スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドジャース_リーグチャンピオンシップへ 

 2008年10月。MLBナリーグのディビジョンシリーズプレイオフ。ロサンゼルス・ドジャースがシカゴ・カブスに3連勝でDSを勝ち抜き、リーグチャンピオンシップへ。
 
 ロサンゼルス・ドジャースは、ジェームズ・ローニーの先制打でリード、黒田投手の好投もあり、3対1で勝利。
 ドジャースは、ワールドシリーズした1988年に以来のナリーグ制覇に挑む。過去に、リーグ制覇21回、ワールドシリーズ6回の名門チーム。

 今季は、序盤不調も、マニー・ラミレスの獲得で、中軸が出来て安定した。ローニー、アンドレ・エシアー、マット・ケンプ、ラッセル・マーティンと若手が成長。デレク・ロー、チャド・ビリングスリは安定している。
 元ヤンキースの監督ジョー・トーリ、元レッドソックスのラミレスのコンビというのも、他のチームからみると不気味な存在。

 シカゴ・カブスは、100年ぶりのワールドシリーズ制覇を逸してしまった。アルフォンソ・ソリアーノの不振が響いたのか。今季も14打数1安打、カブスでのポストシーズンは、通算でも、打率.036と不振。カブスは、1908年にワールドシリーズ制覇、その後、1910年を含め、7回リーグ制覇しているが、ワールドシリーズでは、勝てない。アーニー・バンクス、ファーガソン・ジェンキンス、ロン・サント、ビリー・ウィリアムス、ライン・サンドバーグなどで、地区制覇はしているが。

 フィラデルフィア・フィリーズ対ミルウォーキー・ブルワーズは、ブルワーズが一矢を報いて、初勝利。フィリーズ2勝1敗とリードは変わらない。

 アリーグも、タンパベイ・レイズ、ボストン・レッドソックスが2戦2勝で、王手を掛けている。

 昨季のDSシリーズ関連
 ==>松井稼が満塁弾猛打賞_ロッキーズ球団史

スポンサーサイト

Comments

 >元ヤンキースの監督ジョー・トーリ、元レッドソックスのラミレスのコンビというのも、他のチームからみると不気味な存在。
 確かに、勝つことを知っている2人の存在は大きいですね。
 リーグ制覇21回とは、すごいですね。ワールドシリーズは、ヤンキースが立ちはだかったということでしょうか。

 チームの士気に影響しそうな2人ですよね。
 ワールドシリーズは、ヤンキースやアリーグの絶頂期のチームと対戦することが多かったでしょうね。たぶん、ヤンキースですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/237-e7f78765

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。