スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北島_2種目2連覇_メダル記録 

 北島康介選手が、アテネ・北京の100、200平泳ぎで金メダルを獲得。競泳では、個人2種目連覇は、6人目。同じスタイルに限ると5人目。マイケル・フェルプスは、14日現在で、バタフライ、メドレーと別種目で達成している。素晴らしい記録ですね。

 200平泳ぎの連覇は、日本人選手では、鶴田義行選手のアムステルダム(1928)、ロサンゼルス(1932)以来の快挙。過去を見ると、200平泳ぎは、日本は強い種目みたいですね。他にも、葉室鉄夫選手が、ベルリン(1936)金、古川勝選手が、メルボルン(1956)金、他、1900年代に、銀3、銅2を獲得。

 北島選手の金メダル4個は、日本では、加藤沢男選手の8個、以下、中山彰規選手の6個、小野喬選手、遠藤幸雄選手、塚原光男選手の各5個についで、6位にランクされる。上位選手は全て体操なので、体操以外では、NO1。

 メダルの総数では、小野選手の13個が最高、加藤選手は12個。

 加藤選手は、体操個人総合で、メキシコ(1968)金、ミュンヘン(1972)金、モントリオール(1976)銀を獲得。小野選手は、同じ個人総合で、メルボルン(1956)銀、ローマ(1960)銀。

 オリンピック関連
 ==>フェルプス_歴代金メダル獲得記録に挑む

スポンサーサイト

Comments

確かに素晴らしい記録ですね。有言実行でカッコいいですね^^。フェルプス選手もすごいですけど^^。

 コメントありがとうございます。北島康介選手、フェルプス選手、共に凄いですね。
 でも、日本も、過去は、競泳はけっこう強いですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/222-3b491a4a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。