スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セイコー・スーパー陸上2008 

 2008年9月23日。川崎市等々力陸上競技上で行われた大会は、朝原宣治選手の話題で持ちきりでしたね。北京五輪4X100Mリレーの銅メダルのメンバーが一同に走ったのも話題に。
 朝原選手は、「…すがすがしい気分」とコメント。「こんな幸せな最後を迎えられる選手はそういない。」とも、コメント。今まで苦しい状況が多かった分、そして、メダルを獲ったから、そうなのかもしれない。そして、妻の奥野史子さんの、内助の功もあったのでしょう。北京のリレーの仲間も、素晴らしかったですね。塚原直貴選手、末続慎吾選手、高平慎士選手。

 ハンマーでは、室伏広治選手が、北京五輪金メダリストのプリモジュ・コズムス選手らを抑えて優勝。体調が良くないと噂されながら、優勝とは凄いです。

 女子では、福島千里選手が、11秒70で優勝。これからも期待ですね。特に、日本記録の更新を期待。女子短距離界も、記録を伸ばす時期ではないでしょうか。北海道ハイテクACに同じ所属の北風
織選手も期待したいしたいですね。

 ナチュリルにも女性の陸上選手がたくさんいますね。こちらにも、レベルアップを期待。

 走り幅跳びでは、北京五輪銀メダルのタチアナ・レベデワが優勝。池田久美子選手は、6M45で2位。ロマンスも気になりますね。

 陸上関連過去記事
 ==>陸上_北京五輪代表_残り4枠プラスアルファ

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/234-ea375a90

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。