スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルプス_歴代金メダル獲得記録に挑む 

 北京五輪2008。アメリカの競泳男子、マイケル・フェルプスに、歴代の金メダル獲得記録の更新の期待がかかる。うん、ぜひ、期待したいですね。超人ですね。
 今回は、8種目にエントリー、1大会金メダル8個の新記録に挑戦。過去6個の金メダルを獲得しているフェルプス、通算の金メダル獲得の記録の新記録の達成ができるだろうか。今回も、過酷なレースが多いことだろう。それに、オリンピックの大舞台、なにが起きるかわからない。

 過去の1大会での金メダルの獲得数最多は、1972年のマーク・スピッツ(アメリカ・男子水泳)の7個。8個の新記録に挑戦。

 過去の通算金メダル獲得数は、9個が最多で4人が達成している。ラリサ・ラチニナ(ソ連・女子体操)、パーボ・ヌルミ(フィンランド・男子陸上)、スピッツ(アメリカ・男子水泳)、カール・ルイス(アメリカ・男子陸上)。
 フェルプスは、今季金メダルを3個獲れば並び、4個獲れば通算10個となり新記録。

 参考までに、レイ・ユーリー(アメリカ・男子陸上)は、通算金メダル獲得数が8個。しかし、1906年の10周年記念大会の記録を含めると、10個となる。フェルプスには、この記録も抜いてもらいたいですね。

 日本人の通算金メダル獲得数最多は、加藤沢男選手(日本・男子体操)の8個。

 日本選手の活躍も期待。

 オリンピック関連
 ==>陸上_北京五輪代表_残り4枠プラスアルファ

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/221-6ccecda0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。