時価総額でアメリカ国内2位へ 

 2010年5月28日。

 iPadが、今日、発売。アメリカで大人気の商品。高機能携帯電話とノートパソコンの間の機能。日本では、今日は、多くが予約客への販売のみらしい。予約なしの販売店では、26日から行列ができたらしい。

 26日のアップルの株価総額が、2221億ドルで、アメリカ企業の2位に浮上。1位は、エクソンモービルで、2786億ドル。

 待ちに待った発売ということでしょうか。

 2年前の経済記事

 欧米株式市場_2日連続で続伸?

サンズがタイに_3P連発_コービー記録更新 

 NBA2009-10。2010年5月25日。

 ウエスト決勝、フェニックス・サンズがロサンゼルス・レイカーズに115対106と接戦を制した。これで、2勝2敗のタイになった。

 試合は、4Qまでもつれたが、サンズのベンチスタートの選手が大活躍。

 サンズは、ベンチスタートの選手の成績を見ると、チャニング・フライが、フィールドゴールすべてがスリーポイントシュートで、8回中4回成功。ジャレッド・ダトリーが、スリーポイントシュートを、6回中3回成功。リアンドロ・バルボサも、スリーポイントシュートを、4回中2回成功、2ポイントFGを4回すべて成功。など、5人のベンチスタートの選手で、ゲーム(+/-)で14ポイント前後引き離した結果となった。

 すばらしく層の厚いチームと言えそう。第5戦以降が楽しみ。実力伯仲の戦い。シリーズの流れは微妙。ただ、ホームアドバンテージの1試合多いレイカーズが有利か。

 レイカーズのコービー・ブライアントは、この日、38得点をあげて、プレイオフ通算得点で、カール・マローンを抜いて、歴代4位となった。


 NBA記事

 ウエストの決勝はレイカーズ対サンズ_サンズの1992-93

藤澤里菜_最年少囲碁棋士_デビュー戦は黒星 

 2010年5月24日。(囲碁)

 藤澤里菜初段が、デビュー戦は敗北。果敢に攻めの手を打つが、中盤から反撃され、中押し負け。「少し悔しい。次は勝ちたい。」とコメント。

 藤澤里菜初段は、小学5年生で、今年、女流棋士特別採用試験で1位となり、プロ入り。4月1日をもってプロ棋士となった。11才6か月でのプロ棋士は、最年少記録の更新。今までの、女性最年少は、謝依旻女流本因坊の14才4か月。男性囲碁棋士を含めても、趙治勲二十五世本因坊の11才9か月を抜いた。

 祖父は、藤沢秀行名誉棋聖で、藤沢名誉棋聖は、棋聖のタイトルを初代から6期連続獲得。小林光一九段の8連覇に次ぐ記録。

 早いうちに、藤澤里菜初段の初勝利の朗報が聞きたいですね。

 囲碁記事

 第22期女流名人戦_謝依旻対向井千瑛

エンカーナシオン1試合3本塁打_ブルージェイズは驚異の本塁打打線 

 2010年5月21日。(MLB)

 2010年も、インターリーグの始まり。トロント・ブルージェイズは、試合に負けたが、本塁打の量産は素晴らしい。エドウィン・エンカーナシオンは1試合3本塁打をはじめ、6本塁打。すべて、ソロ本塁打で、チームの得点も6点。ランナーがいれば、もっと得点がと思うが。

 エンカーナシオンは、今季、13試合で5本塁打となり、44打数で11安打、他、2塁打が3本なので、11安打中8本の長打となる。このペースで量産すると、すごいのであるが。

 チームは、44試合で72本塁打と、驚異の打線、本塁打に関しては恐怖の打線。このペースで打つと、260本ペース。

 ホセ・バティスタが13本塁打、バーノン・ウェルズが11本塁打、アレックス・ゴンザレスが10本塁打、などなど。ただし、チーム打率が低いので、得点もあまり伸びない。チームは地区3位なのでおもしろい存在。ランナーを出して、本塁打で勝っていくゲームが増えれば、もっと勝てそうな気がするが。

 チームは、1992年、93年と、ワールドシリーズ連覇。当時、驚異の打線であった。1993年は、ジョン・オルルドが8月2日まで4割をキープ、ポール・モリターが211安打のリーグ2位。同一チームで、リーグの打率1、2、3位を独占し、100年ぶりの快挙。100得点以上の選手が4人(途中移籍の選手を含めると5人)。

 同じ地区は、タンパベイ・レイズが独走しているが、インターリーグ初日は敗北。ニューヨーク・ヤンキースは、サブウエイシリーズを制して初戦勝利。

 インターリーグは、人気もあり、楽しみな試合が多い。今後の展開に注目。


 ブルージェイズの過去記事

 トーマス3本塁打、ハワード2本塁打で満塁弾

レイカーズ連勝_ガソルが4Qに14得点 

 NBA、2010年5月19日。

 NBAのプレイオフ、ウエストの決勝2戦目、ロサンゼルス・レイカーズが、フェニックス・サンズに勝利。124対112。やはり、サンズ相手なので、高得点ゲームになった。

 試合は3Qまでは、90対90の同点。4Qに、パウ・ガソルが14得点を入れて、サンズを引き離した。ガソルは、29得点、9リバウンド。コービー・ブライアントは、21得点、13アシストの活躍。ラマー・オドムは、17得点、11リバウンドで、このプレイオフ、ベンチスタートの選手で、7試合目のダブルダブルを達成。これは、今季プレイオフのNBAでは最多。2位は、5試合で、マーカス・キャンビーなど。

 レイカーズは、次のロードでの2連戦、1勝1敗としたいところか。連敗すると、嫌なムードになりそうなので。安定感のあるチームなので、そのようなことはないだろう。もし、3戦目に勝つと、かなり有利になりそう。ロードで1勝すれば、レイカーズの流れでシリーズが進みそう。

 サンズも、今日は、いいゲームを3Qまでしたと思う。特に、グラント・ヒルが23得点の活躍。往年のオールラウンドの活躍とは、いかなくとも、チームに貢献。スティーブ・ナッシュも15アシスト。ヒルが高得点をあげるようなら、チームの攻撃パターンが増えそうで、今日の試合が、今後にいい流れに繋がるといいのであるが。

 サンズとして、3、4戦のホームでの試合で勝ちたいところ。サンズの攻撃力をフルに発揮してして欲しい。なので、いつもより、ハードに試合をしたいところ。できれば、ディフェンスも良くしたいといいたいところであるが。地元に帰って、いいゲーム、いや、勝ちたいところ。ファンの声援にこたえたいところか。


 NBAの過去記事

 ウエストの決勝はレイカーズ対サンズ_サンズの1992-93

レイカーズ初戦勝利_コービーが3Qで猛攻 

 NBA、2010年5月17日。

 NBAのプレイオフ、ウエストの決勝初戦、昨季ファイナル制覇のロサンゼルス・レイカーズが、フェニックス・サンズに勝利。サンズ相手なので、高得点のゲームになりますね。

 レイカーズのコービー・ブライアントは、この試合40得点。特に、3Qでは、サンズ24得点に対し、コービーは、1人で21得点の活躍。3Qで14点差に開いた。128対107で勝利。リバウンドもレイカーズが良かった。
 他、パウ・ガソルも23得点、ラマー・オドムも19得点19リバウンドの活躍。

 レブロンが敗退したので、コービーには、ファイナルまで行って欲しいですね。

 サンズは、不安のディフェンスの甘さが露呈。でも、攻撃にリズムがでれば、このチームの攻撃力にはどのチームもかなわないだけに、以降のゲームに期待。

 昨日は、ボストン・セルティックスが初戦を勝利。セルティックスの本領発揮。地力はありますね。オーランド・マジックは、プレイオフで初の敗北。かなり、前半リードされて焦った感じにみえた。それくらい、マジックは、このゲームの前までプレイオフで圧勝してきたということか。

 NBAの過去記事

 ウエストの決勝はレイカーズ対サンズ_サンズの1992-93

NHLのプレイオフ_東の準決勝で大波乱 

 NHL、2010年5月14日。
 NHLのプレイオフ、イーストの準決勝で、シード7位のフィラデルフィア・フライヤーズが、シード6位のボストン・ブルーインズに、3連敗の後4連勝でシーリズを制覇。

 7戦シリーズで、3連敗の後4連勝で制したのは、NHL史上3度目。1941-42年のトロント・メイプルリーフス、1974-75年のニューヨーク・アイランダースが、過去に達成している(アメリカ4大スポーツでは、MLBで、1度だけ達成されてる)。いかに、難しいかがわかる。

 そして、イーストの決勝が、フライヤーズ対モントリオール・カナディアンズの対戦。これは、シード7位とシード8位の対戦で、イーストの覇者が決まるという、史上初のケースとなった。

 大波乱のNHLプレイオフのイースト、1ラウンド、準決勝になった。


 NHLの過去記事

 レッドウィングス11度目のスタンリーカップ覇者

レブロン_東の準決勝で敗退_セルテックスが東の決勝へ 

 NBA、2010年5月13日。

 レブロン・ジェームス率いるキャバリアーズが、ボストン・セルティックスに敗れて、2勝4敗で、イースト準決勝で敗退が決まった。セルティックスは、オーランド・マジックとイーストの決勝で対戦が決定。

 キャバリアーズは、レギュラーシーズン断トツの成績でプレイオフに望んだが、イースト準決勝で敗退。最終戦も、レブロン・ジェームスがトリプルダブルの活躍、19リバウンドは、プレイオフでのキャリア最多、レギュラーシーズンを含めてもキャリアタイ記録。このシリーズ、レブロン・ジェームスの個人成績も、勝った2試合は、平均36.0ポイント、敗れた4試合は、平均22.0ポイント。

 今日の試合で、レブロン・ジェームスは、キャバリアーズで最後のゲームかもしれない。移籍するかも。移籍先は、予想されているのは、シカゴ・ブルズ、マイアミ・ヒート、ニューヨーク・ニックス。

 セルティックス対マジックのイーストの決勝。イースト準決勝で過去のシリーズと比較しても圧倒的な勝利をあげたマジックと、このシリーズ好調のセルティックス。おもしろい対決。

 NBAの記事

 レブロン_史上10人目の2季連続MVP

イーシアーが現在単独で三冠王に_今季の成績 

 2010年5月12日。(MLB)

 ロサンゼルス・ドジャースのアンドレ・イーシアが、この日本塁打を放ち11号、本塁打で単独首位、打率、打点の三冠の部門でいずれもリーグ首位となっている。

 現在、打率.385、11本塁打、37打点。勝負強さは素晴らしい、年々、パワーも付けてきている。

 さて、今シーズンは、3試合目からずっと3割をキープしている。2試合連続ノーヒットの試合はない。3安打以上6試合と、固め打ちも多いが、確実に1安打を打っており、あまりスランプらしい兆しはなさそうに見える。1試合2本塁打以上も2試合、1試合3打点以上も5試合。

 特に、5月は、11試合で、46打数22安打、5本塁打、18打点、打率.478と絶好調。

 勝負強いバッテイングのイーシアー、安定感も今まで通りなら、かなりの成績を残せそう。


 ドジャーズの記事

 30本塁打カルテットの達成の最初_1977年とは

松坂が今季最高のピッチングで2勝目 

 2010年5月11日。(MLB)

 ボストン・レッドソックスの松坂投手が、今季最高のピッチングで2勝目。チームも3連勝で、3位に、0.5差と迫った。

 この日の松坂投手は、抜群の安定感で、見事なピッチングを披露。7回を投げて、9奪三振、無四球という素晴らしい内容。被安打3、70%近くがストライク。復活の兆しが見えたという感じ。

 今季、初登板は、最終イニングにに6失点、2試合目も初回に4失点の不調であったが、今日は、先発の責任を充分果たした内容。ゲームを作り上げた感じ。

 これで、2勝目(2勝1敗)。三振も、17イニングで16奪三振と、ほぼ、1イニングに1個と、本来のペースに戻った。

 ビクトル・マルティネス、デービッド・オルティスの2人のパワーヒッターを欠きながらの勝利。そして、この日の投球内容で、しばらく先発ローテーションを確保したような感じ。ジョシュ・ベケットのケガもあり、チームの先発の柱となりそうな感じ。

 昨季の記事

 レッドソックス18得点23安打_Vマルティネス大活躍

ウエストの決勝はレイカーズ対サンズ_サンズの1992-93 

 NBA。2009-10。

 ウエストカンファレンスの決勝は、ロサンゼルス・レイカーズ対フェニックス・サンズとなった。ともに準決勝は、4勝無敗のストレート勝ち。激戦ウエストで、2チームのプレイオフの強さが表れている。

 レイカーズは、コービー・ブライアント、パウ・ガソル中心で、ファイナル連覇を狙う。他のメンバーも充実しており、攻守ともに安定している。コービーの勝負強さは、頭抜けているといえそう。

 サンズは、スティーブ・ナッシュ、アマレ・ストゥダマイヤーが中心で、1992-93以来のファイナル進出を狙う。

 サンズの1992-93のときのメンバーは、2チーム作れるほど層の厚いチーム。NBANO1の攻撃力を誇った。スーパースターのチャールズ・バークリーをシ-ズン前に獲得し、一躍優勝候補にあがった。
 他にも、NBA史上5人目のシーズン平均20ポイント、10アシストを記録したことのあるケビン・ジョンソン、クリエイティブな動きは素晴らしいかった。ベテランになっていたが、元スコアラーのトム・チェンバース。どこからも攻撃できる、ダン・マーリー。後に、急成長した、ジョー・デュマース。勝負ところで必ず決める、ダニー・エインジ。ダンクコンテスト優勝、急成長のセドリック・セバロス。
 当時は、この7人全員が平均10ポイント以上挙げるNBA屈指の攻撃力だった。

 この戦い、サンズのディフェンスの出来次第か。または、シーズン以上の攻撃力をサンズが出せれば、いい勝負かも。

 レイカーズのスタータは万全なメンバー。昨年、一昨年もファイナルを経験しているので、その経験の差が有利かも。

 NBAの過去記事

 レブロン_史上10人目の2季連続MVP

スターリン・カストロ_歴史的な衝撃デビュー 

 MLB。2010年5月7日。

 シカゴ・カブスの新人スターリン・カストロが歴史的な衝撃デビューを飾った。

 2Aから上がったばかりのカストロは、メジャーデビュー初打席で本塁打。チーム史上6人目の快挙を達成。チームでは、ポール・ギルスパイエが1人目、最近では、ジム・ブリンガー以来の快挙で、ほか、カーメロ・マルチネスなどが達成している。

 メジャーデビュー初打席で本塁打の選手の中で、歴代3位の若さで達成。

 3打点本塁打のあとも、3打点三塁打で、この日6打点。メジャーデビュー戦で1試合6打点は、近代野球での新記録。過去、4人の選手が5打点を記録していた。最近では、ベン・グリーブが1997年に達成(翌年の新人王)。

 今季、メジャーデビュー初打席本塁打は、ジェイソン・ヘイワード、ルーク・ヒューズに次いで、今季3人目。

 今季は、デビット・フリースをはじめ、すごい新人が多いですね。

 カストロは、1990年生まれの20歳、ドミニカ出身。今季は、最初、2A、テネシーでプレイしていた。遊撃手。

 カブスの過去記事

 ザンブラノがノーヒッター_A・ロッド100打点

カージナルスのフリース_リーグ打率2位は新人 

 MLB。2010年5月5日。

 セントルイス・カージナルスの新人デビット・フリースが大活躍。カージナルスは、投打ともバランスがとれており、ここ2試合は敗れているが絶好調。現在18勝10敗でナリーグ中地区の首位。

 打撃陣で好調なのが、フリース。同じ新人では、アトランタ・ブレーブスのジェーソン・ヘイワードの勝負強い打撃が目立つが、フリースも好成績。一時期首位打者に躍り出たことも。現在、打率.360、3本塁打、19打点と、打撃上位に顔を出している。開幕は、8番を打っていた、ベンチにいることもあったが、最近は、5、6番を打っている。4月29日には、1本塁打6打点の活躍。その前後の試合は、打点の荒稼ぎで、4月27日から5月3日までの7試合で3本塁打14打点。先週の週間MVPに輝いた。

 今後の活躍を期待。2006年ドラフト。期待の新人の一人。

 チームの投手力は素晴らしい。クリス・カーペンターが4勝、防御率2.84、アダム・ウェインライトが4勝1敗、防御率1.96、ブラッド・ペニーが3勝2敗、防御率1.99、ハイメ・ガルシアが3勝1敗、防御率1.13。リリーフ陣も、素晴らしい成績。

 今季のカージナルスは、地区を独走して優勝しそうな勢い。

 
 カージナルスの記事

 2009ナリーグMVP_プホルス_史上2位の3度目

岩佐真悠子_中川果歩_ウェルかめ 

 2010年5月4日。

 NHKの連続テレビ小説「ウェルかめ」の総集編が放送された。

 気になった女性は、中川果歩を演じる岩佐真悠子さん。落ち着いたクールな感じの演技がステキに思えた。医師を目指して医学部に通う学生、その後、医師として病院で働く女性役。何事にも動じないような冷静な感じがステキに見えた。

 ストーリーでは、最初は、少し話しづらい感じのイメージであったが、それも、見事な演技力でこなしたように思える。孤独っぽい感じであるが、女性友達から誘われると、結局は、いつのまにか参加している。その、なにげない感じも上手に思えた。(これは、幼少のころからそうであるが。)。

 医師らしい、冷静な落ち着いた判断をする女性には、ピッタリの役柄・演技に思えた。そして、恋心を抱いてからの女性らしい一面も可愛い。交際を断られて、ヒロイン、波美達が心配で電話しても、「そんな暇はないの、今、忙しい。」と言っている。しかし、その後も、交際を断られた男性とも、何気なく会っている。そして、喧嘩したり、相手の仕事の心配をしたりしている姿も可愛い。

 そんな、果歩も、祖父には、いろいろ打ち明けている。医師として自分の気持ちを。波美の相談にのっているところは、優しい感じに思えた。出番は少ない感じがしたが、なんとなく、ステキな雰囲気の女性に思えた。

 ヒロインの倉科カナさん(浜本(山田)波美)、田中こなつさん(笹原(堺)綾)も、ステキな演技に見えた。爽やかなストーリーでしたね。

 NHK連続ドラマ関連

 ちりとてちん_喜代美の幸せに向けて

レブロン_史上10人目の2季連続MVP 

 2010年4月30日。

 NBA、クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズが、2009-10のMVPを獲得した。

 チームへの貢献度が高いということだろうか。チームは、レギュラーシーズン61勝と、NBAでNO1。そして、怪我人の多かったチームを、上手く支えたことなどが、評価されたのだろう。個人記録も、1試合平均、29.7得点(リーグ2位)、7.3リバウンド、8.6アシストと、オールラウンドの活躍。

 2季連続MVPの獲得は、ビル・ラッセル、ウォルト・チェンバレン、カリーム・アブドゥル・ジャバー、モーゼス・マローン、ラリー・バード、マジック・ジョンソン、マイケル・ジョーダン、ティム・ダンカン、ステーブ・ナッシュに次いで10人目。
 来季MVPを獲得すれば、ラッセル、チェンバレン、バードに次いで、史上4人目の3季連続MVPとなる。

 MVP得票は、1位票を、123票中116票を獲得して、結果的に圧勝と言えそう。

 <レブロン・ジェームズ>
 愛称「キング」、NBAを代表する屈指の選手。オールランドプレイヤー。通算得点の最年少記録を更新中。通算成績、7シーズンで、通算15251得点、平均27.8得点、アシストも通算平均7.0、リバウンドも通算平均7.1、ゲームでトリプルダブルを達成するなど、オールランドな成績。まだ若いだけに、どこまで記録を伸ばすか。
 
 NBAの記事

 コービーが窮地を救う決勝シュート_レイカーズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。