スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパンが1試合3三塁打の近代野球タイ記録達成 

 2010年6月29日。(MLB)

 ミネソタ・ツインズのデナード・スパンが、1試合3三塁打を記録。近代野球タイ記録を達成。

 スパンは、この日、リードオフマンとして、4打数4安打5打点の活躍。チームが11対4で勝利。勝利に大きく貢献した。

 1試合3三塁打の記録は、最近では、2002年のラファエル・ファーカル以来の快挙。チームでは、1980年のケン・ランドロー以来2人目。ランドローは、ロッド・カルーのトレードに関わった選手。

 1試合4三塁打の記録は、近代野球では達成されておらず、1885年、1897年に、1度づつ達成されている。

 ツインズ関連

 2009アリーグMVP_J・マウアー

スポンサーサイト

ハミルトン安打数で快記録_レンジャーズチームも快記録 

 2010年6月27日。(MLB)

 テキサス・レンジャーズのジョシュ・ハミルトンが、チーム史上2番目の飛距離となる本塁打を放ち、21試合連続安打を達成、月間47安打のチームタイ記録も達成した。
 チーム史上最長の本塁打は、ホセ・カンセコが1994年に打った本塁打とされている。月間47安打は、ミッキー・リバース、フランク・カタラノットに次いで3人目の快挙。残り試合もあるので、新記録達成か。

 チームは、46勝29敗で、75試合終了時点でのチームの歴代最多勝。月間20勝も、チーム3度目の快挙。

 今季のレンジャーズ、調子いいですね。やはり、バッテイングチームは、伝統的に継承されているのか。


 レンジャーズ関連

 レンジャーズが1991年以来の10連勝

ワグナーが歴代5人目の400セーブ、投手の通算記録更新は難しい 

 2010年6月25日。(MLB)

 アトランタ・ブレーブスのクローザーのビリー・ワグナーは、9回に登板、3者連続三振で完璧に封じて、今季15セーブ目、通算歴代5位の400セーブを達成した。左腕投手では、ジョン・フランコの424セーブに次いで2位。

 ワグナーは、今季、31試合で、防御率1.19、30回1/3イニングで46奪三振。驚異的なペースで、三振を獲っている。
 通算でも、813試合で、400セーブ、864イニングで1138奪三振。奪三振率は、11.85となり、奪三振率首位のランディ・ジョンソンの記録を上回る(ただし、投球イニングの制限もあるのか。)。1イニングあたり1.31個という数字は素晴らしい。過去にも、クローザークラスの選手で、もっと凄い記録の選手がいたと思われるが…。

 ワグナーは、素晴らしい剛球投手、そう簡単には打てそうもない投手に見えた。あのスピードボールには、打者も付いていけない。しかし、四球は、多い方だろうが。しかし、非常に魅力的な投手に見えた。ヒューストン・アストロズが主な在籍球団。

 ブレーブスも首位を走っており、ワグナーを十分な貢献。今季移籍してきたワグナーとトロイ・グラース、今季デビューのジェーソン・ヘイワードの新戦力の活躍は、素晴らしい。他、2年目のクリス・メドレン、トミー・ハンソンの素晴らしい活躍。

 通算セーブ数では、500セーブ以上は、トレバー・ホフマンが596セーブ(歴代1位)、マリアーノ・リベラが543セーブ(歴代2位)。この記録に、少しでも、近づいてほしいが。

 投手の通算記録で、現在、歴代記録を更新できそうなのは、セーブ記録と、登板数の記録くらい(ネガティブな記録は除く)。他は、手の届かないような天文学的な記録になっている。

 ブレーブス関連

 ヘイワード_サヨナラヒット_打点もリーグ2位タイに

レンジャーズが1991年以来の10連勝 

 2010年6月21日。(MLB)

 テキサス・レンジャーズは、ピッツバーグ・パイレーツに13対3と快勝して、10連勝になった。主砲ジョシュ・ハミルトンを欠きながらの勝利は大きい。10連勝は、1991年以来となる。

 1991年、チームは、14連勝の記録を作った。この間、1試合平均8.1得点と、打線が好調。この年は、フリオ・フランコが首位打者に、ラファエル・パルメイロも高打率を残し、ルーベン・シエラも好成績。若き主砲のホワン・ゴンザレスが100打点を突破。これらは、すべて、ラテン系出身の選手。アリーグで、最高の得点をあげたチーム。最終的に3位になったが、脅威の打線といわれた。
 投手陣も、あの、ノーラン・ライアン、ケニー・ロジャース、ケビン・ブラウンと、素晴らしい先発陣。

 この年は、アリーグ西地区は、全チームが5割以上という珍現象に。

 レンジャーズ関連

 サミー・ソーサ史上5人目の600号

ワールドカップ2010_ポルトガルとスペインが快勝 

 2010年6月21日。(ワールドカップ2010)

 前評判の高かった、ポルトガルとスペインが、予選2ゲーム目にして勝利。この2チームは、昔から強いというイメージがある。

 ポルトガルは、7対0で勝利。この勝利は大きい。エース、クリスチアーノ・ロナウドもゴールを決めた。現在Gグループ2位、1勝1分けで勝ち点4。次は、ブラジル戦であるが、ブラジルは、1次リーグ突破が決定している、大きな勝負に来ないのでは。ケガも心配である。それより、ポルトガルは、ブラジル戦に負けても、コートジボワールが勝って勝ち点で並んでも、現在両チームの得失点差が9なので、よほどのことがないかぎり、1次リーグ突破となりそう。

 スペインは、2対0で勝利。ダビド・ビジャが2得点。フェルナンド・トーレスにも得点の欲しいところであるが。次は、チリ戦。チリも攻撃力のあるチームであるが、スペインの方が攻撃力がありそう。ぜひとも勝ちたいところ。スイスの結果次第ではあるが。最低限、スペインは得失点差でスイスより有利ということもあるが。しかし、3チームが勝ち点6で並ぶ可能性もあるが、スペインは、勝てば、チリを得失点差で上回るので、勝てば1次リーグ突破となる。負けても・・・、きりがないので、省略。

 優勝候補チームは、予選リーグにプレッシャーを感じるらしい。逆に、決勝トーナメントになれば、本領を発揮するらしい。ポルトガルとスペインの決勝トーナメントでの素晴らしいプレイが見たい。


 サッカー関連

 ワールドカップ2010_イタリアは引き分けスタート_歴代前回優勝チームの初戦は

レイカーズが連覇_16度目のファイナル制覇 

 2010年6月17日。(NBA2009-10)

 NBAファイナルの第7戦。ロサンゼルス・レイカーズとボストン・セルティックスは3勝3敗で迎えた最終戦。ここまで、まったく互角の戦い。どちら勝っても不思議ではない、そんな素晴らしいファイナル。

 第7戦は、序盤、セルティックスがリード、センターのケンドリック・パーキンスをケガで欠いたが、ベテランのラシード・ウォーレスと若いグレン・デービスがポストプレイを支えた。堅い守りのセルティックのペース。

 中盤以降、レイカーズが追い上げる。4Q、セルティックスは4点リード(57対53)で始まる。パウ・ガソルの得点で2点差に。その後、膠着状態で得点が止まる。レイカーズは、タイムアウト後、ロン・アーテストのファイルを受けながらのシュートで同点に(61対61)。その後も、接戦が続くが、コービー・ブライアントのフリースローとシュート、ガソルのフリースローで6点差に開く。残り1分30秒(レイカーズが76対70)で、セルティックスは、タイムアウト後、ウォーレスの3ポイントで3点差に迫る、しかし、レイカーズもアーテストの3ポイントで6点差に広げる、再度、セルティックスのレイ・アレンの3ポイントで3点差に迫る。

 残り25秒で、レイカーズがコービーのフリースローで5点差に。残り16秒、セルティックスもレイジョン・ロンドの3ポイントで2点差に迫る(79-81)。

 残り13秒で、ファールゲームに。レイカーズがフリースローで5点差に。残り4秒で、セルティックスのロンドの3ポイントが外れて、ゲーム終了。

 最終的に83対79で、レイカーズの勝利。4勝3敗で、16度目のファイナル制覇。セルティックスのHCも、4Q以降、ポストプレイでレイカーズに負けたと言っている。リバウンド数の差も大きい。個人のチーム計で13差、チームリバウンドを含めるとさらに多くなる。しかし、レイカーズもシュートが決まらなかった。32.5%と非常に低い。こんなスタッツも、最後のゲーム・最後の決戦で、序盤からハードな戦いになったからなのか。

 レイカーズは、31回のファイナル出場で16回制覇。セルティックスは、21回のファイナル出場で17回制覇は、そのまま。

 伝統のこのシリーズも、12回の対決で、セルティックス9回制覇、レイカーズ3回制覇。しかし、ここ4回の対決では、レイカーズが3回制覇している。

 来季もこの2チームが中心でNBAは展開されるだろう。


 NBA関連

 セルティックス対レイカーズの過去のファイナル

ワールドカップ2010_イタリアは引き分けスタート_歴代前回優勝チームの初戦は 

 ワールドカップ2010。2010年6月16日。

 イタリアは、パラグアイと引き分け。イタリアは、もともと、スロースターターのチームなので、引き分けでも、いいのかも。

 イタリアは、1982年は、予選リーグで、3試合すべて引き分けで突破、そして優勝している実績もあるから。

 前回優勝チームの初戦は、2006年大会までで、9勝、4敗、3分け。引き分けの3チームは、予選突破はしているが、優勝はしていない。負けの4チームは、予選敗退が2回、2次リーグ敗退が1回と、やはり厳しい。

 イタリアは、チームの平均年齢が高いことが心配されている。歴代のイタリアチームでは、平均年齢が最高齢らしい。今大会でも、32チーム中4番目になるらしい。

 怪我人も多いようであるが、カテナチオに期待。連覇も期待したい。

 サッカー関連

 アメリカがイングランドと引き分け_ワールドカップ2010

ダニエル・ナバ_メジャー初打席初球満塁弾デビュー 

 2010年6月12日。(MLB)

 ボストン・レッドソックスのダニエル・ナバが、史上2人目のメジャー初打席初球満塁本塁打を打った。これ以上ないデビューとなった。

 この記録は、2006年、クリーグランド・インディアンスのケビン・クーズマノフ(現オークランド・アスレチックス)のみが達成している。

 メジャー初打席満塁本塁打は、他に、1898年、ビル・ダグリビー、2005年、フロリダ・マーリンズのジェレミー・ハーミダ(現ボストン・レッドソックス)の2人。

 今季、メジャー初打席本塁打は、ジェイソン・ヘイワード、ルーク・ヒューズ、スターリン・カストロに次いで、今季4人目。


 メジャーデビュー記事

 スターリン・カストロ_歴史的な衝撃デビュー

アメリカがイングランドと引き分け_ワールドカップ2010 

 2010年6月12日。(ワールドカップ2010)

 C組、昨年のコンフェデ杯の準決勝でスペインを破ったアメリカ対44年ぶりの優勝を狙うイングランドの対決。強豪対決。

 前半4分、イングランドのスティーブン・ジェラードのがパスを受けて、流してゴールで先制。前半40分、アメリカがラッキーな得点。クリント・デンプシーのミドルシュートをイングランドのGKがミスキャッチで、同点に。

 後半は、イングランドの攻勢、アメリカのカウンター攻撃での攻防で、結局1対1の引き分けとなった。

 スタッツは、シュート:アメリカ12 イングランド18
       支配率:アメリカ43% イングランド57%
 この値からも、試合はイングランドのペースであったことがわかる。

 ワールドカップでのアメリカ対イングランドは、1950年に1度対決。グループ2の予選で対決。アメリカがジョー・ガエトヘンスのゴールで1対0で勝っている。

 アメリカは、強豪国相手にも、十分通用する戦力と戦術を持っている。アメリカのサッカー熱は、ワールドカップ自国大会開催以来続いている。MSリーグのプロ組織もある。イングランドも、多彩なタレントで優勝を十分狙えそう。プロのプレミアリーグは有名。

 両国とも、残りの2チームに堅実なゲームをすれば、決勝トーナメントに進出か。

 サッカー記事

 マンチェスターU_欧州CLのジンクス破れるか (2009/02/24)

ペティット_チーム3人目の200勝投手 

 2010年6月11日。(MLB)

 ニューヨーク・ヤンキースのアンディ・ペティットが、古巣のヒューストン・アストロズから勝利。これで、チーム3人目のヤンキース通算200勝投手となった。過去、ホワイティー・フォード、レッド・ラフィングが達成している。

 ペティットは、今季8勝目と好調。通算237勝で、ヤンキースで200勝、アストロズで37勝となった。ヤンキースデビューで、新人のころから驚異的な勝ち数を誇る。

 歴代では、ホワイティー・フォードの236勝(通算でも236勝)。106敗で、勝率.690という驚異的な数字。ミッキー・マントル、ロジャー・マリスらとともに、第三期黄金時代のエース。絶対的な安定感のある投手。

 レッド・ラフィングは、231勝(通算で273勝)。ベーブ・ルースやルー・ゲーリッグとともに第一期黄金時代のエース。

 ちなみに、ヤンキースの通算勝ち数、4位は、レフティー・ゴーメッツ、5位は、ロン・ギドリーと、黄金時代のエースが続く。

 ヤンキース記事

 WS_ヤンキースがV27_松井がMVP

藤沢里菜プロ初勝利_速報 

 2010年6月10日。(囲碁)

 最年少囲碁棋士の藤沢里菜初段が、棋聖戦予選Cの対局で勝利して、プロ初勝利。おめでとう。

 囲碁の内容は大接戦だったようですね。

 これからも、健闘を期待したいです。 


 囲碁関連記事

 藤澤里菜_最年少囲碁棋士_デビュー戦は黒星

Dリー通算300号_父は日本でプレイした選手 

 2010年6月9日。(MLB)

 シカゴ・カブスのデレク・リーが、通算300号を打った。カブスのユニフォームで通算300号を打ったのは、史上7人目。

 過去に、アーニー・バンクス、ビリー・ウイリアムズ、ロン・サント、ロン・セイ、アンドレ・ドーソン、サミー・ソーサ。

 カブス在籍での個人ホームラン記録は、ソーサの545本、バンクスの512本、ウイリアムズの392本、サントの337本が300本塁打以上。セイ、ドーソン、リーは、他球団でも本塁打を打っている。

 リーの父は、レオン・リー。ロッテ、大洋、ヤクルトで大活躍。



 カブス記事

 スターリン・カストロ_歴史的な衝撃デビュー

ヒメネス_早くも11勝_快記録の期待 

 2010年6月6日。(MLB)

 コロラド・ロッキーズのウバルド・ヒメネスが11勝目あげた、防御率0.93。チームの56試合消化時点。連続月間MVPを達成するなど、素晴らしい活躍。

 計算上は、30勝ペースとなるのであるが。1968年、デニー・マクレーン(マクレイン)の31勝以来、ナリーグでは、1934年、ディジー・ディーンの30勝以来となるが。アンタッチャブルな記録だけに、難しいそう。投手の登板間隔からみて、ほぼ奇跡的な勝率と、必ず勝ち負けの着くところまで投げないといけない。でも、期待はしたい。

 防御率0点台も難しいだろう。しかし、こちらも、期待をしたい。ナリーグでは、1912年以降で、1968年のボブ・ギブソンの防御率1.12が最高。アリーグでは、1913年以降で、1914年のダッチ・レオナードの防御率0.96が最高。

 1968年のギブソンは、投球回数305イニングでの記録。シーズン13完封は、ナリーグでは、1900年以降で、リーグ2位の記録。

 ヒメネスの今後の素晴らしい投球を期待。久しぶりのシーズン25勝を期待。25勝は、ナリーグでは、1972年、スティーブ・カールトンの27勝以降いない。アリーグでも、1990年のボブ・ウェルチの27勝以降いない。

 MLB記事

 MVP_満票での選出_投手は2人

イチロー_チーム史上3人目の通算1000得点_他の記録は 

 2010年6月5日。(MLB)

 シアトル・マリナーズのイチロー外野手が、チーム史上3人目の通算1000得点を達成。1481試合目で到達。

 チームでは、エドガー・マルチネスの1219得点が最高、2位が、ケン・グリフィーの1113得点。以下、4位が、ジェイ・ビューナーの790得点。

 他の記録で、チーム1位なのは、通算打率.333(2位は、エドガー・マルチネスの.312)、三塁打も通算70本でチーム1位、盗塁も通算358でチーム1位。

 チーム2位なのが、通算安打数など。多くが、エドガー・マルチネス、ケン・グリフィー、イチローで記録を保持している。

 シーズンの記録になると、アレックス・ロドリゲス、ハロルド・レイノルズなども記録に連ねている。

 今季は、10年連続200安打を達成してほしい。安打製造機・チャリーハッスルのピート・ローズの200安打シーズン10回に並ぶことになる。

 イチロー記事

 イチロー9年連続200安打の快挙達成

イチロー8年連続200安打_キーラーと並ぶ

2009-10ファイナル_レイカーズが初戦勝利 

 NBA2009-10。2010年6月3日。

 NBAファイナルの初戦。ロサンゼルス・レイカーズ対ボストン・セルティックスのNBA屈指の名門同士の対決。ライバル同士の対決。

 レイカーズがセルティックスに102対89で勝利。レイカーズのコービー・ブライアント、パウ・ガソル、ロン・アーテストの活躍が勝利を導いた。

 セルティックスのポール・ピアースとマッチアップのアーテスト。かなり激しいマークで、ピアースは、3Q終了まで11得点に押さえ込まれた。

 コービーは、この試合のスコアリングリーダー。30得点をあげた。
 ガソルは、インサイドをよく守った。リバウンド数でも、セルティックスに圧勝。

 セルティックスのケビン・ガーネットは16得点、リバウンドも少なく、フィールドゴール成功率も悪かった。

 初戦を見るかぎりではあるが、2007-08年のファイナル以降、レイカーズがより成熟した感じがあり、セルティックスはあまり進歩がないような感じにみえる。やはり、アーテストの加入が大きいのか。

 コービーとフィル・ジャクソンHCのコンビで、NBAプレイオフ通算111勝目となり、新記録を樹立。スコット・ピッペンとフィル・ジャクソンHCのコンビの110勝を抜いて単独首位に。マイケル・ジョーダンとフィル・ジャクソンHCのコンビは105勝で3位タイとなっている。

 NBA記事

 レブロン_史上10人目の2季連続MVP

セルティックス対レイカーズの過去のファイナル 

 NBA2009-10。2010年5月31日。

 NBAファイナルは、12度目の対決となる名門同士。

 通算で、セルティックスの9勝2敗。

 昨年まで、セルティックスは、20回のファイナル出場で17回制覇。凄い勝率。負けたのは、上記のレイカーズに2回と、1957-58年のセントルイス・ホークス(アトランタ)に負けただけ。
 レイカーズは、30回のファイナル出場で15回制覇。セルティックスとの対決を除くと、19回のファイナル出場で13回制覇。これも、かなりの勝率。

 NCAAファイナルの興奮をNBAに持ち込んだラリー・バートとマジック・ジョンソン、NBAのプレイは1979-80年からであり、5年後の1983-84から両者は3度の対決。盛り上がり、人気沸騰のファイナルとなった。結果は、マジック・ジョンソンの2勝1敗。両チームは、NBAの名門中の名門であるが、レイカーズが1984-85年に勝つまで、セルティックスには一度も勝てなかった(ラリー・バートとマジック・ジョンソンの初対決の1983-84年は、レイカーズのミスが多く、有利に試合を進めながらも、惜しくもファイナルでは敗退)。それ以前のセルティックスは、ビル・ラッセルの活躍で、ファイナルを制覇している。1956-57年から68-69年の13年間でファイナル8連覇を含め、11回のファイナル制覇。まさに、黄金時代。

 過去のボストン・セルティックス対ロサンゼルス・レイカーズのファイナルの対決。

 2007-08年 セルティックス 4-2 レイカーズ
 1986-87年 レイカーズ 4-2 セルティックス
 1984-85年 レイカーズ 4-2 セルティックス
 1983-84年 セルティックス 4-3 レイカーズ
 1968-69年 セルティックス 4-3 レイカーズ
 1967-68年 セルティックス 4-2 レイカーズ
 1965-66年 セルティックス 4-3 レイカーズ
 1964-65年 セルティックス 4-1 レイカーズ
 1962-63年 セルティックス 4-2 レイカーズ
 1961-62年 セルティックス 4-3 レイカーズ
 1958-59年 セルティックス 4-0 レイカーズ(ミネアポリス)

 今季は、実力伯仲の両チームに思えるが。

 NBA記事

 レブロン_史上10人目の2季連続MVP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。