スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松坂に投球禁止令_序盤戦は温存 

 MLB、2009年。

 4月。松坂大輔投手に、首脳陣から、数日間の投球禁止令(ノースロー調整)が出た。2日間から4日間の予定らしい。

 首脳陣側は「復帰のメドは考えていない。まずは、健康になり…。」とのコメント。5月ななってからの復帰と思える。肩の疲労回復が思わしくないのか、ここは、もう一度、体力作り、調整をしてほしいとのこと、と考えられる。

 これには、チームの思惑もあるだろう。まずは、投手陣の安定感があげられる。先発投手陣が5人いること。松坂投手が抜けても、若いジャスティン・マスターマンが代役を務める、そして、若いマイナー上がりの期待の投手も多いという。この若い投手にも、機会を与え、将来の主力投手になってほしいとの考えもある。

 松坂投手を、今、温存させて、終盤戦、ポストシーズンに、全快フル回転してもらえばいい、そんな思惑もある。当然、経験豊富、力強さからいけば、チームも、頼らざるをえないだろう。

 松坂投手は、投げたい気持ちが強そう、そして、投球練習で、自分のコンディションを整えたいのでは、ないだろうか。ここは、チームのためにも、我慢というところなのだろう。

 
 昨季の松坂投手関連
 ==> 松坂単独首位の4連勝_C・ジョーンズ現在三冠

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ameproes.blog102.fc2.com/tb.php/296-127899b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。