スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008リーグチャンピオンシップ 

 2008年10月。MLBナリーグのディビジョンシリーズプレイオフがすべて終了、リーグチャンピオンシップへ。

 ナリーグはフィラデルフィア・フィリーズ対ロサンゼルス・ドジャースの対決。
 フィリーズは、DSで不発だったライアン・ハワードの打撃に注目。ジミー・ロリンズ、チェース・アットリー、パット・バレルと打撃陣は強力。ドジャースは、マニー・ラミレスに注目。その前後を打つ若手に期待。投手陣は、お互いに故障者もいるので、打撃戦かも。

 アリーグはタンパベイ・レイズ対ボストン・レッドソックスの対決。
 レイズは、中軸の若い、エバン・ロンゴリア、カルロス・ペーニャ、B・J・アップトンに期待。投手陣は安定している。守りで勝ちたいところ。レッドソックスは、デービッド・オルティス、ケビン・ユーキリス、機動力のあるダスティン・ペドロイアに期待。松坂投手、ジョン・レスター、ジョシュ・ベケットでは、確実に勝ちたいところ。

 日本人選手が全チームにいるというのも珍しいですね。活躍してほしいです。

 昨季のリーグチャンピオンシップシリーズ関連
 ==>ロッキーズ_4連勝でナリーグ制覇

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/238-1922e4af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。