スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川遼_栄光・大活躍の1年 

 ハニカミ王子、石川遼選手(16)は、12月2日、男子ツアーの最終戦、「日本シリーズJTカップ」の最終ツアーを終えた。
 日本シリーズJTカップについて、以下のコメントをしている。「夢のような4日間…、片山さんとも回れた。」

 この1年については、「一番密度の高い1年。」とコメント。「マンシングウエアオープンKSBカップ」で、ツアー史上最年少優勝を飾り、今季は8試合に出場。ゴルフ界に新しい旋風を起こした。

 そう、石川遼選手が、活躍したので、国内外のトッププロしか出場できない「ダンロップフェニックス」にアマで初出場。そして、「日本シリーズJTカップ」は、プロに限るという規約を主催者側が変更、主催者推薦として出場の異例処置。

 そして、もうひとつが、『ハニカミ王子』が「新語・流行語大賞」の大賞に選ばれた。誰もが知っていて、明るい言葉なので選ばれたのだろうか。

 来年は、春からプロゴルファーとして勇姿が見れるか。そして、今年のような活躍、それ以上の活躍を期待したい。

 <石川遼>いしかわりょう、杉並学院高校1年。「マンシングウエアオープンKSBカップ」で、ツアー史上最年少優勝。最年少優勝がギネス認定。ファッションのサンバイザーやウエアは売れ切れになるほど。

スポンサーサイト

Comments

 石川遼君は、大活躍でしたね。来年も活躍してほしいですねぇ。
 「ハニカミ王子」は、すごく、流行しましたね。

Re:

 コメントありがとうございます。
 石川遼選手の活躍、「ハニカミ王子」は、ちょっとした、社会現象でしたね。
 若い選手の台頭は、楽しみですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/117-d8348fea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。