スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリーズがWS制覇に王手 

 2008年10月。ワールドシリーズ第4戦、フィラデルフィア・フィリーズが、主砲ライアン・ハワードの2本塁打なので勝利し、3勝1敗として、ワールドシリーズ制覇に王手をかけた。

 フィリーズが、ハワードの2本塁打5打点の活躍などで勝利。やはり、4番の活躍がチームを引っ張りますね。このシリーズ3本目の本塁打。そう、第1、2戦のランナーは出しながらのタイムリーの出ない拙攻と違って、ランナーを置いてのホームランは効果がある。一昨年のようなハワードに戻った感じの活躍。

 フィリーズは、あと1勝。本拠地で決めたいところですね。2度目のワールドシリーズ制覇に近づいた。ホームラン攻勢で、次も勝ちたいところ。
 
 タンパベイ・レイズは、もう、負けられない。投手力がいいだけに、今日のような大差のゲームはないだろうが、アリーグチャンピオンシップのような打撃にも期待。ベテランに期待したいところ。打撃は、カルロス・ペーニャ、カール・クロフォードなど。


  昨季のハワード関連
 ==>トーマス3本塁打、ハワード2本塁打で満塁弾

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/243-5a805293

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。