スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レブロン_キャンプインで大きな決断か 

 2010年9月27日。NBA

 レブロン・ジェームズが、このオフ、クリーブランド・キャバリアーズからマイアミ・ヒートに移籍。衝撃的な移籍劇となったが。

 レブロンは、会見で、次のように語っている。「周りの雑音には耳を貸さない。…自分で下した決断に責任を持つ。…。」と強い口調でコメントしている、と報じられている。

 今季、FAの大きな衝撃となった、この移籍。チームメイトに、同期の花のドラフトといわれた年のメンバーが集結した、マイアミ・ヒート。すぐにファイナル制覇は難しいだろうが、いずれは、ファイナルを制覇しないと、いけないだろう。

 レブロンも、かなりのプレッシャーを感じているのでは。しかし、レブロンの意気込み、決意に期待したいところ。

 今季のNBAの開幕戦が、同カンファレンスの強豪ボストン・セルティックスとの試合。好調なスタートダッシュができるか、それとも、スタートで、もたつくか。早くも気になるところ。

 レブロン_史上10人目の2季連続MVP

スポンサーサイト

MLBの1970年代の球界とは 

 2010年9月27日。MLB

 1970年代のMLBの歴史。

 自由を求めた時代とも言えそうだ。1976年、初めて、フリーエージェントの資格を得た選手が出て、1976年にフリーエージェンドドラフトが生まれたこと。

 チームでは、キャットフィッシュ・ハンター、レジー・ジャクソンを擁したオークランド・アスレチックスのワールドシリーズ3連覇(1972-1974年)、ロン・ギドリー、レジー・ジャクソンを擁したニューヨーク・ヤンキースの2連覇(1977-1978年)、ビック・レッド・マシンと言われたピート・ローズ、ジョニー・ベンチ、ジョー・モーガンなどを擁したシンシナテイ・レッズの2連覇(1975-1976年)などがあげられそうだ。

 個人記録では、打撃では、1974年、ハンク・アーロンが、ベーブ・ルースに記録を抜く通算715号本塁打を放った。1977年、ルー・ブロックが、当時の盗塁シーズン記録を更新するシーズン118盗塁を達成。1977年のワールドシリーズで、レジー・ジャクソンが1試合3本塁打の快挙を達成。

 投手では、1973年、ノーラン・ライアンがシーズン383奪三振の快記録を達成。1974年には、当時のタイ記録1試合19奪三振を奪う。

 1972年、1979年に、ストライキを行っている。

 1973年に、アリーグで、初めて指名代打制(DH)が採用された。1976年には、ワールドシリーズでも、採用された。 

 オールスター2010_ナリーグ1996年以来の勝利

レンジャーズ_11年ぶりの地区V_11年前の1999年のときは 

 2010年9月25日。MLB

 テキサス・レンジャーズが1999年以来の地区優勝。今季の打撃陣は、素晴らしいメンバーと言えそうだ。そう、伝統的に、打撃チーム。

 トレードで獲得したウラジーミル・ゲレロが、打率.301、28本塁打、111打点でクリーンアップの中軸を任され活躍。ジョシュ・ハミルトンが、打率.361、31本塁打、97打点と、ベストシーズン以来の大活躍。ネルソン・クルーズも、出場試合が101試合で、打率.310、21本塁打、75打点の大活躍。それに、マイケル・ヤング、イアン・キンスラーもまずまずの活躍。これだけ、主軸が打ては、強いだろう。

 このほかにも、開幕から連続打点試合の記録を更新したホルヘ・カントゥを獲得。過去シーズン100打点を達成したことのある若い選手、ジェフ・フランコアを獲得。デービッド・マーフィーもパワーがある。これだけの打撃陣なら、怪我がなければ、脅威の打線といえそうだ。

 1999年の地区優勝の時も、豪快な打撃で勝ち取った。ラファエル・パルメイロが打率.324、47本塁打、148打点、ホアン・ゴンザレスが打率.326、39本塁打、128打点、MVPのイバン・ロドリゲスが打率.332、35本塁打、113打点。

 他にも、評価がもっと高くてもいいといわれた、ラステー・グリーアが打率.300、20本塁打、101打点。トッド・ジールが打率.293、24本塁打、98打点、他、リー・スティーブンスが81打点。チーム打率.293、230本塁打、935得点の驚異の打線だった。 

 このチームは、打線が素晴らしい成績を残したときに強いチーム。投手力を補ってあまるようなときは強い。ワールドシリーズ制覇に期待。

 投手陣は、やはり、クリフ・リーに期待。今季は、投手陣はそんなに悪くない感じがする。

 ハミルトン安打数で快記録_レンジャーズチームも快記録

イチロー_前人未到の10年連続200安打 

 2010年9月23日。MLB

 シアトル・マリナーズのイチロー外野手が2安打を打ち、今季200安打。MLBでは、前人未到の10年連続200安打の記録を達成。

 シーズン200安打の回数は、アリーグ記録では、9回で並んでいたタイ・カップを抜いて単独1位に。MLB記録は、ピート・ローズの持つ10回で、記録に並んだことになる。来季も200安打を達成すれば、MLB記録でも、単独1位となる。

 これでシーズン200安打の記録では、確実に、通算4000安打以上の2人と肩を並べたことになる。

 イチロー外野手は、10年で達成したわけで、さらに、評価を高めてもいいかもしれない。そして、キャリアシーズン平均220安打以上で、他にこのような選手はいない。今後、下がるかもしれないが、…。
 ローズは、通算4256安打であるが、デビューから13年間で、2547安打、シーズン平均196安打前後。ローズの方が途中までのペースでは、やや劣るとみるべきだろうか。


 (歴代シーズン200安打の回数)

 イチロー 10回
 ローズ 10回
 カップ 9回
 ルー・ゲーリッグ 8回
 ウイリー・キーラー 8回
 ポール・ウェイナー 8回  
 チャーリー・ゲリンジャー 7回
 ロジャース・ホーンスビー 7回
 ウェイド・ボックス 7回
 デレク・ジーター 7回など。


 イチロー9年連続200安打の快挙達成

フィリーズ_絶対的エースの3本柱 

 2010年9月22日。MLB

 ナリーグ東地区のフィリーズが10連勝、今日も、エースのロイ・オズワルトが1安打ピッチングの快投。

 9月になって、エースの3本柱が絶好調といえる。9月の成績は、3人で12勝無敗。

 オズワルトは、4勝無敗、防御率1.59、28・1/3イニングで26奪三振、被安打17。

 ロイ・ハラデーは、4勝無敗、防御率4.55、27・2/3イニングで23奪三振、被安打32。

 コール・ハメルスは、4勝無敗、防御率0.63、28・2/3イニングで31奪三振、被安打18。

 ハラデーは、防御率は良くないが、残り2人は、完璧に相手を抑えこんでいる感じ。この3人で、ローテーションを組めば、ポストシーズンでも、2勝1敗のペースでいけそう。

 昨年も、クリフ・リー、ペドロ・マルチネスという、好投手をそろえていたが、今季は、2人はいないが、ハラデーとオズワルトを獲得。実績ある選手を確実に獲得している。

 フィリーズのフロントの勝利とも言えそうである。

 ハラディーが完全試合_近代野球同一シーズン同一月に2度は初

ツインズ_マジック2_アリーグ中地区 

 2010年9月20日。MLB

 アリーグ中地区のミネソタ・ツインズがマジックを2とした。

 今季、投手陣は、粒が揃っていて豊富といえそうだ。あまり防御率のいい投手はいないが、10勝以上が5人に、9勝投手が1人。カール・パバーノが17勝11敗でリーグでもトップクラスの勝ち数。フランシスコ・リリアーノが14勝、ケビン・スローウィが13勝、スコット・ベーカーが12勝、ブライアン・ダンシングが10勝。ポストシーズンは、総力戦になったら、強みを発揮しそうな投手陣となりそう。

 打撃陣は、ジャスティン・モアノーを途中で欠いたものの、まずまずと言えそう。ジョー・マウアーはパワーこそ欠いたものの打率.331、74打点は、合格か。デルモン・ヤングの100打点超えは素晴らしい。デビュー当時の好調のころの感じがする。マイケル・カダイアー、ジェーソン・クベルも、まずまずの成績。ジム・トーミのパワーは、頼もしい感じがする。今後の活躍に期待。

 伝統的に、ホームでは強さを発揮するチームだけに、現在の勝ち数から、ホームアドバンテージは獲れそう。DSシリーズは、有利かも。リーグチャンピオンシップは、ホームアドバンテージが獲れるかどうか。残り試合で、勝率がアリーグトップになっていれば、おもしろい存在のチーム。


 ミネソタ・ツインズの名選手

トゥロウィツキー15試合14本塁打の快挙_チームの月間本塁打を早くも更新 

 2010年9月18日。MLB

 コロラド・ロッキーズのトロイ・トゥロウィツキーが、2本塁打して、最近15試合で14本塁打の猛打。過去に、アルバート・ベルとバリー・ボンズが達成しているだけの史上3人目の快挙。

 トゥロウィツキーは、すでに、今月、14本塁打となり、チームの月間本塁打記録を更新。過去は、12本塁打が5度。マット・ホリデー、ビニー・キャステラ、アンドレ・ガララーガ、ダンテ・ビシェットなどが達成している。

 ロッキーズは、創設が浅いが、タイトルホルダーが多いだけに、月間記録はもっと凄いかと思ったが。トゥロウィツキーまだ、残り試合もあるので、さらに、更新が期待される。チームのポストシーズン進出もチャンスがありそう。

 松井稼が満塁弾猛打賞_ロッキーズ球団史

ストーム_2度目のWNBAファイナル制覇 

 2010年9月16日。WNBA

 シアトル・ストームが、WNBAファイナルの第3戦、対アとランタ・ドリーム、87対84で勝利、3連勝のSWEEPで2度目のWNBAファイナルを制覇した。ファイナルのMVPは、ローレン・ジャクソン。

 ストームは、レギュラーシーズン、28勝6敗のWNBAタイ記録の勝ち数をあげた今季。バランスのとれたチーム構成が勝因か。ローレン・ジャクソン、シュー・バードを中心に、好守ともに良かった。
 プレイオフからファイナルまで、7戦全勝の完璧な勝利。
 この試合も、3Qにリードを許すも、3Qの後半は、スウィム・キャッシュ、バード、ジャクソンが得点を重ねて逆転。4Qに1点差に追い上げられるも、最後は逃げ切った。

 ドリームは、創設2008年で、今季3シーズン目。1年目は、4勝30敗と苦戦したが、昨季、18勝16敗でプレイオフへ、今季は、19勝15敗のイースト4位ながら、カンファレンスを制した。攻撃力はリーグ2位、エンゼル・マクカートリーが1試合平均21.1得点など、攻撃陣は豊富。来季も期待。 

 ストーム_最後15点連取の奇跡の勝利でウエスト制す

イチロー_3安打で189安打_マルチヒットはリーグ首位 

 2010年9月14日。MLB

 シアトル・マリナーズのイチロー外野手が、3安打の固め打ちで、今季189安打とした。シーズン200安打まで、あと11本。残り試合から考えて、達成はほぼ確実。あとは、怪我などで欠場しないことだろう。

 今季、3安打は13試合目。2試合連続3安打は、2度記録している。

 マルチヒットは60試合目。マルチヒットの試合数は、今季のMLBではNO1。

 今季は、調子が今ひとつに見えるが、記録的には、素晴らしい記録となっている。今季は、投手が打者を上回っている。それに、チーム事情を考えたら、なおさら、素晴らしいものと言えそう。


 イチロー9年連続200安打の快挙達成

FIBA世界選手権_アメリカ1994年以来の優勝 

 2010年9月12日。(NBA)

 FIBA世界選手権2010、アメリカは、決勝で、トルコを81対64で下して1994年以来の優勝。

 特に、ケビン・デュラントの活躍が目立った。この大会のMVP。決勝では、28得点(スリーポイント7本)、準決勝では、38得点(スリーポイント5本)、準々決勝では、33得点(スリーポイント3本)。他、チャウンシー・ビラップス、デリック・ローズ、ラマー・オドムなどがスターターで活躍。

 コービー・ブライアント、レブロン・ジェームズのいないチームながら、素晴らしい成績を収めたと思う。他国も、多少NBAの選手の欠場も目立つが。

 1994年の世界選手権は、ドリームⅡのメンバーで優勝。当時のメンバーは、シャキール・オニール、ドミニク・ウィルキンス、アロンゾ・モーニング、ショーン・ケンプ、レジー・ミラー、デレック・コールマン、ジョー・デュマースなど。


 FIBA世界選手権_アメリカ5勝でBグループ首位通過

イチロー_通算2214安打はMLB歴代何位 

 2010年9月10日。MLB

 シアトル・マリナーズのイチロー外野手が、通算2214安打を記録。シーズン200安打ももう少しのところ。

 2214安打は、ニューヨーク・ヤンキースのジョー・ディマジオの安打数に並んだ。ディマジオは、第二期ヤンキース黄金時代の主軸。伝説のプレイヤーであることには、周知のとおり。ルー・ゲーリッグとも一緒だった。56試合連続安打は、不滅の金字塔として有名。13年間のメジャー在籍、通算打率.325、361本塁打、1537打点は、素晴らしい成績。打点は、シーズン平均100打点を遥かに超えている。

 2214安打は、現在MLB歴代何位になるかというと、2010年9月10日現在、歴代100位が、ハリー・フーパーで、2466安打になっている。2214安打は、167位タイとなるようである。

 イチローの上には、現役では、トッド・ヘルトン、ボビー・アブレイユ、エドガー・レンテリアなど。

 2500安打を達成したころには、歴代100位になるのでは。


 イチロー9年連続200安打の快挙達成

ホフマン_史上初の600セーブ 

 2010年9月7日。MLB

 ミルウォーキー・ブルワーズのトレバー・ホフマンが、MLB史上初の通算600セーブを達成。

 今季は、13回のセーブチャンスの機会に9セーブをあげている。
 1993年に初セーブ、2006年に、通算479セーブをあげて、MLB歴代トップに立った。そして、通算600セーブを達成。

 MLBの通算セーブは、2位は、現役のマリアーノ・リベラの555セーブ、3位は、リー・スミスの478セーブ、4位は、ジョン・フランコの424セーブ、5位は、現役のビリー・ワーグナーの417セーブ。

 ホフマンは、2度のリーグセーブ王をはじめ、シーズン40セーブ以上9度、シーズン30セーブ以上14度、シーズン20セーブ以上15度。8年連続30セーブの素晴らしい記録も持っている。


 ホフマン史上初の500セーブ

ストーム_最後15点連取の奇跡の勝利でウエスト制す 

 2010年9月5日。WNBA

 シアトル・ストームが、ウエスト決勝の第二戦、76対88の劣勢から、15点を連取して、91対88で勝利。この決勝シリーズ2勝で、WNBAファイナルの進出を決めた。

 イーストは、ニューヨーク・リバーテイーとアトランタ・ドリームが戦っている。

 今季のストームは強い。ホームで負けなしのレギュラーシーズン。

 この日も、4Q、残り3分で、76対88の劣勢から、15得点を連取しての勝利。
 まずは、スウイン・キャッシュの2Pショットとファールを誘ってフリースローの3点。
 ローレン・ジャクソンの2Pショットで2点。
 カミリー・リトルのフリースロー2本で2点。
 ローレン・ジャクソンの2Pショットとファールを誘ってフリースローの3点。
 スウイン・キャッシュのレイアップ2Pショットで2点。
 ここで、88対88の同点。
 最後は、シュー・バードの3Pシュートが決まって、91対88で、勝利。

 奇跡的としか言いようのない勝利。WNBAのファイルナルも制するか。NBAにも、世界選手権にも劣らない素晴らしいゲームと言えそう。

 大神雄子_今後WNBAでプレー?(2008年)

Mテシェイラ_7年連続100打点に王手 

 2010年9月3日。(MLB)

 ニューヨーク・ヤンキースのマーク・テシェイラが、今日、1打点をあげて、今季99打点に、これで、7年連続100打点に王手をかけた。

 チームではトップ、以下、アレックス・ロドリゲスの97打点、ロビンソン・カノの91打点、ニック・スウィシャーの80打点。ワールドチャンピョンまでは、移籍してきたばかりのランス・バークマンにも期待したいところ。

 しかし、今は、テシェイラ、カノ、スウィシャーの打撃に期待か。

 今季のテシェイラは、最悪のスタートを切ったといえる。4月は、絶不調だった。しかし、5月以降に挽回。

 4月 打率.136  2本塁打  9打点
 5月 打率.280  6本塁打 25打点
 6月 打率.250  5本塁打 14打点 
 7月 打率.344  8本塁打 26打点
 8月 打率.289  9本塁打 21打点
 9月 打率.455  0本塁打  4打点(9月3日まで)

 パワーヒッターとしての実績は十分だけに、シーズンの残りゲーム、ポストシーズンに期待。

 Aロドリゲス_1試合3発_デビュー当時

FIBA世界選手権_アメリカ5勝でBグループ首位通過 

 2010年9月2日。(NBA)

 FIBA世界選手権2010、Bグループのアメリカは、4戦目イランと対決、88対51で勝利。これで4勝無敗。終始リードを奪っての勝利。ケビン・ラブ(ティンバーウルブス)が13得点、ケビン・デュラント(サンダー)が12得点。

 5戦目チュニジアと対決、95対57で勝利。これで5勝無敗。エリック・ゴードン(クリッパーズ)が21得点、ラッセル・ウエストブルク(サンダー)が14得点など。ゴードンとウエストブルクが、最も出場時間が長い。

 決勝トーナメントの一回戦(8ファイナル)は、アンゴラと対決。勝つと、準々決勝で、ロシアとニュージーランドの勝者と対戦か。

 バスケット2010世界選手権_アメリカのロスター
 最終的に、レイジョン・ロンド(セルティックス)は、外されている。

イチロー_200安打へ残り29試合で29安打_ローズとタイ記録へ 

 2010年9月1日。(MLB)

 シアトル・マリナーズのイチロー外野手が、2安打を放ち、今季171安打。残り29試合であと29安打となった。

 以前にも書いたが、200安打への通過点の目標となる、残り試合と200安打への残り安打数を比較して、1試合1安打ペースになった。これで、ある程度は、200安打へのめどが立ったと思われるが。そして、次は、180安打前後が次の目標か。200安打へのカウントダウンができそうな数字まで、早くもっていきたいところ。

 あとは、残り4打数1安打のペースでよくなった。もちろん、複数安打を狙って、無安打の試合もある程度考慮しておきたい。とにかく、複数安打を目標に、最低でも1安打は守りたい。

 200安打を達成すれば、10度目となり、ピート・ローズと並ぶ。ローズは、シーズン200安打を、3年連続が2度、2年連続が1度などで、計10度の200安打を達成。通算安打が4256安打で歴代1位。余談ながら、ローズの3000安打達成は、16年と1か月という、当時最短記録を樹立。

 イチロー_200安打へ残り42試合で46安打

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。