スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLB2008年も5月に突入 

 MLB2008も5月に突入した。

 気になるシアトル・マリナーズのイチロー選手。8年連続200安打のMLBタイ記録達成の達成がなりますね。5月に入って、3試合で3試合とも2安打以上。打率.280へと急上昇。安打数も、今季は37安打で4位に急上昇した。
 <月別成績>
 3月、4月の合計で、28試合、119打数30安打、打率.252。
 5月は、3試合、13打数7安打、打率.538。
 今季通算、31試合、132打数37安打、打率.280と3割を射程に捕えた感じ。これから、どこまで上昇するか。固めうちが得意なので、一気に再上昇も考えられる。

 シカゴ・カブスの福留孝介選手は、コンスタントに打っていますね。今日は、3安打、つい先日は、4打数4安打と、大当たり。
 <月別成績>
 3月、4月の合計で、26試合、98打数32安打、打率.327。
 5月は、3試合、14打数7安打、打率.500。
 今季通算、29試合、112打数39安打、打率.348。
 チームもワールドシリーズ制覇に期待が高まりますね。

 ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜選手も好調。今は、4番に定着。スロースターターも今季は開幕から好調。
 <月別成績>
 3月、4月の合計で、26試合、90打数29安打、打率.322。
 5月は、3試合、14打数4安打、打率.286。
 今季通算、29試合、104打数33安打、打率.317。

 アリゾナ・ダイヤモンドバックスのブランドン・ウェブが開幕から7連勝。調子が悪かったが、中継ぎと打線の援護で勝利した。チームは、投打ともに好調、21勝9敗は、独走状態。
 ウェブのライバルのサンディエゴ・パドレスのピービは5回2/3で8奪三振の快投で4勝目をあげた。同僚のグレグ・マダックスの350勝にも注目。チームは12勝19敗で地区4位。打撃が力不足。もともと投手力のちーむなので仕方ないが、もう少し打って欲しい。早く、5割に復帰しないと。
 アトランタ・ブレーブスのチッパー・ジョーンズの打率.421は素晴らしい。どこまで、4割をキープできるか。
 フィラデルフィア・フィリーズのチェース・アットリーの13本塁打にも驚き。30本前後と思っていたが、ライアン・ハワード、ジミー・ロリンズをカバーする活躍。
 テキサス・レンジャーズのジョシュ・ハミルトンの33打点もすごい。レンジャーズでは、ホアン・ゴンザレス以来のハイペースか。

 これから、どんなドラマが待っているか。5月を過ぎると、さらに打撃戦も増えそう。投手戦も期待。

 関連記事
 ==>イチロー史上3人目の7年連続200安打

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/181-dc56ffd1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。