スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリーズ_ワールドシリーズ2度目の制覇 

 2008年10月。ワールドシリーズ第5戦、王手をかけたフィラデルフィア・フィリーズが、タンパベイ・レイズに接戦で勝利し、1980年以来の2度目のワールドシリーズ制覇。

 試合は、MLB史上初のサスペンデットゲームの続きから開始。フィリーズファンは、審判にブーイングを浴びせる。これも、仕方ないかも。2日前、あの雨天で、5回まで2対1で勝っていたから、コールドゲームで、フィリーズの勝利となるところ、強行して、同点になって、それで、サスペンデットゲームとなったとか、コミッショナーが9回まで必ず行うなどといっていたとか。
 普通なら、5回終了時点で、ゲームが成立で、優勝が決まったとも、思えたのだが。まあ、フィリーズが優勝して、この問題は、消滅しそう。

 こんなブーイングも、フィリーズの代打ジェフ・ジェンキンズが二塁打で、声援に変わり、先取点。しかし、再度、同点にされた。その後、超不振のフィリーズのパット・バレルの二塁打で、再度、大声援に変わった。次のシェーン・ビクトリノは2度送りバンド失敗も、最後は強打で進塁させ、ペドロ・フェリスの執念のヒットが決勝点。

 チャーリー・マニエル監督の我慢の野球、選手も我慢強い。たしかに、強打のフィリーズが、このシリーズは、粘りに粘って勝ってきた。本当に、接戦に強いチームだった。

 エースのコール・ハメルズは、リーグチャンピオンチップのMVPと合わせてワールドシリーズのMVPと2冠。安定性あるピッチング。これからも、フィリーズのエースとなるだろう。

 クローザーのブラッド・リッジが大活躍。2005年に、ヒューストン・アストロズでワールドシリーズ出場も敗退。そのときのリベンジが成し遂げられた。

 歴史のあるチームであるが、6度目の出場で2度目の制覇。少し、少ない感じもする。昔は、成績の芳しくないときもあった。残念ながら、MLB史上初の通算10000敗をしたチーム。しかし、70年以降は、常に上位につけている。

 レイズは、若手が多く、今後も楽しみ。来季、ワールドシリーズでの制覇を期待。

  今季のフィリーズ関連
 ==>2008リーグチャンピオンシップ
 ==>フィリーズ_ナリーグ制覇

スポンサーサイト

Comments

 コール・ハメルズは、すごいですね。まだ、若いから、今後も、エースとして期待できそうですね。^^

 ハメルスは、昨シーズンから、好成績ですね。ちなみに、同じ年のドラフトで指名された選手で有名なのは、レイズのアップトン、カズミアー、ブルワースのフィルダーなどです。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/244-ead3136a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。