スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NBA2010-11_ファイナルはヒート対マーベリックス_再対決 

 2011年5月26日。(NBA)

 NBA2010-11のファイナルは、EASTの覇者マイアミ・ヒートとWESTの覇者ダラス・マーベリックスの対決となった。両チームともに、カンファレンス決勝では、4勝1敗でシリーズを制し、カンファレンス決勝でも終盤の劇的な逆転勝ちが多く、そして、実力のあるメンバーが揃っているチーム同士の対決となった、とも言えそう。ともに、ファイナル出場が2回目となる。実は、2005-06年に、ヒートとマーベリックスは、初出場同士でファイナルで対決。リターンマッチとなる。今回は、どちらが勝つか。

 ヒートは、過去、ファイナル出場1回、ファイナル制覇1回。今季は、主力のレブロン・ジェームズ、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュのビック3は驚異である。ファイナルでは、この3人以外で活躍する選手がでてくれば、素晴らしいゲームが出来そうな気がするが。
 マーベリックスは、過去、ファイナル出場1回、ファイナル制覇はしていない。今季は、ダーク・ノビツキーが中心、ジェイソン・キッド、ショーン・マリオンなども、得点に絡むだろう。他に、ジェイソン・テリーにも期待。カロン・バトラーも復帰してくるかもという噂が。

 戦力的には五分五分だろうか。

 ヒートは、1988-89年に創設。1991-92に、初のプレイオフ進出。そのころのメンバーは、グレン・ライス、スティーブ・スミス、ロン・サイカリーなど、若い選手で勝ち取り、他にも有望な若手が多く、ベビー・ジョーダンと言われた、ハロルド・マイナーなどもいて、将来は上位に食い込むと思われたが。しかし、シカゴ・ブルズの壁は厚かったといえる。その後も、アロンゾ・モーニング、ティム・ハーダウェイを獲得するが、ファイナルまでは、なかなか行けなかった。ニューヨーク・ニックスとは、何度も激闘を繰りかえし、この2チーム対決は、有名になったカード。
 2005ー06年に、シャキール・オニールとドウェイン・ウェイドで、ファイナル初出場で、マーベリックス相手に、初のファイナル制覇。
 今季は、あのビック3が揃って、ファイナル制覇に望む。

 マーベリックスは、1980-81年に創設。1987-88年に、WESTカンファレンスの決勝まで進むが敗れる。この頃は、強い時代で、マーク・アグアイアー、ローランド・ブラックマン、サム・パーキンスと、オリンピックメンバーが3人揃うという、珍しいチームに。他にも、ジェイ・ビンセント、デレク・ハーパーなど、スターが在籍していた。その後、トリプルJの3人に期待が集まったが、上位には行けなかった。
 ダーク・ノビツキーがチームに入ってから強くなった。2005-06年に、宿敵サンアントニオ・スパーズを倒して、ファイナルへ。しかし、ファイナルでは、ヒートに敗れている。2000-01年からその後11年連続レギュラーシーズン50勝以上と安定している(82試合)。プレイオフの常連であるだけに、ファイナルでは、地力を発揮しそうな気がするが。

 DローズがMVP_NBA最年少記録を更新

スポンサーサイト

グラン・ジュテ_桝由美_囲碁雑誌の新しい旋風 

 2011年5月19日。(テレビ・囲碁)

 NHK・ETVの「グラン・ジュテ」、「囲碁界に女性旋風、編集者桝由美」。

 今回の「グラン・ジュテ」は、囲碁普及プロジェクト「IGO・AMIGO」の「碁的」という雑誌、新しい囲碁界の雑誌の編集出版までのストーリー。若い感覚の囲碁雑誌ということで、評判になりつつあるようです。若い女性をターゲット、または、若い男性をターゲットにしているようです。従来の囲碁雑誌とは、まったく違う感覚の雑誌内容。棋譜だけではなく、写真などが多いようです。恋愛やオシャレもテーマに盛り込んだ雑誌。確かに、違った視点からの雑誌ですね。

 桝由美さんの編集で、最初は、作成するにも、少し抵抗があったようですが。でも、きっとうまく行く、この発想感覚が、囲碁界に新しい旋風を起こすと思ったのでしょう。なにかを、やり遂げたいという、気持ちが強かったので、出来たのではないでしょうか。ステキな、雑誌だと思います。

 番組では、下坂美織初段のモデル風の撮影の感じも良かったですね。梅沢由加里五段、万波佳奈四段なども、アドバイスをしてできたものなのでしょう。しかし、編集者の桝由美さんの強い思いが雑誌として、立派な雑誌として出来上がったものと思われます。高梨聖健八段などの恋愛テーマも、この雑誌のメインテーマになっているようです。楽しい企画ですね。

 これからも、続いてほしい、と思います。「ヒカルの碁」以来の、新しい囲碁の普及、そして、人気が出るといいですね。

 番組自体も、おもしろいドキュメターリー番組でしたね。

 プロ棋士ペア碁選手権2011決勝は1月29日

インディアンズ_1イニング10得点_20安打19得点 

 2011年5月16日。(MLB)

 クリーブランド・インディアンズが、カンザスシテイ・ロイヤルズに19対1と快勝。1イニングに10得点を含め、終わってみれば20安打19得点と、打線は猛打を振るった。

 この試合、マイケル・ブラントリーが2安打4打点、マット・ラポータが4安打4打点、トラビス・ハフナーが3打点、オルランド・カブレラが3安打3打点。他、トラビス・バックが3安打3得点、アスドルバル・カブレラが2安打3得点。チーでは、8四死球、3盗塁も記録。

 今季、チームは、1イング10得点は2度目の快挙、対シアトル・マリナーズ戦でも達成している。

 チームでは、1試合19得点は、2009年の対ニューヨーク・ヤンキース戦で22得点して以来の大量得点となった。

 今季の打線は、トラビス・ハフナーが中心であると思われるが、他の選手も打点をあげており、どこからでも打てる打線という感じが特徴か。

 投手陣は、ジョシュ・トムリンとジャスティン・マスターソンが5勝、それに、中継ぎ投手がよく抑えている感じがする。

 2007年の地区優勝以来、C・C・サバシア、ビクトル・マルティネス、クリフ・リーなど、主力を失ったが、今季は、新戦力が開花という感じか。地区では、本命のチームが不調で、このまま、インデアンズが快進撃を続けるのかもしれない。

 インディアンズがホームで14連勝_MLB記録は26連勝_速報

アニメ・バクマン_再放送_「アメとムチ」 

 2011年5月14日。(テレビ・アニメ)

 ETV教育テレビのアニメ番組、アニメ・バクマンは、今日は、再放送で、第6話「アメとムチ」。今年の4月で、1度全話(1シリーズ)放送が終了して、そして、再放送を行っている。

 この第6話も、おもしろい注目の場面がある。そう、最高と秋人が、アニメの作品を書いて、初めて出版社に持ち込む話。

 必死で書いたアニメの作品。初めて出版社に持ち込む。とても、緊張するシーン。2人とも、やっぱり、前の日は眠れなかったみたい。

 受付でも、緊張してうまく対応できないほど。そして、編集者の人に会って、作品を読んでもらう。そして、出版社のいい担当者に会えた感じが、そう、2人の才能もあるのだろうか。悪いくないとの評価が、いや、予想以上に良かったのかも。

 そして、叔父が漫画家の最高は、いい担当者に出会えるか、ということも、気にしていたが。

 最後の方は、亜豆の姿が映された。やっぱり可愛い感じが。そして、新学期になって、最高と亜豆は、席が隣同士になる。

 最終回まで見たが、最高と亜豆は、少しづつ進んでいく恋愛。目的を達成するために、努力は惜しまない感じがステキ。

 次回の第7話では、天才漫画家、新妻エイジが登場する。最高と亜豆は、隣の席で…。

 蒼樹紅_アニメ・バクマンで初登場

Cベルトラン_チーム史上8人目1試合3本塁打 

 2011年5月12日。(MLB)

 ニューヨーク・メッツのカルロス・ベルトランが、1試合3本塁打の快挙を達成。試合では、1回、7回、9回に本塁打を放って達成。チームでは、8人目の快挙となった。

 ベルトランは、過去に、シーズン40-40(40本塁打40盗塁)に、接近するなど、素晴らしい外野手。2005年以降は、打率が下降気味、欠場も比較的多いプレイヤーとなっているが、素質は、抜群で、5ツールプレイヤーとして有名で、打撃のアベレージ、パワー、走塁、守備、送球の、全ての部門で素晴らしい能力を持った選手で、稀な選手である。

 過去に、チーで1試合3本塁打以上した選手は、ジム・ヒックマン、デーブ・キングマン、クローデル・ワシントン、ダレル・ストロベリー、ゲリー・カーター、エドガード・アルフォンゾ、ホセ・レイエス。この中で、キングマン、ストロベリー、カーターは、パワーヒッターと言える。

 メッツは、ミラクル・メッツと呼ばれたころは、投手力のチームであった。トム・シーバーなどが有名。そして、ドワイト・グッテンやカーターが主力のころは、投打に安定していた。

 最近は、FAなどで、いい選手を獲得しているが、成績は、今ひとつ。選手の力がフルに発揮されれば、今季も、おもしろい活躍のできるチームと思っているが。

 メッツ首位_ミラクルメッツはやはり懐かしいかな

インディアンズがホームで14連勝_MLB記録は26連勝_速報 

 2011年5月10日。(MLB)

 クリーブランド・インディアンズが、ホームで14連勝の快記録を達成した。今季、ホームでは、2連敗後14連勝と、素晴らしい快進撃。

 シーズン前は、再建前のチーム状態とか、若手の急成長を期待しないと、上位に行けないと言われたが。シーズンをスタートしてみると、アリーグ中地区を独走状態。

 チームでは、ホーム14連勝は、1995年の黄金時代に作った記録と並んだ。

 MLB記録は、1916年のニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ)のホーム26連勝。これは、ホーム・ロードをあわせても、この26連勝が最多記録。このときは、全てホームゲームで26連勝を達成。同じ年に、ロード17連勝というMLB記録も達成している。リーグ優勝しても、おかしくないが、しかし、この年のチームは、86勝66敗で、ナリーグの4位と優勝できなかった。不思議なシーズンのチーム。

 インディアンズのホーム14連勝は、アリーグでは、2位タイの記録と思われるが。

 カール・ハッベル_ニューヨーク・ジャイアンツのエース

バーランダーがノーヒッター_イーシアは30試合でストップ 

 2011年5月7日。(MLB)

 デトロイト・タイガースのジャスティン・バーランダーが、トロント・ブルージェイズ戦で、ノーヒットノーランを達成。今季のノーヒット・ノーランは達成、フランシスコ・リリアーノに次いで2人目。バーランダーは、2007年6月12日以来の2度目のノーヒット・ノーラン達成となる。

 この試合、8回1死までは、パーフェクトゲームで、四球でランナーを出すが、次のバッターをダブルプレーで切り抜けて、9回まで27人の打者をノーヒットに抑えての達成。残塁はゼロでの達成。準パーフェクトゲームと言えそう。2007年達成のときは、12奪三振、4四球であったが、今回は、4奪三振、1四球の内容。

 パーフェクトゲーム以外で、27人の打者でのノーヒッターの達成は、1954年以降では、7人目の達成となるらしい。過去に、ルー・バーデット、ウォーレン・スパン、サンデー・コーファックス、テリー・マルホランド、マーク・バーリー、マット・ガーサ。

 バーランダーは、2006年に17勝で新人王を獲得、ワイルドカードながら、ポストシーズンで、ニューヨーク・ヤンキース、オークランド・アスレチックスを破ってアリーグ制覇に貢献。ワールドシリーズは、敗退した。その後、チームは、豪華打線で優勝候補に挙げられながら、下降気味。チームの先発投手としては、ずっと、エース級の活躍をしており、2008年以外は、シーズン17勝以上を挙げている。

 ロサンゼルス・ドジャーズのアンドレ・イーシアの連続安打試合数は30試合でストップした。31試合のチーム記録の更新は、達成できなかった。しかし、近代野球で、30試合連続安打以上の記録は、38人目で45回目の快挙となる。

 これで、チームの連続安打試合数の記録は、1位が、ウィリー・デービスの31試合連続安打、2位は、イーシア、3位は、ザック・ウィートの29試合連続安打となった。

 30試合連続安打達成者は、31試合目にノーヒットに終わることが多いらしい。今回のイーシアをはじめ、最近の30試合連続安打達成者のライアン・ジマーマン、モイセス・アルー、ウイリー・タベラスは、31試合目はノーヒット。その前のチェース・アトリーの35試合連続安打まで遡ってしまう。


 ノーヒッター、バーランダー

DローズがMVP_NBA最年少記録を更新 

 2011年5月3日。(NBA)

 NBAのシカゴ・ブルズのデリック・ローズが、レギュラーシーズンのMVPに輝いた。初の受賞。チームを牽引したこと、同時に、チームをNBAの最高勝率に導いたことなどがあげられる。
 チームでは、バスケットの神様のマイケル・ジョーダン以来2人目。ちなみに、ジョーダンは5回MVPを獲得している。

 得票では、ローズが1位票を113票獲得し、合計1182ポイントを獲得。2位は、ドワイト・ハワードの643ポイント、3位は、レブロン・ジェームス、4位は、コービー・ブライアント、5位は、ケビン・デュラント。

 ローズは、22才でのMVP獲得、NBAの最年少記録となった。過去は、ウエス・アンセルドの23才、この年、アンセルドは、新人王とMVPの両方を獲得している。

 ローズが、1試合平均で、25.0得点、7.7アシスト、4.1リバウンドと記録。今季、得点とアシストの2部門でTOP10入りしている唯一の選手。

 歴代でも、シーズンで、25.0得点、7.5アシスト、4.0リバウンド以上の記録を残しているのは、ジョーダン、オスカー・ロバートソン、ジェリー・ウエスト、ラリー・バード、ドウェイン・ウェイド、レブロン・ジェームスのみである。そうそうたるメンバー。


 NBAレギュラーシーズン終了_プレイオフへ



2011年も投高打低のシーズンか 

 2011年5月2日。(MLB)

 今季も、5月に入った。昨季は、ノーヒットゲームが多く、投高打低のシーズンとなったが、今季も、その傾向にある。

 アリーグ、ナリーグともに、リーグの打率は.250前後となっている。このくらいの打率だと、投手力が、打撃力を上回っていると、言わざるをえないだろう。

 中には、打撃の好調のチームもある。セントルイス・カージナルスは、チーム打率が.295と、両リーグで1位。マット・ホリデーが4割を超え、ランス・バークマン、デビット・フリーズが、3割5分以上と好調。アルバート・プホルスが、まだ、本調子ではないだけに、今のチーム打撃の好調さは、今季は、終盤でも、プホルスが本来の調子に戻れば、万全の打撃陣となるだろう。

 本塁打数では、ニューヨーク・ヤンキースが45本で、試合消化数がすくないにも関わらず、1位を維持。得点、打点も多く、やっぱり、本塁打の威力はありそう。伝統的なチームカラーと言えそうである。チームとしては、まずまずの打撃、打率はもう少しあげたいところか。

 カンザスシティ・ロイヤルズは、昨季から、打率が高く、今季も、打率.274で、アリーグ1位、両リーグで2位。健闘しているのが、クリーブランド・インディアンズ、チーム勝率も高く地区首位、打率.272で、アリーグ2位、両リーグで4位。

 夏場にかけて、打撃ゲームが多くなると思われるが、今季は、どうだろうか。個人打撃3部門の成績も気になるところ。昨季よりは、高い数字で、タイトル争いをして欲しい感じも。

 投手部門の記録では、チーム防御率は、オークランド・アスレチックスが、防御率2.76で、両リーグの1位。サンディエゴ・パドレス、ロサンゼルス・エンゼルスが、防御率3.00未満と好調。フィラデルフィア・フィリーズも、防御率3.07と好調、前代未聞の先発陣は、健在といえそうだ。比較的防御率のいいチームは、チームの順位もいい。

 これから、長いシーズン、主力の怪我がなければ、チームの力を維持できるだろう。怪我などによる、アクシデントがないことを願うフロント陣では、ないだろうか。

 MLB2011開幕_快記録やサヨナラゲームなど

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。