スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松井首位打者_リーが好投で6勝無敗 

 MLB2008。5月。さて、打撃が上向く季節ですね。
 ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜選手が、首位打者に。この日は、初打席にヒットで16試合連続安打の自己記録を更新。4打数1安打で、打率.339で首位打者。前日首位打者のクリーブランド・インディアンスのビクター・マルティネスが3打数ノーヒットで、打率.337で2位に。
 松井選手は、16試合連続安打中、59打数21安打、9打点と活躍。昨季の7月のような本塁打はないものの、安打で貢献。5月間のMVP候補にあがる活躍。今年の5月は、25打数10安打と活躍。

 試合は、ヤンキース対インディアンスの投手戦。
 インディアンスのクリフ・リーが勝利投手で6勝、防御率0.81、今季のサイヤング賞候補になりそうですね。2005年の18勝と実績もあるので、今後も好投しそうですね。
 ヤンキースに対して、ヤンキーススタジアムで、無失点、8奪三振以上で無四球の好投をしたのは、1997年のアトランタ・ブレーブスのグレッグ・マダックス以来、アリーグのチームでは、1978年のミルウォーキー・ブルワーズ(当時はアリーグ球団)のマイク・コールドウェル以来の快挙。

 ヤンキースの王建民は、好投も報われなった、6勝1敗で、初の負け。今後もエースの頑張りに期待した。チーム優勝の投手力の鍵は、王建民にある。

 昨季記事
==>松井_7月の月間成績_主要打者の成績
==>松井秀喜_月間新9本目の本塁打_月間成績

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/182-859d3fb9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。