スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘンダーソンとライス_野球殿堂入り 

 2009年。MLB。MLBの2009の野球殿堂入りに、リッキー・ヘンダーソン、ジム・ライスの往年の名選手が選ばれた。75%の得票率を超えると殿堂入りとなる。

 結果は以下のとおり(上位5名)全539票

 リッキー・ヘンダーソン 511票(94.8%)
 ジム・ライス 412票(76.4%)
 アンドレ・ドーソン 361票(67.0%)
 バート・ブレイレブン 338票(62.7%)
 リー・スミス 240票(44.5)
 
 ヘンダーソンは、史上44人目の初資格で殿堂入り。オークランド・アスレチックス、ニューヨーク・ヤンキースなどでプレイ。通算最多得点1位、通算盗塁数1位、シーズン盗塁130も1位。シーズン100得点以上13回、1985年は試合数を上回る得点を記録。通算四球2位。シーズン20本塁打以上も4回、通算先頭打者本塁打1位。出塁率が高く、史上最高のリードオフマン。

 ライスは、15回目の資格で殿堂入り。ボストン・レッドソックスでプレイ。1970・80年代、最も恐れられた打者。新人で3割20本塁打100打点を超えるも、ポストシーズンはケガで欠場。同僚のフレッド・リンに新人王は奪われる。その後、1977ー1979年の打撃3部門で好成績。三冠王も期待された成績。当時、カール・ヤストレムスキー、カールトン・フィスク、リンなどの猛打で、ニューヨーク・ヤンキースとデットヒートを展開した。80年代も素晴らしい打撃をみせた。

 3位以下にも素晴らしい選手がいるので、来年も楽しみですね。

 野球殿堂関連記事
 ==>MLB2009野球殿堂入り候補は

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/266-00730725

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。