スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナリーグレギュラーシーズン終了 

 2008年9月。MLBナリーグのレギュラーシーズンが終了。

 各地区優勝は、フィラデルフィア・フィリーズ、シカゴ・カブス、ロサンゼルス・ドジャース、ワイルドカードは、ミルウォーキー・ブルワーズ。

 各チームとも話題が多いですね。フィリーズはワールドシリーズ制覇が1980年1度だけ。カブスは、ワールドシリーズ100年ぶりの制覇を狙う、プレッシャーがかかりそう。ドジャースは、シーズン中にマニー・ラミレスを獲得し、ラミレスが大活躍で、昇り調子か。ブルワーズは、1982年に猛打の強力打線でアリーグを制覇して以来、ナリーグでは初めてプレイオフ進出。
 
 個人では、やはり、フィリーズのライアン・ハワードの48本塁打146打点の断トツの2冠王。打率は高くないが、3シーズン連続で、パワー炸裂。2シーズンぶりの2冠王。
 投手では、アリゾナ・ダイヤモンドバックスのブランドン・ウェブがナリーグでは3シーズンぶりの20勝投手で、22勝7敗と、大活躍。

 昨季のレギュラーシーズン
 ==>MLBレギュラーシーズン終了

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/236-12e30c56

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。