スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木歩六段_第25期女流名人戦挑戦者決定リーグへ残留決定 

 2011年12月21日。(囲碁)

 第24期女流名人戦挑戦者決定リーグ戦、鈴木歩六段は、桑原陽子六段に勝利して、これで、来季の女流名人戦挑戦者決定リーグ戦残留が決まった。

 鈴木歩六段は、1局を残して3勝2敗となり、次の対局で負けても3勝3敗。向井千瑛四段以外では、3勝を超える棋士はいない。序列順も2位なので、来季も残留、序列順も2位が確定した。
 鈴木歩六段は、第36期棋聖戦最終予選決勝まで進出し、棋聖戦リーグ入りあと一歩のところまで行った実力者。(女流棋士、史上初の挑戦者決定リーグ入りがならなかった。)

 第24期女流名人戦は、向井千瑛四段が挑戦者に決定。

 他の棋士で、吉田美香八段は、全て対局が終了しており、3勝3敗。向井千瑛四段、鈴木歩六段以外で、3勝を超える棋士はいないので、来季もリーグ戦残留、今季の序列順と同じ、序列順3位が確定した。

 残り1枠の残留棋士は、奥田あや二段が万波奈穂二段に勝てば、序列順より無条件で来季のリーグ戦残留が確定。万波奈穂二段が奥田あや二段に勝った場合は、桑原陽子六段対向井千瑛四段の結果次第。向井千瑛四段が桑原陽子六段に勝てば、万波奈穂二段が来季のリーグ戦残留が確定する。桑原陽子六段が向井千瑛四段に勝った場合、桑原陽子六段と万波奈穂二段が並ぶ結果になる(この場合は、決定戦を行うのか、過去の女流名人戦挑戦者決定リーグでは例がない)。

 関連記事
 第24期女流名人戦挑戦者決定リーグ戦_終盤で大詰め

スポンサーサイト

ソフトバンクホークス_主力が移籍先で次々契約 

 2011年12月17日。(スポーツ全般)

 プロ野球ソフトバンクは、主力の多くが、他球団と契約が進んでいる。今年、日本一になったが、来季は、黄色信号という感じが。

 FAとなっていた、和田毅投手が、ボルチモア・オリオールズと契約。ローテーション投手としての期待がかけられている。2年契約。

 FAとなっていた、川崎宗則内野手は、シアトル・マリナーズとマイナー契約。正式には、クリスマス明けとなりそう。チームは、再建中なので、出番のチャンスがあるかもしれない。

 自由契約になった、D・J・ホールトン投手は、読売巨人と契約。今季、リーグの最多勝。貴重な戦力になりそうな感じが。

 FAとなっていた、杉内俊哉投手は、読売巨人が獲得か。背番号18を用意しているらしい。

 ソフトバンクホークスは、かなり、戦力ダウンとなりそうな気がする。主力も、野手はベテランが多いが。しかし、若手の成長もある。若手に期待。しかし、気になるオフになりそう。

 昨年の記事
 マートンが213安打の新記録_イチローの210安打の当時は

加藤綾子_好きな女性アナランキング1位に_第8回 

 2011年12月9日。(芸能)

 ORICON STYLEが、第8回『好きな女性アナウンサーランキング』を発表。

 1位は加藤綾子アナ(フジテレビ、めざましテレビ)。昨年4位から、一気に1位に。ミスパーフェクトと言われている女子アナ。
 2位は西尾由佳理アナ(フリー)。昨年1位。
 3位は生野陽子アナ(フジテレビ、めざましテレビ)。

 以下は、
 4位、大江麻理子アナ(テレビ東京)。
 5位、竹内由恵アナ(テレビ朝日)。
 6位、中野美奈子アナ(フジテレビ)。
 7位、滝川クリステルアナ(フリー)。
 8位、高橋真麻アナ(フジテレビ)。
 9位、平井理央アナ(フジテレビ)。
 10位、前田有紀アナ(テレビ朝日)。

 依然として、フジテレビが上位を独占という感じが。中野美奈子アナは、昨年2位から、順位を下げた。テレビ朝日も、健闘している。竹内由恵アナは、前年11位以下から、5位へランクアップ。大江麻理子アナ、平井理央アナ、前田有紀アナは、根強い人気があると思われる。

 詳しくは、ORICON STYLE

幻のもち 梅三郎もち 栃尾の半蔵金 

 幻のおもち、テレビでも、宣伝されたとか。

 梅三郎もち。食感がステキなおもち。さすがに、幻のおもちということは、ありますね。

 半蔵金のもち米で作られたおもち。

 パッケージには、「栃尾の半蔵金地区に古来より作り伝えられてきた幻のもち米「梅三郎」で作られたおもち。」うんぬんと書かれている。

 コシヒカリの産地のもち米で作られたおもち。

 写真は、クリックすると拡大されます。



  ネット関連記事
 ==>ネットショップ 関本米店

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。