スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLB開幕_ヤンキース初戦敗北 

 MLB、2009年も開幕。

 4月6日。開幕2日目。多くのゲームが行われた。白熱の試合。

 大型補強のニューヨークヤンキースは、CC・サバシア、マーク・テシェイラが、本来の力を発揮できずに敗北。次の試合に期待。しかし、デレク・ジーター、ジョニー・デーモンなどは、好調のようだ。松井秀喜選手は、4番の重圧があったにもかかわらず、2打点本塁打の活躍、今季は、しばらくDHで打撃に専念か。

 同じ本拠地のニューヨーク・メッツは、接戦を制した。ヨハン・サンタナから、JJ・プッツ、フランシスコ・ロドリゲスの豪華リレーで勝利。勝負強さがつけば、もちろん、ワールドシリーズ制覇までの力はある。開幕戦で、思い通りの勝利、素晴らしいスタートを切りそうな感じもする。

 クリーブランド・インディアンスの昨季サイヤング賞受賞投手、クリフ・リーは、今季も絶対的エースの期待が。しかし、意外な結果に、勝利を飾れなかった。テキサス・レンジャーズ打線に打たれた。レンジャーズの打撃は、リーグでも屈指なだけに、仕方ないか。次回の登板に期待。

 セントルイス・カージナルスは、惜しくも、9回に逆転負け。スプリングトレーニングで5Sと好調だった期待のジェイソン・モッテが、9回に打たれて敗れた。しかし、昨季のMVPアルバート・プホルスは4打数3安打と好調なスタート。これで、開幕戦は、打率.429、2本塁打、10打点と、相性がいい。

 アリゾナ・ダイヤモンドバックスのブランドン・ウェブは、4回で6失点と、本調子ではなかったようだ。しかし、打線の援護で、チームは勝利。今季は、打線が良ければ、チームも上位を狙えそう。 
 
 昨季のMLB関連
 ==> MLB本土開幕_注目のカード

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/291-6dfb4a6b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。