スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福留がカブスと契約、カブスの来季の戦力は 

 元中日ドラゴンズの福留孝介選手が、シカゴ・カブスと契約。4年契約の4800万ドル(53億円)。身体検査後、正式契約になる。

 福留選手は、日本のプロ野球界でも屈指の外野手と称されている。中日ドラゴンズでは、9年間で、1074試合、打率.305、192本塁打、647打点、713得点。MVP1回、首位打者2回。

 福留選手はライトを守る、そして、昨季40本塁打40盗塁のアルフォンソ・ソリアーノがレフト、センターはフェリックス・パイ、クリフ・フロイドなどか。強打のジャック・ジョーンズ外野手は、トレードで放出。福留選手の加入は、外野陣を強化した感じになる。それに、安定感もあるので、大きなプラスになりそう。
 デレク・リー一塁手、アラミス・ラミレス三塁手の中軸は、かなりの安定感がある。リードオフマンのアルフォンソ・ソリアーノは強力。
 投手陣は、カルロス・ザンブラノ、今季ほとんど欠場した、マーク・プライアー、ケリー・ウッドの豪腕コンビが活躍すれば、この3人は脅威の投手陣。テッド・リリー、リッチ・ヒルも怪腕だけに、凄い投手陣。

 シカゴ・カブスとしては、まず、投手陣が怪我をしないことが大切か。そして、打撃で、福留選手が5、6番あたりで、堅実な打撃をすれば、チームの2季連続地区優勝もありえる。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/120-99b644e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。