スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際GP陸上_北京五輪国内選考会2008 

 2008年5月10日。国際グランプリ陸上、北京五輪国内選考会が行われた。
 大阪の長居スタジアム。雨の降る悪コンディション。記録は、多少低調気味。

 男子100Mは、朝原宣治選手、末續慎吾選手に注目が。やはり100Mは、華ですから。結果は、末續選手が、10秒55で、全選手中の2位、日本人選手ではトップと、まずますの成績。朝原選手は、10秒83で8位、ちょっと、期待はずれでした。
 末續選手は、「日本人トップ狙っていたので、良かった。」とコメント。

 女子走り幅跳びは、池田久美子選手が、6M46CMで優勝。大会3連覇を達成。

 女子1500Mは、小林祐梨子が4分13秒96で優勝。

 男子400MHで、成迫健児選手、男子走り高跳びで、醍醐直幸選手、男子走り幅跳びは、荒川大輔選手が優勝。

 男子110MHでは、中国の劉翔選手が、13秒19で優勝。大会5連覇を達成。さすがに、アテネ五輪メダリストですね。 
 
 誰が代表になるのか、気になりますね。

 昨季記事
 ==>世界陸上2007_池田・丹野に注目

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/183-53fc1509

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。