スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011レギュラーシーズン終了_プホルスは達成できず_ブレーブスが勝っていれば 

 2011年9月28日。(MLB)。
 
 2011レギュラーシーズン終了。アリーグは、地区優勝のニューヨーク・ヤンキース、デトロイト・タイガース、テキサス・レンジャーズ。ワイルドカードは、タンパベイ・レイズ。
 ナリーグは、地区優勝のフィラデルフィア・フィリーズ、ミルウォーキー・ブリュワーズ、アリゾナ・ダイアモンドバックス。ワイルドカードは、セントルイス・カージナルス。

 カージナルスのアルバート・プホルスは、本塁打は30を超えたが、打率.299、99打点で、3割30本塁打100打点の記録の更新がならなかった。ゲーム終了後では、達成できず、まだ、アトランタ・ブレーブスが勝てば、ワイルドカード決定戦が行われ、その試合で打てが、達成可能であったが、ブレーブスの敗北で、決定戦がなくなり記録が途切れたことになった。

 ちなみ、デビュー以来の10年連続3割30本塁打100打点は、MLB記録として残る。デビュー以来の10年連続3割100打点は、MLB史上2位の記録となった。アル・シモンズが11年連続を達成しており、この記録には、及ばなかった。

 プホルスの記録

 プホルスが2試合連続延長戦でのサヨナラ弾

スポンサーサイト

レンジャーズは今季も打撃が好調 

 2011年9月25日。(MLB)、記録は、9月25日現在。
 
 テキサス・レンジャーズが、今季も地区優勝。打撃チームの伝統は続いている。

 チーム打率はリーグ首位、本塁打はリーグ2位、得点もリーグ3位。猛打レンジャーズの伝統は守った感じだ。

 今季は、マイケル・ヤングが大活躍、打率.338、11本塁打、105打点で首位打者の可能性も残されている。本来は2番打者タイプであるが、今季は主軸の欠場もあって4番を打つことも。105打点はキャリア最高。

 エイドリアン・ベルトレは、欠場もあったが、120試合の出場で、打率.289、29本塁打、100打点と好成績。ジョシュ・ハミルトンも、欠場もあったが、117試合、打率.301、25本塁打、93打点とまずまずの成績。

 イアン・キンスラーは、打率は低いが、打率.248、30本塁打、74打点。トップバッターであるが、30本塁打は合格か。115得点は、リーグでもトップクラスの成績。

 ネルソン・クルーズも28本塁打85打点と、パワー健在。他、マイク・ナポリ、デービッド・マーフィーなど、脇役といえそうな選手も活躍。

 投手陣も、防御率リーグ5位と悪くはない成績。チームからしては、良い成績といえる。10勝以上がC.J.ウィルソン、アレクシ・オガンド、デレク・ホランド、コルビー・ルイス、マット・ハリソン。

 ポストシーズンでは、上原浩治投手、建山義紀投手も、大事な場面で投げる可能性もありそうな気がする。

 昨季のレンジャーズ

 ヤンキース先勝_過去のレンジャーズ対ヤンキースのポストシーズン

ヤンキース17度目地区優勝_ポストシーズンは17年で16度目 

 2011年9月21日。(MLB)、記録は、9月21日現在。
 
 ニューヨーク・ヤンキースが、タイパベイ・レイズにダブルヘッダーで連勝して、17度目の地区優勝を決めた。そして、最近、17シーズンで16度目ポストシーズン進出を決めた。

 今季は、打撃陣は、アレックス・ロドリゲス、デレク・ジーターと言った往年の選手よりも、カーティス・グランダーソンが41本塁打119打点133得点、ロビンソン・カノが打率.305、26本塁打、113打点、マーク・テシェイラが37本塁打104打点と、この3人が100打点以上をマークして、チームをリードした。

 投手力は、先発では、C.C.サバシアが19勝8敗、イバン・ノバが16勝4敗の2人が安定感があったと言えそう。リリーフ陣は、マリアノ・リベラが43セーブの活躍で、MLB記録の602セーブを記録。中継陣は、まずまずの活躍で、安定感がありそう。 

 チーム記録では、打撃成績は、打率が.266で、リーグ5位、211本塁打はリーグ首位、得点は820得点でリーグ2位。
 投手成績は、防御率3.69でリーグ3位と、まずまずの成績。

 ヤンキースは、地区優勝17度(1969年以降)。ワイルドカードでの進出は3度(1969年以降)。過去、リーグ制覇は40回、ワールドシリーズ制覇は27回。

 ポストシーズンでは、勝ちあがれるか。先発投手陣の不足が指摘されているが。


 昨季のヤンキース

 ヤンキース先勝_過去のレンジャーズ対ヤンキースのポストシーズン

リベラとウェークフィールドとバーランダーが好記録を樹立 

 2011年9月13日。(MLB)
 
 ニューヨーク・ヤンキースのマリアノ・リベラが通算600セーブを達成。ボストン・レッドソックスのティム・ウェークフィールドが通算200勝を達成。デトロイト・タイガースのジャスティン・バーランダーが、今季23勝目をあげた。

 リベラは、今季41セーブ目をあげて、通算600セーブ。MLB史上2人目の達成。最多は、トレバー・ホフマンの601セーブ。あと1セーブでMLB記録と並ぶとこになる。通算セーブ記録の3位は、リー・スミスで478セーブ。
 リベラは、15年連続20セーブ以上、9年連続30セーブ以上、ポストシーズンの通算42セーブ(MLB記録)、オールスター12回選出など、素晴らしい記録を持っている。

 ウェークフィールドは、現役投手最多の通算200勝を達成。MLBでは108人目の快挙。レッドソックスで、通算200勝(他球団での勝利も含む)を達成したのは、カート・シリング以来で、過去に、レフティー・グローブ、ファーガソン・ジェンキンス、ルイス・ティアントが達成している。
 ウェークフィールドは、レッドソックスで17シーズンを迎えており、在籍シーズンでは、チーム史上4位のランクされる。

 バーランダーは、7回を無失点の好投で、今季23勝目(5敗)。リーグ断トツの首位の勝利数。11試合連続先発勝利は、ハル・ニューハウザーと以来のチームタイ記録の快挙。連勝記録(勝敗の付かない試合を含める)、リンウッド・ローの16連勝がチーム記録。
 シーズン23勝は、MLBでは、2002年のバリー・ジト以来の快挙。
 同一シーズンに23勝以上、ノーヒットゲームの達成は、1965年のサンデー・コーファックス以来の快挙。
 チームも11連勝で、1968年以来の快挙で、チーム史上4位タイの記録となった。

プホルスが金字塔に接近_速報 

 2011年9月9日。(MLB)
 
 セントルイス・カージナルスのアルバート・プホルスが、デビュー以来11年連続3割30本塁打100打点に近づいてきた。

 この日は、5打数3安打2打点。今季の成績は、打率.298、34本塁打、87打点とした。本塁打はすでに達成している。打率も急上昇、打点も徐々に伸ばしている。

 9月は、37打数16安打、打率.432、3本塁打9打点。

 今季は、スランプに苦しんだり、怪我で欠場したりと、苦しいシーズンであるが、この金字塔をさらに更新するなら、屈指のスーパースターとなりそう。

Cリーが今季6度目の完封_快記録 

 2011年9月5日。(MLB)
 
 フィラデルフィア・フィリーズのクリフ・リーが、今季6度目の完封勝利。シーズン16勝7敗。フィリーズは、今季、前代未聞の驚異の4本柱の先発投手陣を揃えて話題となった。やはり、今季も強い。いや、今季は、今まで以上に強いかもしれない。

 リーは、今季、好不調の波が激しいが、それでも、エースらしい成績を残している。今季も、34イニング無失点記録を作った。過去に、優勝請負人のような感じでワールドシリーズも登板、そして、サイヤング賞も受賞している。

 さて、今回のシーズン6度目完封は、1998年のランデー・ジョンソン以来の記録。ジョンソンも6完封。それ以上となると、ナリーグでは、1989年のティム・ベルチャーの8完封以来となる快記録。

 そして、今日も完封で、無失点記録も29イニング2/3回とした。同一シーズンに、29イニング2/3回以上を2回達成したことになる。これは、1972年のドン・サットン以来の快挙。

 今季も、サイヤング賞候補に挙がりそう。

 WSフィリーズ先勝_リーとアットリーが大活躍 2009年

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。