スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC_米国とキューバが1次予選通過_ドミニカ敗退 

 WBC2009年。1次リーグ予選が行われている。

 アメリカは、カナダとベネズエラに勝利して、1次リーグ通過を決めた。カナダ戦もベネズエラ戦も3本塁打であるが、カナダ戦は6得点のみで、接戦で勝利。ベネズエラ戦は、打線が好調で16安打15点、上位下位ともにムラなく打った。打撃陣は上向きか。

 キューバは、南アフリカ、オーストラリアに勝利。南アフリカには快勝も、オーストラリアには、逆転勝利。打線全体は、今ひとつか。注目の剛速球投手、A・チャンプマンは、4回7奪三振、被安打3、被四球1、自責点1。今後も期待。

 ドミニカは、まさかの1次リーグ予選で敗退。初戦、オランダ戦で、初回にエラーで3失点して、そのまま打撃陣の援護もなく敗退。敗者復活戦を勝って、再度、オランダと対決。10回まで両軍無得点。11回に、ドミニカはオランダのエラーで1点先制するも、裏に、オランダは、エラーしたG・キングセールが同点タイムリー、ドミニカのエラーでサヨナラ勝ち。オランダの守備が良かった試合。

 優勝候補ドミニカの敗退は、びっくり、サプライズ。オランダの守りの野球は見物ですね。MLB配下の選手が11人いるが、ほとんどがMLBの実績のない選手。欧州のチームも強くなったのか、今後も期待。


 WBC関連
 ==> WBC16チームの登録メンバー発表

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/284-97a53fdd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。