スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穂坂繭三段_囲碁女流棋士 

 穂坂繭三段は、平成10年11年(46、47回)に、NHK囲碁トーナメントの司会進行役を担当している。
 司会進行について、「とても、人を立てるのが上手。」と評する方もいた。丁寧な感じでしたね。
 この2年間は、当時依田紀基NHK杯選手権者が2、3連覇を達成。すごく、強かったです。穂坂三段は、決勝戦前のインタビューで、女流棋士の活躍のコメントを、話されていました。

 この番組のその後の司会進行役の方も上手ですね。

 その他『レディース囲碁』も担当。

 以前、女流最強戦本戦に出場されたとき、当時、新聞では、「…女流囲碁界は群雄割拠の時代…。コンスタントに成績を残している穂坂二段(当時)にも、チャンスはある…。」とコメントされている。

 テレビで「木谷實門下500段…」、若手棋士達と25世本因坊治勲の9路盤対決。そのときの、一言二言の掛け合いが楽しかったですね。

 リコー杯2000では、決勝で惜しくも敗退。準優勝。

 囲碁関連
 ==>井澤秋乃_囲碁・将棋ジャーナル

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/228-e6563aa9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。