スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLB本土開幕_注目のカード 

 シアトル・マリナーズ対テキサス・レンジャーズ。5対2でマリナーズの勝利。終盤、ラウル・イバネス、エイドリアン・ベルトレのタイムリーで逆転し、守護神J.J.プッツでそのまま逃げ切った。
 この試合は、安打製造機同士の対決、過去7年連続200安打のマリナーズのイチロー外野手は無安打、過去5年連続200安打のレンジャーズのマイケル・ヤングは3安打。打撃に関しては対照的なスタート。この2人は、怪我をしなければ200安打記録を更新しそう。
 マリナーズは、先発が、ボルティモア・オリオールズが獲得した豪腕のエリク・ビダード、5回5奪三振、4四死球とコントロールはよくなかったが、1失点に抑えた。これからに期待。17、8勝、250奪三振を期待。移籍して4年目のベルトレには、40本塁打を期待。

 シカゴ・カブス対ミルウォーキー・ブルワーズ、延長戦で4対3でブルワーズの勝利。福留孝介外野手の9回の起死回生の3打点本塁打を含む、3打数3安打3打点1四球の大活躍。カブスファンには、今後の期待が掛かりますね。ブルワーズは、エースのベン・シーツが好投、昨季のナリーグ新人王のライアン・ブラウンも先制打と活躍。
 カブスは、一昨年40本塁打40盗塁のアルフォンソ・ソリアーノ、2005年首位打者デレク・リー、ブルワーズは、プリンス・フィルダー、最年少50本塁打を記録したパワーヒッター、好打者になりそうなライアン・ブラウン。ナリーグ中地区の優勝候補の対決は、今後も見物。

 関連記事 

 ==>福留がカブスと契約、カブスの来季の戦力は

 ==>イチロー史上3人目の7年連続200安打

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/166-3b347b5b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。