FC2ブログ

FIBA世界選手権_アメリカ5勝でBグループ首位通過 

 2010年9月2日。(NBA)

 FIBA世界選手権2010、Bグループのアメリカは、4戦目イランと対決、88対51で勝利。これで4勝無敗。終始リードを奪っての勝利。ケビン・ラブ(ティンバーウルブス)が13得点、ケビン・デュラント(サンダー)が12得点。

 5戦目チュニジアと対決、95対57で勝利。これで5勝無敗。エリック・ゴードン(クリッパーズ)が21得点、ラッセル・ウエストブルク(サンダー)が14得点など。ゴードンとウエストブルクが、最も出場時間が長い。

 決勝トーナメントの一回戦(8ファイナル)は、アンゴラと対決。勝つと、準々決勝で、ロシアとニュージーランドの勝者と対戦か。

 バスケット2010世界選手権_アメリカのロスター
 最終的に、レイジョン・ロンド(セルティックス)は、外されている。

スポンサーサイト