スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアリーグ女子_3、4戦 

 バレーボールVリーグのプレミアリーグ女子2007/08の3、4戦が12月15、16日に行われた。
 
 4勝全勝は、久光製薬。
 3勝1敗は、東レ、パイオニア、トヨタ車体
 2勝2敗は、NEC、JTなど。

 久光製薬は、4戦で全勝対決、東レを3-1で下して単独首位に立った。
 久光製薬は、イエレナ・パブロワ選手、先野久美子選手のスパイク、狩野美雪選手、狩野舞子選手の攻撃、佐野優子選手の守備もいい。現在、イエレナ・パブロワ選手はアタック決定本数リーグ1位、得点リーグ1位、アタック決定率リーグ10位と好調。先野久美子選手は、アタック決定率リーグ5位、得点リーグ11位。佐野優子選手は、サーブレシーブ成功率リーグ2位と好調。狩野舞子選手は、サーブ効果率リーグ2位。

 東レは、荒木絵里香選手がアタック決定率リーグ1位、ブロック決定本数リーグ1位。木村沙織選手、向井久子選手が得点でリーグ20位前後と、まずまずだろうか。

 パイオニアは、栗原恵選手がアタック決定本数リーグ11位、得点リーグ15位。庄司夕起選手、多治見麻子選手が、ブロック決定本数リーグ2位と3位と健闘。

 トヨタ車体は、予想以上の健闘。今西郁瑠選手、高橋翠選手、都築有美子選手のアタック決定本数、得点は、リーグ上位にランクされる。攻撃がすごいチーム。

 NECは連敗、JTは連勝。全日本のメンバーは、まだ、コンデションが整わないのか。でも、混戦のVリーグ女子ですね。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/121-10090669

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。